都鳥英喜

没年月日:1943/11/12
分野:, (洋)

 文展無鑑査、太平洋画会々員都鳥英喜は11月12日京都の自宅で逝去した。享年71。雅号木鶏。明治6年千葉県佐倉市に生れ、浅井忠に師事、明治35年京都高等工芸学校創立と共に講師となり、後教授となつて同校の為に尽力した。明治35年太平洋画会創立さるるや会員となり、第1回に「秋郊」第2回「大原女」第9回「大和下淵村」第25回「伏見風景」を出品し、文展には第1回に「故郷のたより」を出品、以来引続き出品した。その他日英博、国民美術協会に風景画の出品がある。大正8年仏国に留学し同11年帰朝、晩年の作品として昭和15年文展に「霽る日」、奉祝展に「夏日」等があつた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(89-90頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「都鳥英喜」が含まれます。
to page top