東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

内田昭人 UCHIDA Akito

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2005年度 (修復技術部)
(2 報告書)文化財防災研究会の背景 『文化財の防災計画に関する研究 第1 回研究会―文化財防災への道―』
 pp.7-14 東京文化財研究所 05.12
(3 論文)五重塔の耐震性に関する縮小模型実験 その2 静的水平加力試験と小加振実験結果(河合直人、千葉一樹、
 内田昭人、前川秀幸、腰原幹雄、花里利一) 『日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿)』2005 pp.483-484
 05.9
(3 論文)伝統的木造建築物の振動特性 その13 最勝院五重塔の振動実験(内田昭人、前川秀幸、河合直人、花
 里利一、箕輪親宏、松留愼一郎、登坂弾行) 『日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿)』2005 pp.491-492
 05.9
(5 学会発表)伝統的木造建築物の振動特性 その13 最勝院五重塔の振動実験(内田昭人、前川秀幸、河合直人、
 花里利一、箕輪親宏、松留愼一郎、登坂弾行) 2005 日本建築学会大会 近畿大学 05.9.1-3
(5 学会発表)五重塔の耐震性に関する縮小模型実験 その2 静的水平加力試験と小加振実験結果(河合直人、
 千葉一樹、内田昭人、前川秀幸、腰原幹雄、花里利一) 2005 日本建築学会大会 近畿大学 05.9.1-3
(7 所属学会)日本建築学会、日本文化財科学会、日本遺跡学会
(7 委員会)史跡藤ノ木古墳整備検討委員会委員、五重塔検討委員会委員、大都市大震災軽減化特別プロジェクトⅡ
 「振動台活用による耐震性向上」木造建物実験木造研究委員会E-ディフェンス実験実施グループ員
2004年度 (修復技術部)
(2 報告書)『文化財の防災計画に関する研究―最勝院五重塔の振動測定調査報告―』 東京文化財研究所 05.3
(3 論文)伝統的木造建築物の振動特性 その12.日光東照宮五重塔の振動実験(登坂弾行、松留慎一朗、前川秀幸、
 内田昭人、河合直人、箕輪親宏、花里利一) 『学術講演梗概集2004 年度大会(北海道)構造Ⅲ』 pp.245-246 日
 本建築学会 04.8
(3 論文)五重塔の常時微動測定の有効性と測定例 『五重塔5 分の1 模型振動実験及びシンポジウム 五重塔を
 揺らす―2004』 pp.37-46 特定非営利活動法人木の建築フォーラム 04.12
(5 学会発表)Seismic Performance of Japanese Wooden Pagodas (Akito Uchida, Chikahiro Minowa, Naohito
 Kawai, Hideyuki Maekawa and Toshikazu Hanazato), Proceedings of the 8th World Conference on Timber
 Engineering, Volume III, pp.453-456, Lahti, Finland, 04.6.14-17.
(5 学会発表)Conservation of the Engraved Rock Wall in the Fugoppe Cave, Japan (Akito Uchida and
 Tadashi Yasuda), Conservation of Ancient Sites on the Silk Road: Second International Conference
 on the Conservation of Grotto Sites, Dunhuang, Republic of China, 04.6.27-7.3.
(6 研究会パネラー)五重塔5 分の1 模型振動実験及びシンポジウム 五重塔を揺らす―2004 独立行政法人防災
 科学技術研究所 04.12.16
(6 発表)文化財防災研究会の背景 第1 回文化財の防災計画に関する研究会―文化財防災への道― 東京文化財研
 究所 05.1.28
(7 所属学会)日本建築学会、日本文化財科学会、日本遺跡学会
(7 委員会)史跡藤ノ木古墳整備検討委員会委員、五重塔検討委員会委員、大都市大震災軽減化特別プロジェクトⅡ
 「振動台活用による耐震性向上」木造建物実験木造研究委員会E-ディフェンス実験実施グループ員
2003年度 (修復技術部)
(1 公刊図書)五重塔の耐震性 「奈良の寺」『岩波新書』841 pp.30-32 岩波書店 03.6
(2 編集)文化財の防災計画に関する研究―日光東照宮五重塔の振動測定調査報告― 東京文化財研究所 04.3
(3 論文)伝統的木造建築物の振動特性 その11.旧寛永寺五重塔の振動実験(登坂弾行、松留慎一朗、前川秀幸、
 渋谷泉、内田昭人、河合直人、箕輪親宏) 『学術講演梗概集2003年度大会(東海)構造Ⅲ』 pp.467-468
 日本建築学会 03.9
(3 論文)日光東照宮五重塔の構造と揺れ 『大日光』74 pp.52-88 04.3 172
(4 解説)古代の建物の復原―古代建物の復原を考える―基調講演要旨 『遠江国分寺フォーラム』
 pp.1-8 磐田市・磐田市教育委員会 03.11
(6 講演会)古代の建物の復原―古代建物の復原を考える― 遠江国分寺フォーラム ワークピア磐田 03.11.29
(6 発表)五重塔の耐震性―常時微動測定の結果から― 東京文化財研究所総合研究会 東京文化財研究所 04.1.6
(7 所属学会)日本建築学会、日本文化財科学会、日本遺跡学会
(7 委員会)フゴッペ洞窟保存調査委員会委員、史跡藤ノ木古墳整備検討委員会委員
2002年度 (修復技術部)

(2 報告)日本:手宮洞窟における岩壁彫刻の保存 『日韓共同研究報告書』 pp.43-50 東京文化財研究所 03.3
(3 論文)伝統的木造建築物の振動特性―常時微動測定の結果から―  『文化財論叢Ⅲ 奈良文化財研究所

 創立50周年記念論集 奈良文化財研究所学報 第65冊』 pp.597-606 奈良文化財研究所 02.12
(4 随筆)観光で「古建築」を見る視点 『奈良文化・観光クォータリー』40 p.8 02.4
(6 発表)日本:手宮洞窟における岩壁彫刻の保存 日韓共同研究発表会 韓国国立文化財研究所 02.10.13
(7 所属学会)日本建築学会、日本文化財科学会

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所