安宅安五郎

没年月日:1960/09/01
分野:, (洋)

 洋画家、日展会員安宅安五郎は、9月1日パーキンソン氏病のため逝去した。享年78才。明治16年4月22日新潟市に生れ、同43年東京美術学校を卒業した。同年第4回文展に「靴屋」「花壇」の二点が初入選となり洋画家としての第一歩をふみだした。翌年も入選、さらに第6回、7回展で「花園にて」、「緑の蔭」、が褒状となった。その後明るい戸外の、印象風の作風から、綿密な写実的描写に移り、帝展では、第1回展の「白蓮樹」、第2回展の「砂丘に立つ子供」、第4回展「裏通り」で連続3回特選をうけて無鑑査待遇となった。大正10年から翌年まで欧洲各地に遊学し、帰国後の作品は主観的な傾向に向い、第8回展「五人の子供」、12回展「浜の娘」14回展「刺繍」などがある。
 なお、この間昭和3年に、明治神宮壁画「教育勅語下賜」を制作した。新文展、日展と終始官展系作家として活動していた。戦後は、日展には出品依嘱者として、又審査員として「ブドウと少女」、(第4回)、「北国の漁村」(7回)などの出品があるが作品は少ない。昭和31年、中国人民共和国対外文化協会の招きで日本文化代表団の一員として中国に赴いた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和36年版(136頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「安宅安五郎」が含まれます。
to page top