春日部たすく

没年月日:1985/09/16
分野:, (洋)

 水彩連盟の創立会員春日部たすくは、9月16日東京都豊島区の要町病院で死去した。享年82。昭和初年以来一貫して水彩画を描いた春日部は、明治35(1903)年5月26日福島県会津若松市に生まれた。本名弼(たすく)。会津中学校卒業後、大正13年に上京、川端画学校洋画部に学ぶ。昭和3年日本水彩画会展に入選。翌4年10回帝展に水彩画「山湖」が初入選し、同年日本水彩画会会員となる。同5~8年の12~14回帝展に連続入選、同11年の文部省美術展に「早春」、同13年の2回新文展に「五月の高原」が入選するなど、官展における水彩画家として活躍した。同15年小堀進、荒谷直之介、小山良修、萩野康児ら7名と水彩連盟を結成、以後官展、日本水彩画会への出品を止め戦後も水彩連盟及び個展で制作発表を行った。水彩連盟委員の他、日本美術家連盟委員、日本山岳画協会会員、日本ガラス絵協会会員でもあった。水彩画壇を代表する作家の一人で、風景画を得意とし鮮かな色彩と情趣ある画情を持ち味とした。代表作に「回想の四季」「たそがれ」などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和61年版(257-258頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「春日部たすく」が含まれます。
to page top