寺松国太郎

没年月日:1943/12/05
分野:, (洋)

 文展無鑑査寺松国太郎は12月5日京都の自宅で逝去した。享年68。明治9年岡山県に生れ、田中苔石、小山正太郎、浅井忠に師事、明治43年第4回文展に「かげの人」を出品し褒状を受け、同44年日英博覧会に出品、褒状大正2年仏国サロン・ド・フランセーヌに入選し大正3年第7回文展に「櫛」を出品し3等賞を受けた。以後帝展、改組文展に出品を続け文展無鑑査となつている。人物画を得意とし洋画壇の先輩として知られたが、なお坦斎と号して日本画も描いた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(90頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top