田沢八甲

没年月日:1970/09/02
分野:, (洋)

 田沢八甲は明治32年8月2日青森市に生れた。大正9年上京、郵政省簡易保険局外務課に勤務、赤坂溜池の葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に油絵を学び、黒田の没後は牧野虎雄に師事した。昭和4年帝展に初入選となり、その後帝展に入選をつづけ二部会で朝日新聞社賞を受けた。戦後は日展に出品、昭和27年、29年に入選している。官展の他は旺玄会、新世紀(旧槐樹社)、新協美術会に出品していた。主な作品は「東北のこども」「庭の姉妹」など。

出 典:『日本美術年鑑』昭和46年版(103頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「田沢八甲」が含まれます。
to page top