大串純夫

没年月日:1955/07/14
分野:, (学)

 東京国立文化財研究所美術部研究員、文部技官大串純夫は、7月14日急逝した。享年43歳。明治45年7月18日東京に生れ、昭和12年3月東京帝国大学文学部美学美術史学科を卒業した。14年3月まで大学院に学ぶかたわら国華社編輯員、成蹊高等学校講師の職に在り、14年美術研究所嘱託兼東洋美術国際研究会嘱託に就任、同会のArt Guide of Nipponを編纂した。18年応召、終戦時満州からシベリヤに移されて抑留5年。25年引揚後成蹊大学講師を嘱託され、26年文部技官に任じ美術研究所勤務を命ぜられた。27年12月文化財保護委員会事務局美術工芸課に併任され、翌年7月アメリカに於ける日本古美術展覧会要員として出張、29年3月出陳美術品と同船して帰国した。平安・鎌倉時代の仏教絵画を専攻し、近年は説話を軸とする絵巻物研究に専念していた。主な論文は次の通りである。
昭和15年8月-16年7月 来迎芸術論1-5 国華597 599 604 605 608
昭和16年11月-12月 十界図考上・下 美術研究119 120
昭和28年2月-3月 信貴山縁起絵巻の詞 国華731 732
昭和28年9月 信貴山縁起関係説話 美術研究170
昭和28年9月-11月 信貴山縁起絵巻画面解釈 国華738-740
昭和29年9月 信貴山縁起絵巻の成立をめぐる歴史的諸条件 美術研究177

出 典:『日本美術年鑑』昭和31年版(152頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top