志村計介

没年月日:1992/11/13
分野:, (洋)

 洋画家で独立美術協会会員の志村計介は、11月13日肺炎のため横浜市中区の病院で死去した。享年89。明治36(1903)年10月11日横浜市に生まれる。大正14年旧制第二高等学校理科を卒業、昭和2年から同6年までの間、川端画学校、太平洋画会研究所に学んだ。その後、高畠達四郎に師事し独立展へ出品、同13年の独立第8回展に「夏の静物」で独立賞を受賞した。戦後も独立展に出品し、同23年独立美術協会会員となる。同35年から翌年にかけて渡仏する。また、同51年日伯美術連盟理事となり、翌年同連盟を代表し渡伯しリオデジャネイロでの日伯合同展開催に従事した。国際形象展招待の他、横浜美術協会顧問もつとめた。作品に「水辺裸婦」(昭和13年)、「樹立ち」(同38年)、「箱根風景」(同49年)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』平成5年版(327頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top