川上全次

没年月日:1955/04/12
分野:, (彫)

 第二紀会彫刻部会員川上全次は、ベルギー留学中アントワープに於いて客死した。享年42歳。大正2年9月18日東京市神田に生れ、暁星中学校を経て東京美術学校彫塑科に入学、昭和13年卒業した。同14年から20年まで軍務に服したが、同18年には日本彫刻家協会から第二奨励賞を受けた。戦後日展に出品し、同22年には特選を受けた。同26年第二紀会彫刻部発足に際し参加して会員となつた。これより前25年にサロン・ド・プランタンに於いて1等賞を得、留学を命ぜられ、同27年8月ベルギーへ赴いた。同28年国立美術学校を卒業し、続いてロワイヤル・アカデミイへ入学し、翌年にはグランプリ賞を受けた。将来を嘱望された彫塑家であつたが、その客死は惜しまれる。

出 典:『日本美術年鑑』昭和31年版(150-151頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「川上全次」が含まれます。
to page top