甲斐仁代

没年月日:1963/07/28
分野:, (洋)

 一水会々員の女流洋画家甲斐仁代は、かねて療養中のところ江古田にある中野療養所で死去した。享年61才。明治35年佐賀県に生れ、大正11年女子美術学校西洋画科を卒業して翌年二科会に初入選した。以後二科会には毎年出品をつづけ、また婦人洋画協会の創立に参加するなど活躍した。岡田三郎助の教えを受け、牧野虎雄の旺玄社に属するなどの時期もあったが、後一水会に出品し戦後会員に推された。作品は終始純粋な芸術観に貫かれ、豊潤な色彩感覚とデリケートで風格ある画面に魅力を示していた。しかし戦後はあまり目立つこともなく。朋友の石橋夫妻に支持されながら自己の画境を深めていた。
略歴
明治35年 佐賀県に生れる。
大正8年 青島女学校卒業。上京。女子美術学校西洋画科入学。
大正11年 同校卒業。卒業制作「眼帯をした人」
大正12年 二科会展初入選。
大正14年 婦人洋画協会展出品。
昭和12年 一水会展出品。
昭和22年 一水会々員に推薦される。
昭和32年 日展出品。
昭和38年 7月28日死去。
9月一水会展に遺作特別陳列。
昭和39年 6月、女流画家協会展に遺作特別陳列。
10月、日動サロンにて遺作展開催。

出 典:『日本美術年鑑』昭和39年版(135頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「甲斐仁代」が含まれます。
to page top