田辺孝次

没年月日:1945/04/16
分野:, (学)

 元東京美術学校及び東京高等工芸学校教授田辺孝次は4月16日金沢の自邸で逝去した。享年56。明治23年金沢に生れ、大正2年東京美術学校彫刻科を卒業、大正7年同校美術史研究室の助手となり翌年教授となつて工芸史を講じた。13年から2ヵ年工芸史研究の為欧米諸国に留学し、昭和2年東京高等工芸学校講師を兼ねた。昭和12年再び欧洲各国に出張して翌13年帰朝、翌14年には石川県立工業学校長となり17年退職した。著書に「伊太利彫刻史」「東洋美術史」「巴里から葛飾へ」「森」等がある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(99頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「田辺孝次」が含まれます。
to page top