林唯一

没年月日:1972/12/27
分野:, (挿絵)

 挿絵画家、林唯一は12月27日心不全のため都内新宿区の自宅で死去した。享年77才。1895年(明治28)1月27日、香川県香川郡に生れた。関西商工学校を卒業し、松原三五郎の天彩画塾で洋画を学んだのち、大正末年から少年少女雑誌の挿絵画家として名声を駈せた。1940年および42年に中国中部および南部に従軍。戦事中の日本少国民文化協会絵画部幹事および日本挿絵家協会委員長。著書「爆下に描く」1948年12月、「郷土の風俗」1960年6月。

出 典:『日本美術年鑑』昭和48年版(92頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top