東京文化財研究所 > 研究所概要 > トピックス4

研究所概要 トピックス4

戻る

文化財アーカイブの構築
Constructing a cultural properties archive

 当研究所では、有形・無形の文化財について人文科学・自然科学など多様な観点から調査研究を行い、その研究成果を公にしてまいりました。当研究所には、長年にわたる研究活動にともなって、さまざまなかたちの資料が蓄積されています。こうした文化財研究上で有用な研究資料を、当研究所の共有財産としてまとめ、より広く活用していただくための基盤整備を行っています。
 The Institute conducts research on tangible and intangible cultural properties from diverse viewpoints, including those from human and natural sciences. The results of these studies are then made available to the public. A vast array of diverse materials has accumulated at the Institute as part of these activities. Basic organization of these research materials useful in the study of cultural properties as joint assets of the Institute will facilitate their broader utilization.



 また現在では成果や資料をより広く公開することが求められています。わたしたちは、米国ゲッティ研究所・英国セインズベリー日本藝術研究所など国内外の外部機関と連携をすることによって、世界への情報発信の強化を目指しています。
 The Institute is also seeking ways to make its research results and related materials more widely available. It aims to strengthen the transmission of its information on a worldwide scale by working with the Getty Research Institute, Sainsbury Institute for the Study of Japanese Arts and Cultures and other overseas institutions.

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所