藤井二郎

没年月日:1992/12/03
分野:, (洋)

 洋画家で二科会理事の藤井二郎は、12月3日心筋こうそくのため兵庫県西宮市の自宅で死去した。享年86。明治39(1906)年7月11日大阪市に生まれ、大正13年大阪商業学校を卒業、翌年から川端画学校、ついで信濃橋洋画研究所に学んだ。昭和2年、第14回二科展に初入選、翌3年渡仏しパリでグランド・ショミエールに通うなど研究を重ねた。同7年帰国し、同年の第19回二科展に滞欧作が特別陳列された。同16年二科会会員となる。戦後も再建された二科会に所属し、二科展を中心に制作発表を行い、同25年の第35回展に「花と壁掛」他で会員努力賞を、同46年の第56回展に「坐る道化師」で青児賞を、同54年の第64回展に「マリオネット」で文部大臣奨励賞をそれぞれ受賞した。二科展への出品作には、他に「芸人酒場」(第52回展)などがある。また、この間、神戸山手女子短期大学芸術科教授をつとめた。

出 典:『日本美術年鑑』平成5年版(329頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top