安藤照

没年月日:1945/05/25
分野:, (彫)

 文展審査員安藤照は5月25日渋谷区の自宅で戦災死した。享年54。明治25年鹿児島県に生れ、大正11年東京美術学校彫刻選科を卒業した。在学中第3回帝展に「K女」を出品してより、卒業の年第4回帝展に「婦」特選となり、引続き第5回無鑑査「肖像」「相」出品、第6回には「踊の構図」にて再度特選、第7回「大空に」にて帝国美術院賞を受け、爾来、帝展新文展の審査員をつとめ終始官展系作家として毎回注目すべき作品を発表すると共に東台彫塑会々員の新人として期待せられていた。一方昭和6年、美校同期卒業生と共に塊人社を結成、自宅をその事務所として活躍、新技巧をとり入れ、能動的彫刻家として斯界に認められていたが、著名作品諸共に悲壮の最後を遂げたことは惜しまれる。作品は生前の魁偉な風貌を映すかの如く重量感に富むスタイルを持つていた。官展出品作品は左の如くであるが、その他に昭和12年南州翁50年祭奉賛会の委嘱に依り、制作した鹿児島市山下町公会堂前の「西郷隆盛銅像」等がある。
作品略年譜
大正10年 第3回帝展「K女」
大正11年 第4回帝展「婦」特選
大正13年 第5回帝展「肖像」「相」無鑑査
大正14年 第6回帝展「踊の構図」特選
大正15年 第7回帝展「大空に」帝国美術院賞
昭和2年 第8回帝展「ダンスの一部」委員
昭和4年 第10回帝展「啓明」審査員
昭和5年 第11回帝展「胸像」無鑑査
昭和6年 第12回帝展「豊齢」無鑑査
昭和7年 第13回帝展「胸像」無鑑査
昭和8年 第14回帝展「日本犬ハチ」審査員
昭和9年 第15回帝展「横臥像」無鑑査
昭和11年 文展(招待展)「胸像」
昭和12年 第1回文展「立像」審査員
昭和13年 第2回文展「秋の作」審査員
昭和14年 第3回文展「胸像」審査員
昭和15年 二千六百年奉祝展「二つの対象に求めて」
昭和16年 第4回文展「作」審査員
昭和17年 第5回文展「心」審査員
昭和18年 第6回文展「二六〇三年作」

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(101頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「安藤照」が含まれます。
to page top