東京文化財研究所 > 研究所概要 >"人"を育てる

研究所概要 "人"を育てる

戻る

博物館・美術館等保存担当学芸員研修
Training for museum curators in charge of conservation

 資料保存を担当する学芸員が、環境管理や評価、改善などに必要な基本的な知識や技術を習得することを目的として、1984年より毎年行っています。受講者は都道府県教育委員会を通じて募集しており、2017年度は7月10日から21日までの実施を予定しています。
 Since 1984, training on conservation science has been organized in Japanese for museum curators to impart knowledge concerning ways to exhibit and preserve cultural properties in good environmental conditions.


実習風景
Training for museum curators



連携大学院教育/システム保存学/東京藝術大学大学院美術研究科 文化財保存学専攻
Graduate course organized in collaboration with the Tokyo University of the Arts

 当研究所は1995年4月より東京藝術大学と連携してシステム保存学コースを開設し、21世紀の文化財保存を担う人材を育成しています。システム保存学は文化財の保存環境を研究する保存環境学講座と、保存修復に用いる材料について研究する修復材料学講座の2講座から成り、6名の所員が連携教員として授業を開講しています。入学試験は修士課程が9月、博士後期課程が2月に行われています。
 The Institute has been providing a graduate course on preventive conservation in collaboration with the Tokyo University of the Arts since 1995. This course consists of two divisions: one concerning environmental influence on cultural properties and heritage, and the other concerning conservation materials.
 Six members of the Institute participate as adjunct professors in the program Screening for admission tothe master's program is conducted in September and that for the doctor's program in February.


保存環境計画論の授業風景
Lecture on conservation planning



日本の伝統的修復技術に関する海外ワークショップ
Overseas workshops on traditional Japanese restoration techniques

 高度な伝統的修復技術を要する日本古美術品のうち、海外の美術館等が所蔵する絵画及び漆工芸品の修復に協力する事業の一環として、現地の協力のもとドイツのケルンとベルリンにて保存修復関係者を対象とするワークショップを開催し、わが国の修復技術に対する理解の深化と技術交流の促進を図っています。
 Within the framework of a program to provide cooperation in the restoration of paintings and urushi (Japanese lacquer)ware from amongst ancient Japanese art objects held in museum collections overseas that require the use of highly specialized traditional restoration techniques, workshops targeted to conservation experts are held in Germany, one in Cologne and another in Berlin, in order to promote deeper understanding and exchange of techniques related to Japanese conservation methods.

ワークショップ「紙本絹本文化財の保存と修復」
Workshops on the Conservation of Japanese Art Objects on Paper and Silk



文化遺産国際協力拠点交流事業における人材育成協力
Cooperation in capacity development within the projects of Networking Core Centers for International Cooperation on Conservation of Cultural Heritage

 文化遺産国際協力を効果的、継続的に実施するためにも、諸外国の文化遺産保護担当機関との交流および協力を通じた人材育成が求められています。文化庁からの委託事業として、ネパール(2016年度~)、トルコ(2017年度~)、ミャンマー(2013~15、17年度~(奈良文化財研究所からの再委託))との交流 事業を実施しています。相手国の専門家を日本に招へいし、また日本から専門家を相手国に派遣し、ワークショップや研修等を実施することによって、文化遺産保護に係る人材育成と技術移転を行っています。
 In order to implement international cooperation for cultural heritage in an effective and continuous manner, it is necessary to train human resources of target countries through exchange and cooperation with the local bodies in charge of the protection of cultural heritage. The Institute has been entrusted by the Agency for Cultural Affairs of the government of Japan to conduct exchange projects with Nepal (FY 2016- ), Turkey (FY 2017-) and Myanmar (FY 2013-15, 17- [re-entrusted by the Nara National Research Institute for Cultural Properties]). Workshops and training courses are held in order to develop capacity and transfer skills and knowledge by both inviting experts from the counterpart countries to Japan and dispatching Japanese experts to the counterpart countries.


気候変動から文化遺産を保護するための
現地ワークショップ(フィジー)
On-site workshop for safeguarding cultural heritage
against climate change (Republic of Fiji)

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所