宮川香山

没年月日:1940/04/20
分野:, (工,陶)

 陶工二世宮川香山は4月20日老衰の為横浜中区の自邸に於て逝去した。享年82歳。本名半之助、安政6年初代香山の長子として京都に生れ、明治6年父と共に横浜に移り、長年の間陶磁器製作に専心し、真葛焼を完成した。帝国美術院展覧会に第四部が置かるるやその審査員に推され、又日本美術協会委員として斯界に重きをなした。

出 典:『日本美術年鑑』昭和16年版(92頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「宮川香山」が含まれます。
to page top