東文研_個人の研究業績
東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

早川泰弘 HAYAKAWA Yasuhiro

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2017年度 (保存科学研究センター)
(1 共著)(早川泰弘、城野誠治)『Color & Material ―日本絵画の色と材料―』大伸社 360p 18.3
(2 報告)飛鳥寺本尊 銅造釈迦如来坐像(重要文化財)調査報告(藤岡穣、犬塚将英、早川泰弘、他5名)
 『鹿 園雑集』19 pp.98-60 奈良国立博物館 17.7
(2 報告)春日権現験記絵の彩色材料調査(巻三・巻四)(早川泰弘、城野誠治、皿井舞)
 『春日権現験記絵 巻三・巻四 光学調査報告書』 東京文化財研究所 17.10
(2 報告)國學院大學図書館所蔵那智参詣曼荼羅巻子本の彩色材料調査結果(早川泰弘、城野誠治)
 『國學院大學図書館所蔵那智参詣曼荼羅巻子本光学的調査報告書』 國學院大學文学部歴史地理学教室 p.( 2)-( 12)(横書き) 18.2
(2 報告)国宝信貴山縁起絵巻の彩色材料調査結果(早川泰弘、城野誠治)
 『国宝信貴山縁起絵巻 光学調査報告書』 東京文化財研究所 18.3
(2 報告)春日権現験記絵の彩色材料調査(巻五・巻六)(早川泰弘、城野誠治、皿井舞)
 『春日権現験記絵 巻五・巻六 光学調査報告書』 東京文化財研究所 18.3
(2 報告)鏡神社所蔵 楊柳観音像の彩色材料調査結果(早川泰弘、城野誠治)
 『鏡神社所蔵 楊柳観音像 光学調査報告書』 東京文化財研究所 18.3
(3 論文)国宝信貴山縁起絵巻の蛍光X線分析(早川泰弘、城野誠治) 『保存科学』57 東京文化財研究所 18.3
(5 学会発表)国宝慈光寺経における真鍮泥の利用 日本文化財科学会第34回大会 東北芸術工科大学 17.6.10
(6 講演)科学分析から見えてくる琉球の美術工芸 沖縄県立博物館・美術館第487回文化講座 沖縄県立博物館・美術館 18.2.17
(6 講習会)科学的方法による材料及び技術の分析 美術工芸品修理技術者講習会 文部科学省 17.10.20
(6 講習会)18~19世紀の地図・絵図に見られる彩色材料の多様性 国宝修理装潢師連盟第23回定期研修会 京都 17.11.20
(7 所属学会)日本文化財科学会、日本分析化学会、文化財保存修復学会
(7 委員会等)琉球王国文化遺産集積・再興事業実施計画に係る監修委員
(8 教育)東京藝術大学大学院美術研究科連携教授、金沢美術工芸大学非常勤講師
2016年度 (保存科学研究センター)
(2 報告)日本絵画における白色顔料─江戸期の絵図に使われている鉛白と胡粉について─ 『色の博物誌─江
 戸の色材を視る・読む─』展覧会図録 pp.72-75 目黒区美術館 16.10
(2 報告)国絵図の彩色材料調査 『色の博物誌─江戸の色材を視る・読む─』展覧会図録 pp.178-179 目黒区美術館 16.10
(2 報告)平等院鳳凰堂東面正面扉「上品上生図」の彩色に関する科学調査(皿井舞、城野誠治、早川泰弘) 
 『鳳翔学叢』13 平等院 17.3
(2 報告)琉球絵画に使われている彩色材料について(早川泰弘、城野誠治) 『琉球絵画 光学調査報告書』
 pp.164-173 東京文化財研究所 17.3
(2 報告)春日権現験記絵の彩色材料調査(巻一、巻二)(早川泰弘、城野誠治、皿井舞) 『春日権現験記絵 巻
 一、巻二 光学調査報告書』 pp.XRF3-XRF10 東京文化財研究所 17.3
(2 報告)沖縄県所在の陶芸作品に用いられている青色顔料の分析(早川泰弘、園原謙、外間一先、上江洲安亨)
 『沖縄県立博物館・美術館紀要』10 pp.65-78 沖縄県立博物館・美術館 17.3
(2 報告)名物裂に使用されている金属糸の材質調査(吉田澪代、早川泰弘、本多貴之) 『五島美術館研究紀要』
 5 pp.106-114 五島美術館 17.3 
(3 論文)一宮市博物館所蔵の陣羽織に使用されている金属糸の材質調査(吉田澪代、早川泰弘、伊藤和彦、
 成河端子) 『日本文化財科学会誌』72 pp.15-28 日本文化財科学会 17.2
(3 論文)国宝慈光寺経における真鍮泥の利用について 『保存科学』56 pp.49-63 17.3
(3 論文)可搬型X線回折分析装置を用いた銅造釈迦如来坐像(飛鳥大仏)の材質調査(犬塚将英、早川泰弘、
 皿井舞、藤岡穣) 『保存科学』56 pp.65-75 17.3
(4 解説)水俣条約に影響を受ける文化財とその材料・技術 『月刊 文化財』10 pp.8-11 文化庁文化財部 16.10
(5 学会発表)蝦夷錦に使用されている金属糸の科学調査(吉田澪代、早川泰弘、中村和之) 第76回分析化学
 討論会 岐阜薬科大学 16.5.29
(5 学会発表)サントリー美術館所蔵 重要文化財四季花鳥図屛風の彩色材料調査(早川泰弘、犬塚将英、城
 野誠治) 日本文化財科学会第33回大会 奈良大学 16.6.4-5
(5 学会発表)16-17世紀在日本創作的西洋風格絵画調査国家美術蔵品保存修復国際検討会 中国美術館(北京、中国) 16.7.6-7
(6 発表)文化財における金属の利用と分析 日本鉄鋼協会第173回春季講演大会 首都大学東京 17.3.17
(6 講演)伊藤若冲 動植綵絵の色と描写 東京都市大学ユメキャンパス講演会 東京都市大学 16.11.6
(7 所属学会)日本文化財科学会、日本分析化学会、文化財保存修復学会
(7 委員会等)琉球王国文化遺産集積・再興事業実施計画業務に係る監修委員、京都国立博物館文化財保存修
 理所運営委員会委員、九州国立博物館文化財保存修復施設運営委員会委員
(8 教育)東京藝術大学大学院非常勤講師、金沢美術工芸大学非常勤講師
2015年度 (保存修復科学センター)
(2 報告)エックス線透過撮影による長八作品の調査(犬塚将英、早川泰弘) 『伊豆の長八 幕末・明
 治の空前絶後の鏝絵師』 pp.160-163 平凡社 15.8
(2 報告)板絵着色大蔵氷川神社奉納絵図の蛍光X線分析 『世田谷区文化財調査報告集25、区指定有形
 文化財「板絵着色大蔵氷川神社奉納絵図」の修理及びデジタル復元事業報告』 pp.41-44 世田谷区教
 育委員会 16.3
(2 報告)平等院鳳凰堂国宝扉の金属部材の材料調査(早川泰弘、城野誠治) 『鳳翔学叢』12 平等院
 16.3
(2 報告)平等院鳳凰堂須弥壇の金属部材の材料調査(早川泰弘、城野誠治) 『平等院鳳凰堂内 光学
 調査報告書』 pp.XRF4-XRF7 東京文化財研究所 16.3
(2 報告)四季花鳥図屛風の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治) 『四季花鳥図屛風 光学調査報告書』
 pp.148-153 東京文化財研究所 16.3
(2 報告)X線透過撮影による伊豆長八の作品の調査(犬塚将英、早川泰弘) 『保存科学』55 pp.115-
 124 16.3
(3 論文)国宝「阿弥陀聖衆来迎図」の彩色材料に関する調査(武田裕子、早川泰弘) 『保存科学』55
 pp.47-62 16.3
(3 論文)徳島大学附属図書館所蔵「伊能図」の彩色材料調査結果(吉田直人、早川泰弘、村岡ゆかり)
 『保存科学』55 pp.63-78 16.3
(5 学会発表)国宝 平等院鳳凰堂内 西面扉の押縁に施された文様及び色彩の想定復元(神居文彰、
 早川泰弘、荒木恵信) 文化財保存修復学会第37回大会 京都工芸繊維大学 15.6.28
(5 学会発表)一宮市博物館所蔵の陣羽織に使用されている金属糸の材質調査(吉田澪代、早川泰弘、
 伊藤和彦、成河端子) 日本文化財科学会第32回大会 東京学芸大学 15.7.11-12
(5 学会発表)永青文庫所蔵 洋人奏楽図屛風の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治、三宅秀和) 日本
 文化財科学会第32回大会 東京学芸大学 15.7.11-12
(5 学会発表)東アジアにおける黄銅(真鍮)利用の歴史の研究―日本の古代~近世の紺紙金字経・絵画・
 黄銅製品の蛍光X線分析による―(西山要一、東野治之、関根俊一、早川泰弘、植田直見、魚島純一、
 望月規史、宮崎真由) 2015東アジア文化遺産保存国際シンポジウムin 奈良 奈良春日野国際フォー
 ラム甍〜I・RA・KA〜 15.8.27-28
(6 発表)Scientific Analysis of Metallic Thread used for Woolen Jinbaori (Military Campaign Coat) in
 the Collection of Ichinomiya City Museum, Japan(M. Yoshida, Y. Hayakawa) 名古屋大学宇宙地球環
 境研究所設立記念国際シンポジウム 名古屋大学 15.11.4
(6 発表)染織文化財に使用されている金属糸の接着剤に関する科学分析(吉田澪代、本多貴之、宮越
 哲雄、早川泰弘) 漆サミット2015 明治大学 15.12.4
(6 発表)染織文化財の科学分析とその現状(吉田澪代、早川泰弘) 第29回東海支部若手繊維研究会 
 金城学院大学 15.12.12
(6 発表)徳大本伊能図に使用されている彩色材料(吉田直人、早川泰弘、村岡ゆかり) 伊能図を科学
 する-徳島大学附属図書館所蔵伊能図の学術調査報告 東京文化財研究所 16.1.20
(6 発表)前三千年紀第四四半期から出土した着磁性物質の自然科学的分析(平井昭司、早川泰弘、長
 谷川真也、白木尚人、坂下明子) アナトリア考古学研究会 学習院大学 16.2.29
(6 講演)高松塚古墳壁画の彩色材料について 国際学術シンポジウム「古代の色と漆」 国立扶余博物
 館、韓国 15.10.2
(6 講義)科学的方法による材料及び技術の分析 文化財(美術工芸品)修理技術者講習会 経済産業
 省 15.10.30
(7 所属学会)日本化学会、日本文化財科学会、日本分析化学会、文化財保存修復学会
(7 委員会等)文化財保存修復学会第37回大会プログラム作成委員会、徳島大学附属図書館伊能図検証
 プロジェクト委員会、琉球王国文化遺産集積・再興事業実施計画業務に係る監修委員
(8 教育)東京藝術大学大学院非常勤講師、金沢美術工芸大学非常勤講師
2014年度 (保存修復科学センター)
(2 報告)永青文庫所蔵 洋人奏楽図屛風の彩色材料について(早川泰弘、城野誠治) 『洋人奏楽図屛風 
 光学調査報告書』 pp.110-121 東京文化財研究所 15.3
(2 報告)泰西王侯騎馬図屛風の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治) 『泰西王侯騎馬図屛風 光学調
 査報告書』 pp.110-119 東京文化財研究所 15.3
(5 学会発表)平等院の国宝鳳凰・梵鐘・装飾金物の材料調査(早川泰弘、城野誠治、神居文彰)日本文化財科学会
 第31回大会 奈良教育大学 14.7.5-6
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査―西壁女子群像の赤衣像青色裳に使用された色料について―
 (赤田昌倫、吉田直人、辻本与志一、降幡順子、早川泰弘、高妻洋成、早川典子、脇谷草一郎、田村朋美、
 朽津信明、岡田健、宇田川滋正、建石徹) 日本文化財科学会第31回大会 奈良教育大学 14.7.5-6
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の赤色・黄色色料に関する調査(降幡順子、早川泰弘、赤田昌倫、吉田直人、
 辻本与志一、朽津信明、早川典子、脇谷草一郎、田村朋美、高妻洋成、岡田健、宇田川滋正、建石徹) 
 日本文化財科学会第31回大会 奈良教育大学 14.7.5-6
(5 学会発表)観察手法によるキトラ古墳壁画表面の調査結果報告(吉田直人、赤田昌倫、辻本与志一、降幡順子、
 早川泰弘、早川典子、脇谷草一郎、田村朋美、朽津信明、岡田健、高妻洋成、宇田川滋正、建石徹) 
 日本文化財科学会第31回大会 奈良教育大学 14.7.5-6
(5 学会発表)可搬型蛍光X線分析装置による日本絵画の顔料調査 プラズマ分光分析研究会第93回講演会 
 東京工業大学 15.3.6
(6 講演)伊藤若冲《菜蟲譜》光学調査について おかえりなさい、伊藤若冲《菜蟲譜》光学調査・修理完了披露展
 特別講演会 佐野市立吉澤記念美術館 14.11.2
(7 所属学会)日本化学会、日本文化財科学会、日本分析化学会、文化財保存修復学会
(7 委員会等)文化財保存修復学会第37回大会プログラム作成委員会、徳島大学附属図書館伊能図検証
 プロジェクト委員会
(8 教育)東京藝術大学大学院非常勤講師
2013年度 (保存修復科学センター)
(2 報告)蛍光エックス線分析による伊藤若冲 菜蟲譜の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治) 『保存科学』53
 pp.55-66 14.3
(2 報告)平等院鳳凰堂西面扉の彩色材料に関する分析調査、平等院鳳凰堂の装飾金具および梵鐘の材料調査
 『鳳翔学叢』10 14.3
(5 学会発表)ハンドヘルド蛍光X線分析装置によるウズベキスタン国立歴史博物館所蔵資料の材料調査
 (早川泰弘、古庄浩明、青木繁夫、アリプトジャノフ・オタベック) 日本文化財科学会第30回大会 弘前大学
 13.7.6-7
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査―蛍光X線分析法による下地漆喰に関する調査(5)―(降幡順子、
 早川泰弘、辻本与志一、赤田昌倫、脇谷草一郎、田村朋美、高妻洋成、肥塚隆保、吉田直人、朽津信明、
 早川典子、江村知子、佐野千絵、岡田健、三浦定俊、宇田川滋正、建石徹) 日本文化財科学会第30回大会
 弘前大学 13.7.6-7
(5 学会発表)キトラ古墳壁画の材料調査2―玄武像の可視分光分析調査―(赤田昌倫、吉田直人、高妻洋成、
 早川泰弘、降幡順子、脇谷草一郎、田村朋美、辻本与志一、岡田健、朽津信明、江村知子、早川典子、
 宇田川滋正、建石徹) 日本文化財科学会第30回大会 弘前大学 13.7.6-7
(5 学会発表)「国宝平等院鳳凰堂内 西面扉絵 日想観」の下地層について(神居文彰、早川泰弘、荒木恵信) 
 文化財保存修復学会第35回大会 東北大学 13.7.20-21
(5 学会発表)プルシアンブルーが使用された江戸時代後期の友禅小袖に関する科学的分析と染織史的位置づけ
 (深津裕子、早川泰弘) 文化財保存修復学会第35回大会 東北大学 13.7.20-21
(5 学会発表)Restoration of Export Lacquer - a case study of the Cabinet with Mounting in the Collection
 of Osterrichisches Museum fur angewandte Kunst(Yoshihiko Yamashita, Yasuhiro Hayakawa, Noriko
 Hayakawa,Wataru Kawanobe)The Conservation of East Asian Cabinets in Imperial Residence
 (1700-1900) Vienna 13.7.4-5
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
(8 教育) 東京藝術大学大学院非常勤講師、金沢美術工芸大学非常勤講師
2012年度 (保存修復科学センター)
(2 報告)ハンドヘルド蛍光X線分析装置によるウズベキスタン国立歴史博物館所蔵資料の材料調査(早
 川泰弘、古庄浩明、青木繁夫、アリプトジャノフ・オタベック) 『保存科学』52 pp.59-70 13.3
(3 論文)江戸時代の服飾品に使用される金属糸に関する自然科学的・服飾史的研究(吉田澪代、山川曉、
 早川泰弘) 『学叢』34 pp.89-118 12.5
(4 解説)近世日本絵画における鉛白と胡粉の使用例について 『平尾良光先生古稀記念論集 文化財学
 へのいざない』 pp.152-158 13.1
(4 解説)先人のモダニズムを診る 『Nikon Today』77 pp.6-7 12.4
(5 学会発表)泰西王侯騎馬図屏風の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治) 日本文化財科学会第29回大会
 京都大学 12.6.23-24
(5 学会発表)元禄および天保国絵図の彩色材料と色表現について(吉田直人、早川泰弘、村岡ゆかり、
 杉本史子) 日本文化財科学会第29回大会 京都大学 12.6.23-24
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査―蛍光X線分析法による下地漆喰に関する調査(4)―(降幡
 順子、早川泰弘、吉田直人、辻本与志一、脇谷草一郎、高妻洋成、佐野千絵、宇田川滋正、建石徹)日
 本文化財科学会第29回大会 京都大学 12.6.23-24
(5 学会発表)キトラ古墳壁画の材料調査1―白虎と青龍の調査―(高妻洋成、降幡順子、脇谷草一郎、
 田村朋美、赤田昌倫、辻本与志一、岡田健、佐野千絵、早川泰弘、朽津信明、吉田直人、早川典子、建
 石徹、宇田川滋正、福永香、碇智文) 日本文化財科学会第29回大会 京都大学 12.6.23-24
(6 発表)伊藤若冲「動植綵絵」に関する彩色材料調査 巻軸絵画保存修復学術研究会 中国美術館12.4.11-12
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
(8 教育) 東京藝術大学大学院非常勤講師、金沢美術工芸大学非常勤講師
2011年度 (保存修復科学センター)
(1 公刊図書)彩色材料の科学的分析法 『絵図学入門』分担執筆 pp.218-221 東京大学出版会 11.7
(1 公刊図書)第6章“屋外環境”、4.大気汚染による影響 東京文化財研究所編『文化財の保存環境』
 pp.117-127 中央公論美術出版 11.11
(2 報告)大阪商業大学商業史博物館所蔵「河内国茨田郡藤田村文書」絵図の彩色材料調査結果(吉田
 直人、早川泰弘、礒永和貴) 『保存科学』51 pp.211-225 12.3
(3 論文)泰西王侯騎馬図屏風の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治) 『保存科学』51 pp.19-29 12.3
(3 論文)重要文化財元禄および天保国絵図に使われた彩色材料と色彩表現に関する考察(吉田直人、
 早川泰弘、村岡ゆかり、杉本史子) 『保存科学』51 pp.31-45 12.3
(4 解説)泰西王侯騎馬図屏風の彩色材料 「南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎」展図録 
 pp.182-187 サントリー美術館 11.10
(4 解説)On the Colorants, Colorful Realm: Japanese Bird-and-Flower Paintings by Ito
 Jakuchu」展図録 pp.208-217, National Gallery of Art, Washington, 12.3
(4 解説)「春日権現験記絵」の彩色材料調査 『「春日権現験記絵」修理事業報告書Ⅰ』 pp.50-55
 宮内庁三の丸尚蔵館 12.3
(5 学会発表)Scientific Analysis of Wooden Jinbaori (Military Campaign Coat) in the Collection
 of Ichinomiya City Museum, Japan( Miyo Yoshida, Yasuhiro Hayakawa), International
 Congress on Analytical Science 2011, Kyoto, 11.5.23-27
(5 学会発表)琉球絵画の彩色材料調査(早川泰弘、吉田直人、佐野千絵、三浦定俊) 日本文化財科学
 会第28回大会 筑波大学 11.6.11-12
(5 学会発表)近世絵図資料に使われた彩色材料の科学的調査(吉田直人、早川泰弘、村岡ゆかり、杉
 本史子) 日本文化財科学会第28回大会 筑波大学 11.6.11-12
(5 学会発表)阿久比町宮津南社山車保存会所蔵「龍図刺繍水引幕」の自然科学的調査(吉田澪代、早
 川泰弘、大崎綾子) 日本文化財科学会第28回大会 筑波大学 11.6.11-12
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査―蛍光X線分析法による下地漆喰に関する調査(3)―(降幡順
 子、早川泰弘、吉田直人、辻本与志一、脇谷草一郎、高妻洋成、佐野千絵、宇田川滋正、建石徹)日本
 文化財科学会第28回大会 筑波大学 11.6.11-12
(6 発表)泰西王侯騎馬図屏風の彩色材料について 「南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎」展
 記念講演会 サントリー美術館 11.11.5
(6 発表)The Pigments of Colorful Realm, Colorful Realm: Japanese Bird-and-Flower Paintings
 by Ito Jakuchu 展覧会, Public Conference, National Gallery of Art, Washington 12.3.30
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
2010年度 (保存修復科学センター)
(2 報告)ポータブル蛍光X線分析装置による沖縄県所在ガラス製品の現地調査 『保存科学』50 
 pp.217-227 11.3
(4 解説)山口県文書館所蔵絵図に使用された色料についての科学的調査(杉本史子、早川泰弘、吉田
  直人、村岡ゆかり、小野寺淳) 『東京大学史料編纂所研究紀要』21 pp.19-30 11.3
(4 解説)平等院本尊阿弥陀如来坐像台座華盤納入品の材質調査 『鳳翔学叢』7 pp.171-178 11.3
(5 学会発表)染織文化財に刺繍された金銀糸に使用されている金属薄膜の定量分析に関する一考察(吉
 田澪代、早川泰弘) 第77回日本分析化学会有機微量分析研究懇談会 京都大学 10.5.13-14
(5 学会発表)「国宝平等院鳳凰堂内西面扉絵日想観」の学術的復元模写による保存に関する研究(荒木恵信、
 伊藤英高、神居文彰、早川泰弘、荒井経) 文化財保存修復学会第32回大会 長良川国際会議場 10.6.12-13
(5 学会発表)国宝伴大納言絵巻の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治、黒田泰三) 日本文化財科学会
 第27回大会 関西大学 10.6.26-27
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査―蛍光X線分析法による下地漆喰に関する調査(2)―(降幡
 順子、早川泰弘、吉田直人、高妻洋成、辻本与志一、脇谷草一郎、佐野千絵、三浦定俊、宇田川滋正、
 建石徹、肥塚隆保) 日本文化財科学会第27回大会 関西大学 10.6.26-27
(5 学会発表)観察手法による高松塚古墳壁画表面の調査結果報告(吉田直人、高妻洋成、降幡順子、
 辻本与志一、間渕創、早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊、肥塚隆保) 日本文化財科学会第27回大会 関西大学
 10.6.26-27
(6 発表)近世絵図資料彩色材料の科学的調査(吉田直人、早川泰弘) 公開研究集会・見学会―モノ史
 料としての絵図を問い直す 東京藝術大学 10.9.10
(6 発表)文化財の材質調査と分析化学 山梨県分析化学交流会設立総会 山梨大学 10.7.6
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
2009年度 (保存修復科学センター)
(1 公刊図書)『国宝伴大納言絵巻』(黒田泰三、城野誠治、早川泰弘) 中央公論美術出版 09.11
(2 報告書)伊藤若冲『動植綵絵』の彩色材料について 『伊藤若冲 動植綵絵』調査研究編 pp.94-107
 小学館 10.1
(3 論文)祭礼山車飾幕の材質調査―半田市乙川浅井山宮本車の水引幕について―(吉田澪代、早川泰弘、
 岡田宣世) 『文化財保存修復学会誌』54 pp.30-40 09.3(前年度業績)
(3 論文)国宝伴大納言絵巻の蛍光X線分析(早川泰弘、城野誠治、黒田泰三) 『保存科学』49 pp.13-23
 10.3
(3 論文)伊藤若冲「動植綵絵」に見られる青色材料 『保存科学』49 pp.131-137 10.3
(3 論文)法隆寺金堂所在釈迦三尊像および薬師如来像台座(下座板絵)の光学調査(岩田茂樹、稲本
 泰生、早川泰弘、城野誠治、鳥光美佳子、津田徹英、江村知子、浅井和春) 『鹿園雑集』12 pp.1-7 10.3
(3 論文)平等院鳳凰堂西面扉絵「日想観図」の図像と彩色に関する科学調査(早川泰弘、城野誠治)
 『鳳翔学叢』6 pp.109-122 10.3
(4 解説)春日権現験記絵披見台の光学調査(早川泰弘、城野誠治) 『春日権現験記絵披見台 共同研
 究調査報告書』 pp.56-58 奈良国立博物館・東京文化財研究所 10.3
(4 解説)伊藤若冲『動植綵絵』の彩色材料について 「コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会」
 会報『玻璃彩』8 pp.18-26 10.3
(4 解説)琉球絵画および関連作品の彩色材料調査(早川泰弘、吉田直人、佐野千絵、三浦定俊) 『首
 里城研究』12 pp.38-52 10.3
(5 学会発表)平等院鳳凰堂仏後壁の図像と彩色に関する調査(早川泰弘、城野誠治、神居文彰) 日本
 文化財科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)江戸時代の染織品に刺繍された金銀糸に使用されている金属薄膜の定量分析について(吉
 田澪代、植田直見、藤原正裕、早川泰弘) 日本文化財科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)近世建造物飾り金具の材質分析と製作技法の研究(西山要一、早川泰弘、久保智康、朝
 日美砂子、春日井道彦) 日本文化財科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査(1)(肥塚隆保、高妻洋成、降幡順子、佐野千絵、早川泰弘、
 吉田直人、三浦定俊、建石徹) 日本文化財科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査(2)―観察手法による白虎および青龍の表面状態調査―(吉
 田直人、高妻洋成、降幡順子、辻本与志一、早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊、肥塚隆保) 日本文化財
 科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査(3)―蛍光X線分析法による白虎・青龍の下地漆喰に関する
 調査―(早川泰弘、降幡順子、高妻洋成、吉田直人、辻本与志一、佐野千絵、三浦定俊、肥塚隆保) 
 日本文化財科学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)国宝高松塚古墳壁画の材料調査の変遷(佐野千絵、早川泰弘、三浦定俊) 日本文化財科
 学会第26回大会 名古屋大学 09.7.11
(5 学会発表)高松塚古墳壁画の材料調査―下地漆喰に関する科学的調査―(降幡順子、早川泰弘、高
 妻洋成、吉田直人、辻本与志一、佐野千絵、三浦定俊、肥塚隆保、建石徹) 東アジア文化遺産保存学
 会 北京 09.10.17
(6 発表)蛍光X線分析による文化財の材質調査 平成21年度機器分析講座 静岡理工科大学 09.8.26
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
2008年度 (保存修復科学センター)
(3 論文)蛍光X線分析による地図資料の彩色材料調査 『歴史学研究』841 pp.29-34 08.6
(3 論文)Analysis of Pigments used in a Japanese Painting(Y.Hayakawa, S.Shirono, S.Miura,
 T.Matsushima) 『Advances in X-ray Analysis』51 pp.263-268 08.10
(3 論文)国宝吉祥天像の彩色材料調査 『検査技術』14 pp.45-50 09.1
(3 論文)銅系緑色顔料の多様性とその使用例 『保存科学』48 pp.109-118 09.3
(4 解説)千年を経た色の本質に迫る―平等院仏後壁の彩色材料調査―
 『別冊太陽 平等院 王朝の美 国宝鳳凰堂の仏後壁』 pp.20-23 pp.60-61 09.1
(5 学会発表)国宝彦根屏風の彩色材料調査(早川泰弘、城野誠治)
 日本文化財科学会第25回大会 鹿児島国際大学 08.6.14
(5 学会発表)X-ray Fluorescence Analysis of Japanese Cultural Objects,2008 International
 Symposium on Conservation Science for Cultural Heritage, Seoul, 08.9.30
(6 発表)源氏物語千年紀―よみがえる源氏物語絵巻と放射線― 日本原子力文化振興財団
 エネルギーと環境講座 第149回・第150回 東京・尼崎 08.08.19・08.08.26
(6 発表)伊藤若冲「動植綵絵」の彩色材料について、コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会
 第10回研究会 大手町サンケイプラザ 08.11.8
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
2007年度 (保存修復科学センター)
(3 論文)Nondestructive analysis of a painting, a national treasure in Japan (Y.Hayakawa,
 S.Shirono, S.Miura, T.Matsushima and T.Uchida), Powder Diffraction, 22 (2), pp.126-129, 07.6
(3 論文)Nondestructive Investigation of the Polychromy of Japanese Sculptures (Y.Hayakawa,
 T.Tsuda and S.Miura), Scientific Research on the Sculptural Arts of Asia: Proceedings of the
 3rd Forbes Symposium at the Freer Gallery of Art, pp.159-164, 07.7
(3 論文)Non-destructive Analysis of a Painting, A National Treasure in Japan (Y.Hayakawa,
 S.Shirono, S.Miura, T.Matsushima and T.Uchida), Advances in X-ray Analysis, 50, pp.57-63,07.10
(3 論文)蛍光X線分析による国宝吉祥天像の彩色材料調査 『保存科学』47 pp.27-36 08.3
(4 解説)科学的調査手法―蛍光X線分析法、科学的調査の応用(早川泰弘、城野誠治、三浦定俊)
 『日本の美術』492、7 pp.24-25、pp.27-35 07.5
(4 解説)皆春齋御絵具の材質分析(三浦定俊、加藤将彦、丹沢穣、平井昭司、早川泰弘、神谷嘉美、
 本多貴之、宮越哲雄) 『近代科学技術のDNAと現代ハイテクにおける我が国科学技術のアイデンティ
 ティーの確立』 pp.135-140 07.11
(5 学会発表)伊藤若冲「動植綵絵」の彩色材料調査(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊、太田彩)
 日本文化財科学会第24回大会 奈良教育大学 07.6.2
(5 学会発表)Analysis of Pigments used in a Japanese Painting (Y.Hayakawa, S.Shirono,
 S.Miura and T.Matsushima), The 56th Annual Denver X-ray Conference, Colorado Springs, 07.8.1
(6 発表)文化財の保存・修復と分析技術 日本分析機器工業会JAIMAフォーラム「文化の奥深さを演
 出する分析技術」 幕張 07.8.29
(6 発表)彦根屏風の顔料調査結果 修理完成記念シンポジウム「よみがえった国宝彦根屏風」
 彦根城博物館 07.10.20
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
(8 教育)東京藝術大学連携准教授
2006年度 (保存科学部)
(3 論文)Identification of Painting Materials Used for Mural Paintings by Image Analysis and XRF
 (S.Shirono, Y.Hayakawa), Advances in X-ray Analysis 49, pp.213-217, 06.10
(3 論文)高松塚古墳壁画の彩色材料について(早川泰弘、城野誠治) 『佛教藝術』290 pp.69-75 07.1
(3 論文)伊藤若冲「動植綵絵」の彩色材料について(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊、太田彩) 『保存
 科学』46 pp.51-60 07.3
(3 論文)武雄鍋島家所蔵皆春齋絵具の材質分析(加藤将彦、丹沢穣、平井昭司、早川泰弘、三浦定俊)
 『保存科学』46 pp.61-74 07.3
(4 解説)可搬型蛍光X線分析装置と高松塚古墳壁画の調査 『非破壊検査』55 pp.336-339 06.7
(4 解説)可搬型蛍光X 線分析装置による文化財の調査 『検査技術』12 pp.42-46 07.1
(5 学会発表)根津美術館所蔵燕子花図屏風のX 線調査(早川泰弘、三浦定俊、松島朝秀) 日本文化財科
 学会第23 回大会 東京学芸大学 06.6.17
(5 学会発表)武雄鍋島家所蔵絵具の材質分析(丹沢穣、加藤将彦、平井昭司、早川泰弘、三浦定俊)
 日本文化財科学会第23 回大会 東京学芸大学 06.6.17
(5 学会発表)Non-destructive Analysis of a Painting, National Treasure in Japan(Y.Hayakawa,
 S.Shirono, S.Miura, T.Matsushima, T.Uchida), The 55th Annual Denver X-ray Conference, Denver,
 06.8.7
(6 発表)国宝絵画の材質調査 日本分析化学会関東支部栃木地区分析講演会 07.1.12
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
(8 教育)東京芸術大学連携助教授
2005年度 (保存科学部)
(2 報告)燕子花図屏風 蛍光X 線分析 『国宝燕子花図屏風―保存修理竣工記念』 pp.140-145 根津美術館 05.10
(2 報告)蛍光X 線分析を用いた平等院鳳凰堂中品中生図の彩色材料調査(早川泰弘、津田徹英) 『鳳翔学叢』2
 pp.15-24 05.12
(2 報告)宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 伊藤若冲作品に関する彩色材料調査(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊)
 『三の丸尚蔵館年報・紀要』11 pp.68-71 06.3
(2 報告)X-ray Fluorescence Analysis of Mural Paintings in the Takamatsuzuka Tumulus(Y.Hayakawa,
 S.Shirono) , Proceedings of the 28th International Symposium on the Conservation and Restoration of
 Cultural Properties, pp.80-84, 06.3.
(2 報告)Image Production of the Mural Paintings of the Takamatsuzuka Tumulus(S.Shirono,
 Y.Hayakawa),Proceedings of the 28th International Symposium on the Conservation and Restoration
 of Cultural Properties, pp.85-90, 06.3.
(2 報告)「動植綵絵」に関する彩色材料調査(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊) 『動植綵絵―若冲、描写の妙技』
 pp.57-61 宮内庁三の丸尚蔵館 06.3
(3 論文)ポータブル蛍光X線分析装置による国宝絵画の材質調査 『応用物理』74-10 pp.1365-1369 05.10
(3 論文)根津美術館所蔵燕子花図屏風のX 線分析(早川泰弘、松島朝秀、三浦定俊) 『保存科学』45
 pp.157-166 06.3
(4 解説)国宝絵画に潜む作者の思いに迫る 『化学』60-7 pp.30-33 05.7
(4 解説)美術品の謎を新しい手法で解き明かす(三浦定俊、早川泰弘) 『科学』76 pp.160-166 06.1
(4 解説)高松塚古墳壁画の彩色材料(早川泰弘、城野誠治) 『工業塗装』199 pp.55-59 06.3
(5 学会発表)尾形光琳筆紅白梅図屏風のX線調査(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊、内田篤呉) 日本文化財科学会
 第22 回大会 北海道大学 05.7.9
(5 学会発表)Identification of Painting Materials used for Mural Paintings by Image Analysis and XRF
 (S.Shirono, Y.Hayakawa), The 54th Annual Denver X-ray Conference, Colorado Springs, 05.8.3.
(5 学会発表)Non-destructive Investigation of the Polychromy of Japanese Sculptures
 (Y.Hayakawa, T.Tsuda, S.Miura), Third Forbes Symposium on Scientific Research in the field of Asian
 Art, Washington D.C., 05.9.30.
(6 発表)ポータブル蛍光X線分析装置による文化財の材質調査 国立故宮博物院(台北) 05.4.22
(6 発表)XRF による文化財の材質調査 先端考古学研究会 国際高等研究所 05.6.14
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、日本鉄鋼協会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
(8 教育)東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻システム保存学修復材料学講座連携助教授、
 金沢美術工芸大学非常勤講師
2004年度 (保存科学部)
(2 報告)ポータブル蛍光X線分析による文化財の材質調査 『月刊文化財』487 pp.5-8 04.4
(3 論文)Portable XRF Analysis of Japanese Historical Objects, Advances in X-ray Analysis, 47, pp.36-41,
 04.8.
(3 論文)尾形光琳筆 紅白梅図屏風の蛍光X線分析(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊、内田篤呉) 『保存科学』
 44 pp.1-16 05.3
(3 論文)紅白梅図屏風の蛍光X 線分析 『国宝 紅白梅図屏風』 pp.175-182 中央公論美術出版 05.3
(5 学会発表)X線を用いた文化財の分析 第65 回分析化学討論会 琉球大学 04.5.16
(5 学会発表)東大寺八角灯籠の鉛同位体比(平尾良光、早川泰弘、鈴木浩子) 日本文化財科学会第21 回大会 立
 命館大学 04.5.15
(5 学会発表)国宝高松塚古墳壁画の保存に関する研究1―ハンディ蛍光X線分析装置による壁画顔料の分析―(早
 川泰弘、佐野千絵、三浦定俊) 文化財保存修復学会第26 回大会 奈良大学 04.6.12
(5 学会発表)Pigments Analysis of Mural Paintings by a Portable XRF, Pittsburgh Conference 2005,
 Orlando, 05.3.3.
(6 発表)国宝「仏涅槃図」(金剛峯寺) ―蛍光X 線分析による顔料調査の知見― 絵画表現の深層を探る―国宝
 仏涅槃図(応徳涅槃図)の光学的調査― 東京国立博物館 04.5.8
(6 発表)蛍光X線分析による無機顔料の分析 高松塚古墳壁画の顔料分析に関する研究報告会 奈良大学 04.6.1
(6 発表)可搬型XRF による国宝の材質調査 日本鑑識科学技術学会微細天然物研究会 東京文化財研究所
 04.9.15
(6 発表)高松塚古墳壁画の蛍光X線分析 第28 回文化財の保存・修復に関する国際研究集会「文化財の非破壊調
 査法―X線分析の最前線―」 東京都美術館 04.12.2
(6 発表)文化財の保存と科学的調査 平成16 年度文化財科学学術講演会 東京学芸大学 05.1.19
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、日本鉄鋼協会、文化財保存修復学会、日本文化財科学会
(8 教育)東京芸術大学大学院非常勤講師
2003年度 (保存科学部)
(2 報告)Analysis of Pigments used in Japanese Cultural Properties by a Portable X-ray Fluorescence
 Spectrometer, Historial Polychromy: Polychrome Sculpurein Germany and Japan (Michael Kühlenthal &
 Sadatoshi Miura), pp.393-398, 04.2.
(3 論文)国宝源氏物語絵巻の彩色材料 『塗装工学』39 pp.46-52 04.2
(3 論文)ハンディ蛍光X線分析装置による高松塚古墳壁画の顔料調査(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊)
 『保存科学』43 pp.63-78 04.3
(3 論文)ポータブル蛍光X線分析装置による顔料分析 『光学的手法による国宝・源氏物語絵巻調査報告書』
 pp.209-227 東京文化財研究所 04.3
(3 論文)高松塚古墳壁画の顔料調査(早川泰弘、佐野千絵、三浦定俊) 文化庁監修『国宝高松塚古墳壁画』
 文化庁 04.3
(5 学会発表)国宝稲荷山鉄剣の銘文金線の化学組成(早川泰弘、三浦定俊、青木繁夫、大森信宏、今泉泰之)
 日本文化財科学会第20回大会 島根県民会館 03.5.17
(5 学会発表)ド・ラ・トゥール作「聖トーマス」の科学的調査(三浦定俊、早川泰弘、松島朝秀)
 文化財保存修復学会第25回大会 京都造形芸術大学 03.6.7
(5 学会発表)Portable XRF Analysis of Japanese Historical Objects, The 52th Annual Dener X-ray
 Conference, Denver, 03.8.6.
(5 学会発表)Surface Analysis of Silver Coins Issued in the Modern Japan, Pittsburgh Conference 2004,
  Chicago, 04.3.9
(6 発表)文化財の材質調査 2003分析展 幕張メッセ 03.9.10-12
(6 発表)国宝稲荷山鉄剣―金象嵌の分析と新事実発見― 稲荷山古墳鉄剣発見35周年記念講演会
 行田市教育文化センター 03.9.27
(6 発表)光琳筆「紅白梅図屏風」における蛍光X線による顔料分析の知見 尾形光琳筆「紅白梅図屏風」の
 新知見―調査速報とシンポジウム― MOA美術館 04.2.14
(6 発表)国宝文化財の材質調査 埼玉県高等学校社会科研究会歴史部会研究会 埼玉県立博物館 04.2.17
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、日本鉄鋼協会、電気化学会化学センサ研究会、文化財保存修復学会、
 日本文化財科学会
2002年度 (保存科学部)
(3 論文)東京国立博物館所蔵弥生時代青銅器の鉛同位体比(井上洋一、松浦宥一郎、平尾良光、早川泰弘、榎本
 淳子、鈴木浩子) 『MUSEUM』577 pp.5-37 02.4
(3 論文)ポータブル蛍光X線分析装置による大将軍八神社所蔵神像群の彩色材料調査(早川泰弘、津田徹英)
 『MUSEUM』582 pp.37-47 03.2
(3 論文)埼玉稲荷山古墳出土金錯銘鉄剣の金象嵌銘文の蛍光X線分析(早川泰弘、三浦定俊、大森信宏、青木繁
 夫、今泉泰之) 『保存科学』42 pp.1-18 03.3
(5 学会発表)国宝源氏物語絵巻にみられる彩色材料について(早川泰弘、三浦定俊、四辻秀紀、徳川義崇、名児
 耶明) 日本文化財科学会第19回大会 明治大学 02.7.6 190
(5 学会発表)古墳から出土した資料の鉛同位体比(榎本淳子、早川泰弘、平尾良光) 日本文化財科学会第19
 回大会 明治大学 02.7.6
(5 学会発表)中国夏商周時代青銅器の鉛同位体比(平尾良光、早川泰弘、金正耀、鄭光、楊錫璋) 日本文化財
 科学会第19回大会 明治大学 02.7.7
(5 学会発表)鉛同位体比を用いた文化財材料の産地推定(平尾良光、早川泰弘) 第6回分析化学東京シンポジ
 ウム 幕張メッセ 02.9.6
(5 学会発表)Analysis of Polychrome Sculptures by Portable XRF(Y.Hayakawa, S.Miura, T.Tsuda),
 Pittsburgh Conference 2003, Florida, 03.03.12
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、日本鉄鋼協会、電気化学会化学センサ研究会、文化財保存修復学会、
 日本文化財科学会
(8 教育)女子美術大学非常勤講師
2001年度 (保存科学部)
(3 論文)大倉文化財団普賢菩薩騎象像の表面彩色の蛍光X線分析 『東京国立博物館研究誌 MUSEUM』574
 pp.32-36 01.1
(3 論文)Analysis of the Pigments Used in the Scroll Paintings of the Tale of Genji, National Treasure, by
 Portable X-ray Fluorescence Spectrometer (K.Sugihara, K.Tamura, M.Satoh, Y.Hayakawa, Y.Hirao,
 S.Miura, H.Yotsutsuji, Y.Tokugawa) 『Advances in X-ray Analysis』44 pp.432-441 Kluwer Academic /
 Plenum 02.01
(3 論文)国宝源氏物語絵巻にみられる彩色材料について(早川泰弘、三浦定俊、四辻秀紀、徳川義崇、名児耶明)
 『保存科学』41 pp.1-14 02.03
(4 解説)携帯型蛍光X線分析装置 『ぶんせき』11 pp.593-598 日本分析化学会 01.11
(4 解説)研究の始め方と終わり方 『Science & Technology Journal』12 pp.54-55 科学技術振興財団 01.12
(4 解説)文化財保存と分析化学 日本分析化学会50周年記念誌 日本分析化学会 02.3
(5 発表)山形県三崎山出土青銅製刀子の鉛同位体比(平尾良光、鈴木浩子、早川泰弘、井上洋一) 日本文化財
 科学会第18回大会 01.6.23
(5 発表)蛍光X線分析による文化財のその場分析 第5回分析化学東京シンポジウム 01.9.7
(5 発表)ポータブル蛍光X線分析装置による彫刻の表面彩色の分析(早川泰弘、三浦定俊、津田徹英) 日本分
 析化学会第50年会 01.11.23
(6 講演)蛍光X線分析による壁画顔料のその場分析 中国壁画研究協議会 02.2.20
(7 所属学会)日本分析化学会、日本化学会、日本鉄鋼協会、電気化学会化学センサ研究会、文化財保存修復学会、
 日本文化財科学会
(8 教育)女子美術大学非常勤講師
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所