蔵田蔵

没年月日:1974/10/13
分野:, (学)

 奈良国立博物館長蔵田蔵は心筋こうそくのため、10月13日天理よろず相談所病院で死去した。享年67歳。明治40年8月8日福岡県北九州市に生まれ、広島高等学校を経て昭和7年3月東京帝国大学文学部美学美術史学科を卒業、昭和9年3月同大学院を修了、同年11月東京帝室博物館研究員となる。昭和13年11月同博物館鑑査官補、列品課勤務、昭和20年6月高松宮御用掛、昭和21年1月再び東京帝室博物館勤務となり、昭和30年11月東京国立博物館学芸部工芸課長、昭和39年4月東京国立博物館学芸部長、昭和40年4月奈良国立博物館長となった。この間昭和42年3月より文化財専門審議会専門委員となり、傍ら東京芸術大学非常勤講師もつとめた。勲二等瑞宝章、正四位。
 美術史学会及び美学会会員。仏教美術・日本金工史研究の第一人者であった。

主要著書
金工―日本美術大系4 講談社 昭和36年
金工―原色日本の美術20 小学館 昭和44年
埋経―仏教考古学講座第六巻 雄山閣 昭和11年
釜―茶道美術全集第十巻 淡交社 昭和45年
東大寺大仏蓮弁拓本 求龍堂 昭和48年
日本の金工 小学館 昭和49年
仏具―日本の美術16 至文堂 昭和42年
秘宝 熊野「熊野三山の出土遺物」 講談社 昭和43年
秘宝 園城寺「園城寺の工芸」 講談社 昭和46年
秘宝 法隆寺「法隆寺の工芸」 講談社 昭和45年

出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(261頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「蔵田蔵」が含まれます。
to page top