東京文化財研究所 > 研究所概要 > 沿革

研究所概要 沿革

戻る

沿革 HISTORY
   
昭和5年6月28日 帝国美術院に附属美術研究所が設置される。
昭和22年5月3日 国立博物館附属美術研究所となる。
昭和25年8月29日 文化財保護委員会の附属機関となる。
昭和26年1月31日 第一研究部、第二研究部、資料部、庶務室が置かれる。
昭和27年4月1日 美術研究所は、東京文化財研究所となり、美術部、芸能部、保存科学部、庶務室が置かれる。
昭和29年7月1日 東京文化財研究所は、東京国立文化財研究所となる。
昭和36年9月16日 庶務室は、庶務課となる。
昭和43年6月15日 文部省設置法の一部が改正され、文化庁の附属機関となる。
昭和48年4月12日 修復技術部が置かれ、4部1課となる。
昭和52年4月18日 情報資料部が置かれ、5部1課となる。
昭和59年6月28日 文部省組織令が改正され、文化庁の施設等機関となる。
平成2年10月1日 アジア文化財保存研究室が設けられ、5部1室1課となる。
平成5年4月1日 アジア文化財保存研究室は、国際文化財保存修復協力室となる。
平成7年4月1日 国際文化財保存修復協力センターが設けられ、1センター5部1課となる。東京藝術大学大学院と連携講座を開設。
平成12年2月4日 新営庁舎(新館)竣工を記念し、開所記念式典を挙行。この日を開所記念日と定める。
平成13年4月1日 東京国立文化財研究所は、独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所となり、1センター5部1協力調整官―情報調整室となる。
平成18年4月1日 協力調整官―情報調整室は企画情報部、芸能部は無形文化遺産部、国際文化財保存修復協力センターは文化遺産国際協力センターとなり、1センター6部となる。
平成19年4月1日 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所となる。美術部を企画情報部に、保存科学部と修復技術部は保存修復科学センターに統合、3部2センターとなる。
平成22年4月1日 管理部は研究支援推進部となる。
平成28年4月1日 企画情報部は文化財情報資料部となり、保存修復科学センターは保存科学研究センターとなる。
   
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所