伊谷賢蔵

没年月日:1970/03/27
分野:, (洋)

 行動美術協会々員伊谷賢蔵は3月27日胆管炎のため逝去した。享年68歳。伊谷賢蔵は、明治35年2月23日鳥取市に生れた。鳥取第一中学校卒業後、京都高等工芸学校に入学、大正13年卒業後。更に洋画研究を志し、関西美術院に学んだ。二科会出品、同会々員となったが戦後行動美術協会を設立し、晩年迄同会で活動をつづけていた。
大正9年 鳥取第一中学校卒
大正13年 京都高等工芸学校卒、関西美術院に入所
大正14年 春陽会展に出品、入選
大正15年 二科会展に入選、以後昭和19年迄毎年二科会展に出品、全関西展にも入選し受賞、この年から昭和21年全関西美術協会解散まで例年出品する。
昭和5年 全関西美術協会々員となる
昭和6年 二科賞を受ける
昭和7年 二科会々友となる
昭和16年 二科会々員となる
昭和19年 二科会解散
昭和20年 終戦直後行動美術協会設立
昭和21年 行動美術京都研究所、京都地方展の開設に尽力し、翌22年第1回行動美術全関西展を開いた。
なお、昭和14年~18年の間、大同石仏を初め、古美術、風物・祝祭を研究、制作のため毎年華北に旅行した。昭和27年より40年まで京都学芸大(現教育大)西洋画科主任教授をつとめ、更に新設の精華短大の美術科主任教授となった。〔主要作品〕「C・M嬢」、「一椀親善」、「陸の港」(張家口)、「大同石仏」、(以上二科会)、「薄暮」、「琉璃渓」「由布岳残照」「阿蘇」「柘榴などの静物」「アンデス高原の女達」など。

出 典:『日本美術年鑑』昭和46年版(99頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「伊谷賢蔵」が含まれます。
to page top