西田幾多郎

没年月日:1945/06/07
分野:, (学)

 「西田哲学」の名によつて知られた、文学博士、帝国学士院会員西田幾多郎は6月7日鎌倉の自宅で逝去した。享年76。明治元年石川県に生れ、明治27年東京帝大哲学科選科を卒業、その後山口高校、四高、学習院等の教授を歴任して明治43年京都帝大助教授となり、以後京都帝大哲学科の指導者として大きい足跡を残した。著書は明治44年に出した「善の研究」をはじめ甚だ多いが、芸術哲学に関するものとしては「芸術と道徳」、「哲学論文集四」中に主要の論文があり、東洋的な独自の深い解釈をあたえている。

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(102頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「西田幾多郎」が含まれます。
to page top