小室翠雲

没年月日:1945/03/30
分野:, (日)

 帝室技芸員、帝国芸術院会員小室翠雲は3月30日帝大病院で逝去した。享年72。名貞次郎、明治7年群馬県に生れ、南画を田崎早雲に学んで、日本美術協会でしばしば受賞、同協会委員、日本画会及び南画会の幹事として次第に名声をあげた。明治40年には高島北海、望月金鳳、荒木十畝、佐久間鉄園、山岡米華、田中頼嶂、益頭峻南などとともに正派同志会を組織して文展新派に対抗、文展第9回以来審査員として、「青山白雲」「雪中山水」「春景秋景山水」「四時佳興」はいずれも3等賞をうけ、第7回の「寒林幽居」はことに好評で2等賞におされた。帝展にも1回以来しばしば審査員をつとめ、大正11年には渡支して画嚢を肥した。13年帝国美術院会員となり、以後南画壇の重鎮として大いに活躍、昭和6年にはベルリン日本画展に際して渡欧、その滞欧作を日本南画院10回展に陳列した。帝展時代の主要作としては「広寒宮」「南船北馬」「周濂渓」「田家新味」「承徳佳望」などがあり、いずれも現代南画の高峰をを示す生々とした作である。官展以外には日本南画院を指導し、昭和17年には大東南宗院を設立して、日華南画壇の交歓をはかつた。絵のほか漢詩、書もすぐれ、昭和19年には帝室技芸員の一人に加つたところであつた。
略年譜
明治7年 8月31日群馬県に生る、小室牧三郎長男
明治22年 画家たらんとして故郷を出ず、日本美術協会に出品して褒状を受く、足利の田崎早雲に師事、南宗画を学ぶ
明治31年 師早雲没
明治32年 上京、苦学す、その後日本画会に属し同会及び日本美術協会で活躍す
明治40年 正派同志会を組織して文展に反対し、その副委員長となる
明治41年 文展2回「青山白雲」(3等賞)
明治42年 文展3回「雪中山水」(3等賞)
明治43年 文展4回「山海の図」(2等賞)
明治44年 文展5回「春景山水」「秋景山水」(3等賞)
大正元年 文展6回「四時佳興」(3等賞)
大正2年 文展7回「寒林幽居」(2等賞)
大正3年 文展8回「逍遥」(審査員)
大正4年 文展9回「駒ケ嶽秋粧」(審査員)
大正5年 文展10回「天空海濶」(審査員)
大正6年 文展11回「層巒群松」(審査員)
大正7年 文展12回「碧澗有響」「江山欲暮」(審査員)
大正8年 帝展1回「春庭」「秋圃」(審査員)
大正9年 帝展2回「春雨蕭々」(審査員)
大正10年 田近竹邨、山田介堂、池田桂仙、山田竹圃、矢野橋村等と日本南画院を創立す、帝展3回「南船北馬」(審査員)
大正11年 帝展4回「海寧観潮」(審査員)
大正12年 京橋の宅で震災にあう、粉杢切を焼く、後焼け残つた蔵幅を売り立てて崇文院叢書刊行会をかく
大正13年 帝国美術院会員となる、帝展5回「春暖」
大正14年 帝展6回「広寒宮」
大正15年 帝展7回「灼春」、叙正5位
昭和2年 帝展8回「周濂渓」
昭和3年 帝展9回「春風駘蕩」、大礼記念章授与せらる
昭和4年 帝展10回「濯足万里流」
昭和5年 ドイツ日本画展に代表として渡欧、帝展11回「田家新味」
昭和6年 帝展12回「石人無語」
昭和7年 帝展13回「天台」
昭和8年 帝展14回「紫罨」
昭和9年 高島屋に個展ひらく、帝展15回「承徳佳麗」
昭和10年 三越に個展をひらく、日本南画院解散、環堵画塾解散す
昭和12年 文展1回「白乾坤」
昭和13年 文展2回「軍犬」
昭和14年 文展3回「明鏡止水」
昭和15年 紀元二千六百年記念奉祝美術展「林鳥仁浴」、毎日日本画展「芦雁」
昭和16年 8月大東南宗院をひらく、文展4回「九方皐」
昭和17年 満洲国献納画「蘭」、大東南宗院展「薫風」、文展5回「鳶飛魚躍」、満洲国献納展「春風図」、三越に個展ひらく
昭和18年 文展6回「瑞昌」
昭和20年 3月30日没

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(98-99頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「小室翠雲」が含まれます。
to page top