柚木玉邨

没年月日:1943/10/25
分野:, (日)

 南画家柚木玉邨は10月25日逝去した。享年79。名は方啓、字は子爰、梶雄と称し、玉邨と号したが、別に瓊島仙客、鋤雲館主人、双壁斎主人等の号もある。慶応元年岡山に生れ、明治23年駒場農大を卒業、後実業に従事し、岡山県農会の技師となつた。20歳頃から清人胡鉄梅について学び、その後独学して宋元の古法を研究、大正年間には中国に遊んで得る所があつた。日本美術協会、泰東書道院、平安書道会などの審査員となり、著書に「玉邨画話」「瓊島仙館画存」「西来亭墨縁」「玉邨蘭竹」等の多数がある。なお洋画家柚木久太はその子息にあたる。

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(89頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「柚木玉邨」が含まれます。
to page top