尾崎久弥

没年月日:1972/06/02
分野:, (学)

 江戸文学研究家、名古屋市文化財調査委員長の尾崎久弥は、6月2日、脳軟化症のため名古屋市中区の中日病院で死去した。享年81歳。明治23年(1890)6月28日、名古屋市に生まれ、愛知県立第一中学校から、明治44年国学院大学高等師範部卒業。大正2年より県立四中、県立一中、市立名古屋商業、国学院大学、東邦高校、名古屋商科大学、東邦学園短大を歴任、国文学を教える。その間、江戸軟派文学研究、浮世絵研究を続ける。昭和25年に「江戸文学研究および郷土史への貢献」で第3回中日文化賞を、同28年にも愛知県から文化賞を受けた。「江戸小説研究」「広重と清親」「江戸軟派雑考」「洒落本集成」「浮世絵美人大首画の研究」「江戸小咄本」「吉原図会」等の著書がある。故人、遺族の意志により蔵書、浮世絵等一万五千点が名古屋市に寄贈された。

出 典:『日本美術年鑑』昭和48年版(73頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top