沼田一郎

没年月日:1972/12/20
分野:, (洋)

 太平洋美術家協会評議員の洋画家沼田一郎は12月20日横浜市立病院で療養中心不全を併発して死去した。享年70才。沼田一郎は明治35年(1902)5月14日、東京築地に生まれ、川端画学校に学び、大正13年(1924)から辻永に師事した。大正13年6回中央美術展に「慈姑點々」が初入選となり、以後、大正15年4回春陽会「展鉄砲洲神社」、昭和3年9回帝展「新秋晴日」、昭和4年から光風会展に出品、同年16回展「渓流」「伊豆風景」、同5年17回展「麓日新秋」、同6年「屋上展」(レートン賞受賞)、同7年「姥子温泉」他2点、同8年「老母像」、同9年「静物」、同10年「逗子の夏」「都会の橋」、同11年「静物」を出品した。昭和15年には27回二科展に「開花」、同17年からは旺玄社に出品して月光賞をうけ社友となり、18年に同人に推挙された。戦後は旺玄会の創立に参加したがのちに退会し、昭和34年(1959)には太平洋展に出品して会員にあげられ、以後同展に出品した。昭和10年ころからガラス絵をはじめ、昭和23年以降、三越百貨店、壷中居、高島屋百貨店などでガラス絵による個展をしばしば開催した。昭和39年居住地で鎌倉美術家協会の創立に参加、その代表をつとめていた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和48年版(92頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top