河村双舜

没年月日:1959/01/28
分野:, (日)

 新興美術院会員河村双舜は、かねて入院療養中のところ、1月28日胃癌で死去した。本名良孝、明治40年6月19日東京に生れ、第16回再興院展に「緑野」が入選以来引続き院展に出品し、主な出品作に「朝顔」(17回展)、「緑庭」(19回展)、「椿」(30回展)、「翠映」(32回展)等があり、昭和33年には新興美術院に移り会員となつた。同年の作品に「人間」があるが、この制作を最後として翌34年逝去した。

出 典:『日本美術年鑑』昭和35年版(139頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top