福島繁太郎

没年月日:1960/11/10
分野:, ()

 美術評論家福島繁太郎は11月10日熱海市の自宅で動脈硬化症のため逝去した。明治28年(1895)東京生れ。大正10年(1921)東大政治学科卒業後すぐに英国に留学(1922年まで)、つぎにはフランスに定住(1923~34)し、やがてドラン、ルオー、ピカソ、マチス等現代絵画の大作家たちの優れた作品の蒐集に向い、一時それは100点以上に達した。これがいわゆる福島コレクションで、その特色は何よりも精選された作品よりなるところにあった。この大部分は日本にもたらされたため、日本現代美術史上無視しえない大きな影響を与えたと思われる(1955年4月「みづゑ」臨時増刊「旧福島コレクション」には76点掲載されている)。また彼はパリで評論家ワルドマー・ジョルジュを主幹とした高級美術雑誌「フォルム」を昭和3年(1928)から数年発行し、新人を発見することに努めたが、これは戦後銀座で画廊フォルムを経営し有望な新人を育成したことに連なるものである。なお美術評論家として新聞雑誌で活躍したが、「印象派時代」(石原求竜堂、初版昭和18年)「エコール・ド・パリ」Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(新潮社昭和23~26年)「フランス画家の印象」(毎日新聞社昭和25年)「ピカソ」(新潮社昭和26年)「近代絵画」(岩波書店・岩波新書昭和28年)「ルオー」(講談社・アートブックス昭和29年)「ルオー・原色版画集」(新潮社昭和33年)等がある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和36年版(136頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「福島繁太郎」が含まれます。
to page top