金子九平次

没年月日:1968/10/29
分野:, (彫)

 彫刻家、元国画会会員の金子九平次は10月29日午前9時40分川崎市の関東労災病院で穿孔性胃かいようのため死去した。享年73歳。告別式は31日東京都港区、金光教御田教会で行なわれた。明治28年9月9日東京市芝区に生まれ、岡山県金光中学校を卒業、父金子吉蔵、長谷川栄作に彫刻を学び、大正10年第3回帝展に「春愁」入選、翌11年渡欧し、ブールデルに師事、サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイレリー、サロン・ナショナル等に出品、大正15年秋帰国し、偶々同年国画創作協会に梅原龍三郎川島理一郎を迎えて第二部が新設されており、滞仏中知己となった土田麦僊の紹介で、この第二部の彫刻を担当するよう会員に迎えられた。その後国画創作協会は昭和3年7月解散したが第二部は存続して国画会と改称し、金子はそのまま彫刻部の中心的存在となった。昭和7年、第7回国画会展への出品をきりに、同会を退き昭和12年新古典美術協会を創立主宰した。戦後は久しい間中央での活動はみられなかったが、38年11月初旬、日本橋・丸善画廊で「金子九平次彫刻展」を開いて新作を発表、多くの人々はその健在を知った。

出 典:『日本美術年鑑』昭和44年版(68頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「金子九平次」が含まれます。
to page top