田辺至

没年月日:1968/01/14
分野:, (洋)

 神奈川県立近代美術館運営委員、元東京美術学校教授の田辺至は、1月14日午前7時、鎌倉市の自宅で脳卒中のため死去した。享年81歳。田辺至は、明治19年(1886)12月21日、東京・神田に生まれた。京都学派の著名な哲学者田辺元は実兄である。東京富士見小学校、府立第四中学を経て、東京美術学校西洋画科に入学、黒田清輝に師事し、明治43年に卒業したが、研究科に進み、二年後に助手となった。大正8年、東京美術学校助教授に任命され、大正11年には文部省在外研究員として美術研究のためヨーロッパ諸国を歴遊、大正13年に帰国した。昭和3年東京美術学校教授に任命され、昭和19年退官した。作品は、官展に発表し、文展第1回展から出品、しばしば受賞し、大正12年以降は十数回にわたって審査員を委嘱され、大正15年第8回帝展では、「裸体」で帝国美術院賞を受けた。昭和2年、明治神宮絵画館に壁画「不豫」を制作、同9年には帝展第二部審査員級の同志と白潮会を結成した。同11年海軍軍事普及部嘱託となり中支に派遣され記録画を制作、同15年軍務局嘱託を依頼された。戦後は団体に属さずに自適の生活をおくり、居住地の鎌倉美術家クラブ代表、県立近代美術館運営委員などをつとめた。なお、油彩のほかに早くから銅版画の制作もおこなっている。
作品略年譜(文展・帝展)
明治40年「無音」(1回文展) 同41年「放牛」同42年「雪」同43年「窓辺の肖像」(褒状受賞) 「夏の日」同44年「肖像(日を受けたる人)」同45年「甲良ほし」(褒状受賞) 「縁先」大正2年「肖像」「樹下の水」「曇り日」(褒状) 同4年「窓際」「曇の蔭」(三等賞受賞) 同5年「樹蔭」 同7年「ギター」「七面鳥を飼う人」(特選) 同8年「まとい」(1回帝展) 同9年「肖像」「静物」 同10年「水あそび」「室内」 同13年「ギタリスト」「ロシアの女」 同14年「舞踊」「裸体」 同15年「裸体」「肖像」 昭和2年「裸体」(帝国美術院賞受賞)「拳闘家佐藤君」 昭和3年「籬落」 昭和5年「画室」 昭和10年「朝の湖」「少女像」 そのほか「三笠艦の東郷大将」「東郷大将像」などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和44年版(55頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「田辺至」が含まれます。
to page top