東京文化財研究所 > 刊行物 > 研究会 キャスリーン・サロモン氏(ゲッティ研究所副所長)講演会―日本美術資料の国際情報発信に向けて

研究会 キャスリーン・サロモン氏(ゲッティ研究所副所長)講演会
―日本美術資料の国際情報発信に向けて

戻る

 日時:2017(平成29)年12月6日
 会場:東京国立博物館 黒田記念館セミナー室
 企画・主催:東京文化財研究所文化財情報資料部
 協力:文化庁

 講   演 14:00-16:20
 講 演 題 目 Broadening our horizons: the Getty Research Institute and the
       dissemination of art research information internationally
       「視野の拡大に向けて:ゲッティ研究所と美術研究情報の国際的発信」
       (英語、逐次通訳)
 講   師 Kathleen Salomon,
       Associate director, the Getty Research Institute
       キャスリーン・サロモン(ゲッティ研究所副所長)
 ディスカッション 16:35-17:20
 司   会 山梨絵美子(東京文化財研究所副所長)
 コメンテーター 川口雅子(国立西洋美術館)
 懇談会(フリー・ディスカッション) 17:20-17:45

キャスリーン・サロモン氏講演風景
ディスカッション風景
 本研究会は、文化庁委託「著名外国人招へいによる日本美術の発信をテーマとした調査研究事業」の一環として行われました。キャスリーン・サロモン氏の講演原稿(英語・日本語)および発表スライド、川口雅子氏による講演へのコメントの原稿(日本語)および発表スライド、討議の抄録を報告書としてまとめました。

『研究会 「キャスリーン・サロモン氏(ゲッティ研究所副所長)講演会―日本美術資料の国際情報発信に向けて」報告書』(PDF7.54MB)


--------------------------------------------------------------------------------------------
このページの著作権は東京文化財研究所に帰属します。コンテンツデータの全部、又は一部を無断で複製、転載、配布することを禁止します。
Copyright 2018. Independent Administrative Institution National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, Japan.
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所