東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

久米正吾 KUME Shogo

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2016年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)(Kazuya Yamauchi, Bakit Amanvaeva, Masahi Abe, Shogo Kume, Hiroo Kansha, and Masatoshi Yamafuji
 (eds.))Protection and Research on Cultural Heritage in the Chuy Valley, the Kyrgyz Republic Ak-Beshim and Ken
 Bulun, The Conservation of Cultural Heritage in Central Asia Volume 13 125p Institute of History and Cultural
 Heritage of the National Academy of Sciences of the Kyrgyz Republic/Tokyo National Research Institute for
 Cultural Properties 17.3
(7 所属学会)日本オリエント学会、日本考古学協会、日本西アジア考古学会
2015年度 (アソシエイトフェロー)
(1 公刊図書)「キルギス―旧ソ連圏における宗教・民族・文化復興と文化財―」 『イスラームと文化財』
 (野口淳、安倍雅史編) pp.41-48 新泉社 15.10
(2 報告)Preliminary Report on the Safeguarding of the Bamiyan Site 2013: 11th Mission(Kazuya Yamauchi,
 Shogo Kume, Hiroshi Kondo eds.) Recent Cultural Heritage Issues in Afghanistan Preliminary Report
 Series, 7 95p Ministry of Information and Culture, Islamic Republic of Afghanistan, Japan Center for
 International Cooperation in Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo/
 Nara 15.12
(2 報告)『キルギス共和国チュー川流域の文化遺産の保護と研究 アク・ベシム遺跡、ケン・ブルン遺
 跡―2011~2014年度―』(山内和也、バキット・アマンヴァエヴァ、安倍雅史、久米正吾、間舎裕生、
 山藤正敏編著) 中央アジア文化遺産保護報告集 13 108p キルギス共和国国立科学アカデミー歴史
 文化遺産研究所、東京文化財研究所 16.3
(2 報告)『紛争と文化遺産―紛争下・紛争後の文化遺産保護と復興―』(山内和也、久米正吾、山藤正敏、
 近藤洋、間舎裕生編) 91p 東京文化財研究所 16.3
(3 論文)Ecology and subsistence at the Mesolithic and Bronze Age site of Aigyrzhal-2, Naryn valley,
 Kyrgyzstan.(G. Motuzaite Matuzeviciute, R. C. Preece, S. Wang, L. Colominas, K. Ohnuma, S. Kume, A.
 Abdykanova, M. K. Jones) Quaternary International doi:10.1016/j.quaint.2015.06.065 15.8
(3 論文)ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学―キルギス、ナリン川流域、イシク・クル域での
 日本-キルギス合同考古学調査(2015年)― ( 久米正吾、アイダ・アブディカノワ、早川裕弌、宮田
 佳樹、荒友里子、テミルラン・シャルギノフ、大沼克彦) 『平成27年度考古学が語る古代オリエント
 ―第23回西アジア発掘調査報告会報告集―』 日本西アジア考古学会 16.3
(5 学会発表)古代メソポタミアの死者供養―副葬土器内包土壌の脂質分析からの新視点―(久米正吾、
 宮田佳樹、堀内晶子) 日本西アジア考古学会第20回総会・大会(ポスター発表) 名古屋大学野依記
 念学術交流館 15.6.13-14
(5 学会発表)海外調査におけるUAVとGISを用いたオンサイト即時地形情報解析―キルギス・イシクク
 ル地域の考古遺跡周辺を例に―(早川裕弌、久米正吾、荒友里子、アイダ・アブティカノワ) 日本地
 形学連合2015年秋季大会(ポスター発表) 鹿児島大学稲盛会館 15.10.10-12
(6 発表)山岳地帯における遊牧社会の形成―キルギスにおける青銅器時代考古学調査― 中央アジア
 考古学研究会―キルギスとその周辺地域における遊牧社会の形成― 黒田記念館 16.2.6
(6 発表)ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学―キルギス、ナリン川流域、イシク・クル域での
 日本-キルギス合同考古学調査(2015年)―(久米正吾、アイダ・アブディカノワ、早川裕弌、宮田佳樹、
 荒友里子、テミルラン・シャルギノフ、大沼克彦) 平成27年度考古学が語る古代オリエント―第23回
 西アジア発掘調査報告会― 池袋サンシャインシティ文化会館 16.3.26-27
(7 所属学会)日本オリエント学会、日本考古学協会、日本西アジア考古学会(編集委員)
2014年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)ユネスコ文化遺産保存日本信託基金シルクロード世界遺産登録に向けた支援事業 『文化遺産国際協力
 事業紹介』 pp.7-8 文化遺産国際協力コンソーシアム 15.1
(2 報告)『バーミヤーン遺跡保存事業概報-2013年度(第11次ミッション)―(アフガニスタン文化遺産調査
 資料集 概報第7巻)』(山内和也、久米正吾、近藤洋編著) 95p アフガニスタン・イスラーム共和国
 情報文化省、東京文化財研究所/奈良文化財研究所 15.2
(2 報告)NRICP Final Report of the 2011-2013 UNESCO/Japan Funds-in-Trust Project: Support for
 Documentation Standards and Procedures of the Silk Roads World Heritage Serial and Transnational
 Nomination ( K. Yamauchi, S. Kume, H. Kondo eds.) The conservation of cultural heritage in Central
 Asia Volume 11 104p National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo/Nara 15.3
(2 報告)『文化庁国際協力拠点交流事業キルギス共和国及び中央アジア諸国における文化遺産保護に
 関する拠点交流事業平成26年度業務報告書』 49p 東京文化財研究所 15.3
(2 報告)UNESCO/Japanese Funds-in-Trust Project: Support for documentation standards and procedures
 of the Silk Roads World Heritage Serial and Transnational Nomination in Central Asia, Japan’s
 International Cooperation in Heritage Conservation pp.7-8 Japan Consortium for International
 Cooperation in Cultural Heritage 15.3
(3 論文)New Stone Age site Aygyrzhal-2( Naryn Region, Kyrgyzstan)( A. Abdykavova, K. Tabaldiev,
 T. Chargynov, K. Ohnuma, S. Kume, G. Motuzaite Matuzeviciute, J. Beketaeva) T. S. Sadykov et al.
 eds.,Dialogue of Eurasian Cultures: Archaeology of Kazakhstan. Proceedings of the international
 scientific conference dedicated to the 90th anniversary of Kimal Akishevich Akishev pp.147-160,
 “K. A. Akishev” Institute of Archaeology, “L. N. Gumilev” Eurasian National University, Astana
 ( in Russian) 14.4
(3 論文)Burials, nomads, and cities: A perspective to changing nomad-sedentary relations on the Syrian
 Middle Euphrates during the third and second millennium BC (S. Kume, A. Sultan) D. Morandi
 Bonacossi ed. Settlement Dynamics and Human-Landscape Interaction in the Dry Steppes of Syria
 (Studia Chaburensia 4), pp. 137-150, Harrassowitz Verlag, Wiesbaden 14.6
(3 論文)New Stone Age site Aygyrzhal-2( Naryn Region, Kyrgyzstan)( A. Abdykavova, K. Tabaldiev,
 T. Chargynov, K. Ohnuma, S. Kume, G. Motuzaite Matuzeviciute, J. Beketaeva) T. Chorotegin et al.
 eds., Kyrgyz and Karakhanid Khaganates: Indelible Traces. Proceedings of the 3rd International
 Conference, 18-21 September 2014, Issyk-Kul pp.184-192 The Muras Heritage Foundation,
 Bishkek( in Russian)14.9
(3 論文)Bronze Age Aygyr-zhal 3( The results of excavations 2013-2014)( E. Sultanov, K. Tabaldiyev,
 O. Soltobaev, A. Yrysbek, S. Kume and Y. Ara ) T. Chorotegin et al. eds., Kyrgyz and Karakhanid
 Khaganates: Indelible Traces. Proceedings of the 3rd International Conference, 18-21 September 2014,
 Issyk-Kul pp.266-272 The Muras Heritage Foundation, Bishkek( in Russian) 14.9
(3 論文)ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学―キルギス、ナリン川流域での日本−キルギス合同考古
 学調査(2014年)―(久米正吾、アイダ・アブディカノワ、オロズベク・ソルトバエフ、エミル・スルタノフ、
 早川裕弌、宮田佳樹、荒友里子)『平成26年度考古学が語る古代オリエント―第22回西アジア発掘調査
 報告会報告集―』 pp. 56-61 日本西アジア考古学会 15.3
(4 解説)2013年の歴史学界―回顧と展望― 西アジア・北アフリカ(古代オリエント2) 『史学雑誌』123(5)
 pp.286-290 14.6
(5 学会発表)Prehistory and Protohistory of the Tien-Shan Mountains: Excavations at Aigyrzhal 2 in the
 Naryn Valley, Kyrgyzstan( A. Abdykavova, S. Kume, G. Motuzaite Matuzeviciute, K. Ohnuma)
 European Association of Archaeologists 20th Annual Meeting, Istanbul Technical University 14.9.10-14
(6 発表)天山山脈の新石器化とアンドロノヴォ化―キルギス、アイグルジャル2 遺跡での発掘調査―
 (久米正吾、アイダ・アブディカノワ) 草原考古研究会2014年4 月例会 横浜ユーラシア文化館 14.4.20
(6 発表)これまでの新聞報道 「研究会バーミヤーン東大仏の「足」と「部分的再建」を考える」 
 東京文化財研究所 14.4.30
(6 発表)キルギス、アイグルジャル遺跡の発掘調査(2014年) 草原考古研究会2014年9月例会 
 横浜ユーラシア文化館 14.9.7
(6 発表)文化遺産国際協力の現状と課題 青山学院大学文学部史学科講義「考古学概説」ゲストスピーカー
 (講師:清水信行・青山学院大学教授) 青山学院大学 14.11.27
(6 発表)中央アジア、キルギス共和国における考古関連の国際協力事業及び研究調査活動(2014年度)
 文化遺産国際協力コンソーシアム第20回東アジア・中央アジア分科会 東京文化財研究所 15.1.29
(6 発表)ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学―キルギス、ナリン川流域での日本−キルギス合同考古学
 調査(2014年)―(久米正吾、アイダ・アブディカノワ、オロズベク・ソルトバエフ、エミル・スルタノフ、
 早川裕弌、宮田佳樹、荒友里子) 平成26年度考古学が語る古代オリエント―第22回西アジア発掘調査
 報告会― 池袋サンシャインシティ文化会館 15.3.21-22
(6 講義)Publication of archaeological fieldwork projects, 8th Training Workshop for the Protection of
 Cultural Heritage in Central Asia: Training Workshop on Exhibition and Publication of the Excavation
 Report, National Academy of Sciences of the Kyrgyz Republic 14.10.30
(7 所属学会)日本オリエント学会、日本考古学協会、日本西アジア考古学会(編集委員)、European Association
 of Archaeologists
2013年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)日本西アジア考古学会2012年度ワークショップA「西アジア青銅器時代の葬制」報告『西アジア考古学』
 15 日本西アジア考古学会 pp.83-85 14.3
(3 論文)ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学-キルギス、ナリン川流域での日本-キルギス合同考古
 学調査(2013年)-(久米正吾、アイダ・アブディカノワ、テミルラン・シャルギノフ、岡田保良、宮田佳樹、
 ゲードレ・モッザイテ=マッゼビシュウテ、大沼克彦)『平成25年度考古学が語る古代オリエント-第21回
 西アジア発掘調査報告会報告集-』日本西アジア考古学会 pp.31-37 14.3
(5 学会発表)前期青銅器時代ユーフラテス河中流域の葬送儀礼(久米正吾、宮田佳樹、赤司千恵、門脇誠二)
 日本西アジア考古学会第18回総会・大会 東京大学 13.6.1-2
(5 学会発表)砕葉城の中心街区の発掘と砕葉城の衰退年代(ポスター発表)(山内和也、中村俊夫、森本晋、
 安倍雅史、久米正吾) 日本西アジア考古学会第18回総会 東京大学 13.6.1-2
(5 学会発表)「ユーラシア古代遊牧社会形成の比較考古学」に向けて-シリア、ユーフラテス河中流域と
 キルギス、天山山脈域での考古学調査- 早稲田大学考古学会2013年度公開講演会・研究発表会 早稲田大学
 13.12.14
(6 発表)文化遺産国際協力をめぐる日本の諸活動について-オリエント地域を中心に- 早稲田大学オープン
 教育センタ―講義科目「オリエントの先史考古学入門-文明以前へのアプローチ-」 (講師:小高敬寛・
 早稲田大学助教)ゲストスピーカー 早稲田大学 13.7.16
2012年度 (特別研究員)
(2 報告)古代メソポタミアの葬宴に関する実証的研究(久米正吾、宮田佳樹、門脇誠二) 『公益財団
 法人三島海雲記念財団 研究報告書―平成24年度(第49号)―』 pp.150-157 12.11
(2 報告)石垣島安良村跡 発掘調査概報(石井龍太、金武正紀、阿部常樹、小林竜太、藤掛泰尚、久
 米正吾、角道亮介、西嶋尚子、久我谷渓太) 『東南アジア考古学』32 pp.121-126 12.12
(3 論文)Gypsum plaster manufacturing in northeast Syria: an ethnographic case study, Y. Nishiaki,
 K. Kashima and M. Verhoeven eds., Neolithic Archaeology in the Khabur Valley, Upper Mesopotamia
 and Beyond (SENEPSE 15), pp.80-95, ex oriente e. V., Berlin, 13.1
(3 論文)シリア前期青銅器時代墓地遺跡の被葬者像解明に向けて―ユーフラテス河中流域における定住
 民と遊牧民の関係― 大沼克彦編『ユーラシア乾燥地域の農耕民と牧畜民』 pp.137-147 六一書房 13.3
(3 論文)キルギス共和国チュー河流域の考古調査、2012年(山内和也、森本晋、安倍雅史、久米正吾)
 『第20回西アジア発掘調査報告会報告集』 pp.46-51 日本西アジア考古学会 12.3
(3 論文)カザフスタンにおける考古遺跡の地下探査―シルクロード世界遺産登録に向けた支援事業
 (2012年)―(山内和也、森本晋、安倍雅史、久米正吾) 『第20回西アジア発掘調査報告会報告集』 
 pp.52-57 日本西アジア考古学会 12.3
(4 編集)K. Yamauchi, M. Arimura, M. Abe, and S. Kume eds., Geophysical survey of the buried
 cultural heritage in Bamiyan: final reports of 1st and 2nd missions, Recent cultural heritage
 issues in Afghanistan, volume 4, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo,
 Nara National Research Institute for Cultural Properties, and OYO Corporation, 13.3
(5 学会発表)Burials and nomad-sedentary relations on the Syrian middle Euphrates during the
 third millennium BC (S. Kume and A. Sultan), 8th International Congress on the Archaeology
 of the Ancient Near East, University of Warsaw, 12.4.30-5.4
(5 学会発表)Early mastery of fire: the Near Eastern Neolithic lime, gypsum plaster and pottery
 revisited (M. Le Mière and S. Kume), 8th International Congress on the Archaeology of the Ancient
 Near East, University of Warsaw, 12.4.30-5.4
(5 学会発表)青銅器時代ユーフラテス河中流域における追葬と死者儀礼 日本西アジア考古学会第17
 回総会・大会 筑波大学 12.6.9-10
(6 発表)考古資料への多角的アプローチ 早稲田大学オープン教育センタ―講義科目ゲストスピーカー
 「オリエントの先史考古学入門―古代文明の形成過程―」(講師:小高敬寛・早稲田大学助教) 早稲田大学
 12.7.16
(6 発表)古代メソポタミアの死者祭宴は考古学的に明らかにできるか?―kispu儀礼研究の現状と課題
 ― 日本西アジア考古学会2012年度ワークショップA「西アジア青銅器時代の葬制」 第1回―メソポ
 タミア青銅器時代の葬制― 国士舘大学 12.12.10
(6 発表)キルギス共和国チュー河流域の考古調査、2012年―天山北路に栄えたアク・ベシム遺跡の発
 掘調査―(山内和也、森本晋、安倍雅史、久米正吾) 第20回西アジア発掘調査報告会「平成24年度考
 古学が語る古代オリエント」 池袋サンシャインシティ文化会館 12.3.23-24
(6 発表)カザフスタンにおける考古遺跡の地下探査―シルクロード世界遺産登録に向けた支援事業
 (2012年)―(山内和也、金田明大、森本晋、久米正吾) 第20回西アジア発掘調査報告会「平成24年度
 考古学が語る古代オリエント」 池袋サンシャインシティ文化会館 12.3.23-24
(7 所属学会)日本西アジア考古学会(編集委員)、日本オリエント学会、日本考古学協会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所