東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

坪倉早智子 TSUBOKURA Sachiko

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2009年度 (任期付研究員)
(3 論文)高松塚古墳石室内・取合部および養生等で使用された樹脂等材料のカビ抵抗性試験(木川りか、
 佐野千絵、高鳥浩介、喜友名朝彦、杉山純多、安部倫子、中右恵理子、坪倉早智子、早川典子、川野邊
 渉、石崎武志) 『保存科学』49 pp.61-71 10.3
(5 学会発表)1. 障壁画表面で白化したポリビニルアルコールの表面分析(岡田祐輔、藤松仁、川野邊渉、
 早川典子 、坪倉早智子、中條利一郎) 第58会高分子学会年次大会 神戸国際会議場 09.5.27-29
(5 学会発表)国宝高松塚古墳壁画のクリーニングについて(坪倉早智子、川野邊渉、早川典子、小笠
 原具子、建石徹) 文化財保存修復学会第31回ポスター 倉敷市芸文館 09.6.13-14
(5 学会発表)国宝高松塚古墳壁画の修理について(川野邊渉、坪倉早智子、早川典子、小笠原具子、
 建石徹) 文化財保存修復学会第31回口頭 倉敷市芸文館 09.6.14
(5 学会発表)顔料剥落止めとして利用されたポリビニルアルコールの白化状態の調査と白化原因の探
 索(岡田祐輔、平井利博、藤松仁、滝沢辰洋、川野邊渉、早川典子、坪倉早智子、中條利一郎) 文化
 財保存修復学会第31回ポスター 倉敷市芸文館 09.6.13-14
(5 学会発表)二酸化炭素処理・酸化エチレン処理がジアゾタイプ複写物に及ぼす影響(加藤雅人、木
 川りか、坪倉早智子、中山俊介) 文化財保存修復学会第31回ポスター 倉敷市芸文館 09.6.13-14
(7 所属学会)文化財保存修復学会
2008年度 (任期付研究員)
(2 報告)紙の繊維組成分析のための基礎的知見(坪倉早智子、加藤雅人) 『伝統的修復材料及び
 合成樹脂に関する調査研究報告書 2008年度』 p.50(資料 pp.5-45) 東京文化財研究所 09.3
(2 報告)「東京文化財研究所 保存修復資料室所蔵 資料目録」の作成について(その2)(早川典子、
 加藤雅人、坪倉早智子、菊池理予)『伝統的修復材料及び合成樹脂に関する調査研究報告書 2008年度』
 p.70 東京文化財研究所 09.3
(3 論文)二酸化炭素処理・酸化エチレン処理がジアゾタイプ複写物に及ぼす影響
 (加藤雅人、木川りか、坪倉早智子、中山俊介) 『保存科学』48 pp.43-50 09.3
(5 学会発表)劣化したシアノタイプの修復―紫外線によるシアノタイプの劣化・再発色実験― (坪倉早智子、
 加藤雅人、中山俊介、荒木臣紀) 文化財保存修復学会第30回記念大会 九州国立博物館 08.5.17-18
(7 所属学会)文化財保存修復学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所