西本順

没年月日:1965/09/12
分野:, (学)

 東京芸術大学教授西本順は、9月12日午前10時42分、新宿区の国立第1病院で胃かいようのため死去した。享年53才。明治45年(1912)2月5日、広島県に生れ、昭和5年広島県立広島第1中学校を卒業し、6年京城帝国大学に入学、11年京城大学法文学部哲学科美学専攻を卒業した。卒業論文「来迎芸術の研究」。11年4月京城大学助手を命ぜられ、法文学部美学研究室に勤務したが、12年兵役に入り、13年陸軍少尉に任官して中国の戦地で軍務に服した。15年戦地より帰還、召集解除、16年1月文部省教学局に勤務した。17年多賀工業専門学講師となったが、再び召集、19年解除となり多賀工専教授となる。戦後、21年東京美術学校教授、24年東京芸術大学助教授となり、美学、芸術学を講義した。38年教授となる。昭和31年「世界美術辞典」(河出書房)の美学関係項目を執筆、36年には玉川百科辞典「西洋美術」篇、美学事典(弘文堂)に執筆、主要論文に「現代造型の美学」(雑誌・理想・昭和39年3月現代芸術の美学特集号)がある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和41年版(108頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top