杉栄三郎

没年月日:1965/06/08
分野:, ()

 東京国立博物館評議員、元帝室博物館総長法学博士杉栄三郎は6月8日文京区の山川病院で死去した。享年92才であった。
略年譜
明治6年(1873) 1月4日岡山県に生れる。
明治33年 7月東京帝国大学法科大学政治科卒業。12月会計検査院検査官補となる。
明治35年 清国政府の招聘により同国京師大学堂に赴任。45年満期歸国。
大正2年 会計検査院検査官。
大正7年 宮内省書記官、帝室制度審議会幹事。
大正8年 10月宮内省参事官を兼任。12月法規整理委員。
大正9年 帝室林野管理局主事。
大正11年 図書頭。
大正13年 諸陵頭事務取扱。臨事御歴代史実考査委員会委員。諸陵頭兼任。
昭和7年 9月帝室博物館総長。
昭和9年 8月同館研究室銓衡委員。
昭和14年 5月依願免官。宮中顧問官。
昭和26年 9月国立博物館評議員会評議員。
昭和34年 9月同会会長。
昭和40年 6月7日没。
この間法学博士号をうけ、勲一等瑞宝章を授けられ、また昭和18年には正三位となった

出 典:『日本美術年鑑』昭和41年版(105頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top