高井白陽

没年月日:1951/07/22
分野:, (工,漆)

 漆工芸家、日展参事高井白陽は狭心症のため7月22日中野区の自宅で逝去した。享年55歳。本名栄四郎。明治28年10月16日新潟市に生れ、大正8年東京美術学校漆工科卒業。昭和2年帝展初入選以来出品、その間特選2回、無鑑査となり昭和16年文展審査員、同21年、同22年、同24年日展審査員となり、更に26年審査員を拝命中急逝した。尚20年5月より23年、新潟県に疎開中越後工芸美術会の発展に尽力するところがあつた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和27年版(137頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top