佐藤哲三

没年月日:1954/06/25
分野:, (洋)

 国画会々員佐藤哲三は6月25日新潟県新発田市の自宅に於いて白血病のため没した。亨年44歳。明治43年新潟県長岡市に生れ、小学校卒業後独学にて学び、第7回国画創作協会展に初入選以来専ら国展に出品し、昭和5年第5回国画展の「赤帽平山氏」、第6回展の「郵便脚夫宮下君」はともに国画奨学賞、同7年第7回展の「大道商人」「汽関車」はO氏賞を受け、会友となり、第8回展に「コンストラクション」を発表した。昭和12年同人となり、同18年会員に推された。代表作に「農婦」(第15回国展)、「稲」(第16回国展)、「クンセイ」(第17回国展)、「原野」(第25回国展)、「残雪」(第26回国展)「裸婦」(第28回国展)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和30年版(178頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「佐藤哲三」が含まれます。
to page top