小村平八

没年月日:1983/12/23
分野:, (洋)

 日本芸術家協会連合会理事長の洋画家小村平八は、12月23日午後5時10分、脳コウソクのため名古屋市の自宅で死去した。享年84。明治32(1899)年4月2日、愛知県一宮市に生まれ、大正8年愛知県第一師範学校本科を卒業。昭和4年文部省中・高等学校教育検定試験西洋画用器画科に合格。翌年武蔵野音楽学校ピアノ科を修了、声学も学ぶ。油絵は石川寅治に師事し、その主導になる示現会に出品。54年同会会員となる。日展、独立、創元、大湖、光風の各展にも出品。名古屋芸術大学で洋画講師をつとめたほか、愛知県私学協会文化部長、同県私学審議会委員などもつとめ、教育界にも貢献した。代表作には同27年第8回日展に出品し初入選となった「東山植物園温室内」などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和59年版(322頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top