渡辺長男

没年月日:1952/03/03
分野:, (彫)

 彫刻家渡辺長男は3月3日心臓麻痺のため世田谷区の自宅で逝去した。享年77歳。明治7年大分県に生れ、明治32年東京美術学校を卒業。同33年日本彫塑会を結成した。山田鬼斎、長沼守敬等に師事し、代表作に大正3年製作の「明治天皇御立像」、明治43年万世橋建立の「広瀬中佐、杉野孫六群像」等がある。尚現彫塑界の長老朝倉文夫は実弟である。
○主な作品
明治36年 大村純★立像 筑前大村城趾
明治42年 山辺大夫像 大阪市東洋紡
明治43年 井伊直弼束帯像 江州彦根城
明治43年 広瀬中佐、杉野孫六群像 万世橋
明治44年 獅子麒麟 東京日本橋
明治44年 大仏坐像 印度パロダ
大正3年 明治天皇御立像 水戸常陽記念館
大正5年 尾上菊五郎 東京深川不動
大正6年 フオーリー像 台北植物園
大正8年 摂津大掾像 大阪天王寺公園
大正9年 太田道灌、徳川家康像 都庁正面
大正15年 加藤清正銅像 池上本門寺
昭和3年 高山彦九郎像 京都三条橋上等。

出 典:『日本美術年鑑』昭和28年版(137頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「渡辺長男」が含まれます。
to page top