東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

渡邊明義 WATANABE Akiyoshi

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2003年度 (所長)
(2 報告)高松塚古墳壁画の保存の在り方をめぐって 『国宝高松塚古墳壁画』 文化庁 04.3
(2 報告)科学的調査による高松塚古墳壁画の新知見 『国宝高松塚古墳壁画』 文化庁 04.3
(2 報告)智化寺壁画の保存と修理研究序説 『基盤研究(A)(2)
 中国河北省の寺院壁画、古墳壁画の保存に関する研究』報告書 pp.13-17 東京文化財研究所 04.3
(6 講演)雪舟を辿る 第53回法隆寺夏季大学 法隆寺 03.7.27
(6 講演)信仰の山、文化的景観としての富士山の評価、課題 富士山憲章制定5周年記念シンポジウム
 IN 山梨 山梨県環境科学研究所 03.11.12
(6 講演)文化財を支える選定保存技術の意義 文化財を支える伝統の名匠たち 奈良県新公会堂 03.12.13
(7 委員会)文化審議会、日本ユネスコ国内委員会、国立歴史民俗博物館評議会、国際文化交流・協力推進委員会、
 文化庁文化遺産情報化推進戦略会議、文化庁文化財団国際協力等推進会議、アフガニスタン等文化財国際協力
 会議、芸術研究振興財団評議会、芸術研究振興財団事業運営委員会、日本博物館協会評議会、
 特別史跡キトラ古墳の保存・活用等に関する調査研究委員会、文化財保護振興財団事業委員会、
 特定非営利活動法人ジェー・シー・ピー外部評価委員会、ユネスコ・アジア文化センター評議会、
 シルクロード学研究センター研究評議会、国宝修理装潢師連盟資格制度委員会
(8 教育)東京芸術大学客員教授
2002年度 (所長)
(3 論文)独立行政法人へ向けての始動と現状および課題 『月刊文化財』469 pp.4-6 02.10
(3 論文)敦煌莫高窟壁画の修理協力 『絲綢之路』2002年秋 p.5 02.10
(3 論文)アフガニスタンの文化遺産保存への支援協力 『月刊文化財』474 pp.12-18 03.3
(6 講演)中世絵画の周辺―中国の受容と変容― 秋季法隆寺文化講演会 法隆寺 02.11.3
(7 委員会)文化審議会、日本ユネスコ国内委員会、国立歴史民俗博物館評議会、国際文化交流・協力推進委員会、
 アフガニスタン等文化財国際協力会議、芸術研究振興財団評議会、日本博物館協会評議会、文化財保護振興財団事
 業委員会、日本伝統工芸展運営委員会、特定非営利活動法人ジェー・シー・ピー外部評価委員会、ユネスコ・アジア
 文化センター文化遺産保護協力事業運営審議会、シルクロード学研究センター研究評議会
(8 教育)東京芸術大学非常勤講師
2001年度 (所長)
(3 論文)信仰の山の文化的景観とわが国の文化財保護 『月刊文化財』458 pp.4-6 01.11
(4 解説)雪舟展への期待 『毎日新聞』 01.9.12
(6 講演)古代の絵画-壁画の技術- 法隆寺夏期大学 01.7.29
(6 講演)文化財の修理と哲学 東北芸術工科大学 01.10.27
(6 講演)在外日本古美術品修復協力事業という文化間の対話 国際文化交流サミット2001
 佐川美術館、京都国際会館 01.9.19
(7 委員会)文化審議会、日本ユネスコ国内委員会、国立歴史民俗博物館評議会、
 芸術研究振興財団評議会、文化財保護振興財団事業委員会、ユネスコ・アジア文化センター評議会、
 シルクロード学研究センター研究評議会
(8 教育)東京芸術大学客員教授
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所