『日本美術年鑑』(当研究所刊行)所載物故記事indexへ

佐和隆研 (学) 昭和58年1月5日没

 嵯峨美術短期大学学長、密教図像学会会長で密教美術研究の第一人者である佐和隆研は、1月5日午前11時3分、急性心不全のため京都市右京区泉谷病院で死去。享年71。明治44(1911)年3月9日、広島県佐伯郡に生まれた。昭和10年3月、京都帝国大学文学部哲学科(美学美術史専攻)を卒業後、同年4月から同大学大学院に進むと同時に醍醐寺霊宝館主事に就任した。同12年4月、大学院を中退し高野山大学仏教芸術科に専任の講師として赴任し、同15年4月から助教授、17年4月に教授となり、24年3月まで仏教芸術学科主任教授であった。同年6月からは京都市立美術専門学校教授に就任し、翌25年4月から同校が京都市立美術大学として発足するにともない同大学教授となり、同38年12月から40年12月までは京都市立美術大学附属図書館長を併任した。さらに同大学が名称変更して京都市立芸術大学となった44年4月から美術学部長を、つづいて同46年10月からは49年5月に退職するまでの2年5ケ月間、同大学の学長をつとめた。その後、同年10月からは嵯峨美術短期大学に学長として迎えられた。

 専門とする研究分野は日本の密教美術であったが、インド・東南アジア美術にも及んだ。研究活動は、京都帝大大学院に進むと同時に就任した醍醐寺霊宝館主事としての宝物調査から始まり、密教美術の宝庫である醍醐寺に所蔵される宝物に関する研究の成果は『図像』(昭和15年)、仏教図像集の中の『醍醐寺蔵十二天形像』(同17年)さらに『密教美術』(古文化叢刊、同22年)として発表され、日本における密教美術史研究の基礎を固めた。敗戦後に意欲的に発表された研究論文の中から一部を選んで『密教美術論』(同30年)、『日本の密教美術』(同36年)が刊行され、密教美術研究史上画期的な成果をあげた。『日本の密教美術』に対し同37年3月、京都大学より文学博士の学位が授与された。この頃から密教美術の源流を究明するためにインド・東南アジア美術の研究に着手し、同35年、39年、42年に海外学術調査を実施し、その報告が『仏教の流伝−インド・東南アジア−』(同46年)、『密教美術の源流』(57年)として刊行された。また近年にはこれまでの研究成果をまとめ或いは増訂した『日本の仏教美術』(同56年)、『白描図像の研究』(57年)が相ついで著わされた。

 密教美術研究を進める一方、研究者に基礎的資料を提供するための多くの企画の発案者推進者であった。すなわち『仏像図典』(37年)、『密教辞典』(50年)など辞典類の刊行、『御室版両部曼荼羅集』(47年)、『弘法大師行状絵巻』(48年)など複製類の刊行、『弘法大師真蹟集成』(48〜49年)、『密教美術大観』の編集刊行は研究者を大いに稗益するものであった。また醍醐寺や石山寺に所蔵される宝物・古文書・聖教類の調査と整理を毎年実施し『醍醐寺総合調査目録・第一巻(仏画・肖像画・白描画像之部)』(46年)が公表された。

 さらに研究の発展を願って研究誌『仏教芸術』の創刊に努力し、亡くなるまで編集と執筆の両方に活躍した。また、密教学、仏教史学、美術史学の研究者を結集した密教図像学会の設立を提唱し、同56年9月、推されてその初代会長に就任した。なお、研究活動を開始した醍醐寺霊宝館にあっては戦後に主事から館長となる一方、同52年醍醐寺文化財研究所の所長に就任、翌年からは「研究紀要」が創刊されている。

 また、密教美術を一般の人々に紹介する概説書の刊行にも力を注ぎ、著書『密教の美術(日本の美術8)』(同39年)、編著『仏像図典』(37年)、『仏像−心とかたち−』(40年)は多くの人々に迎えられ、とくに後者は同40年の第19回毎日出版文化賞を受賞した。主な著書は次の通り。

醍醐寺蔵十二天形像(仏教図像集)便利堂昭和15年2月
図像アトリヱ社同15年10月
高野山便利堂同22年8月
密教美術(古文化叢刊32)大八州出版同22年9月
密教美術論便利堂同30年11月
日本の密教美術便利堂同36年5月
仏像案内吉川弘文館同38年9月
日本の仏像(日本歴史新書)至文堂同38年10月
密教の美術(日本の美術8)平凡社同39年8月
仏教美術入門(教養文庫)社会思想社同41年9月
日本密教−その展開と美術−(NHKブックス48)日本放送協会同41年10月
醍醐寺(秘宝8)講談社同42年10月
仏像の流伝−インド・東南アジア−法蔵館同46年11月
空海の軌跡毎日新聞社同48年6月
密教の寺−その歴史と美術−法蔵館同49年11月
醍醐寺(寺社シリーズ1)東洋文化社同51年3月
隨論密教美術美術出版社同52年7月
日本の仏教美術三麗社同56年12月
密教美術の源流法蔵館同57年3月
白描図像の研究法蔵館同57年11月
空海とその美術朝日新聞社同59年3月

小川善三郎 (工・染織) 昭和58年1月14日没

 国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)で、献上博多織の第一人者として知られる小川善三郎は、1月14日午後11時23分、心筋こうそくのため、福岡市城南区の福岡大学医学部附属病院で死去した。享年82。明治33(1900)年7月15日、福岡市に、博多織職二代目小川熊吉の長男として生まれた。本来の博多織とか仙台平には、女性の体力では不可能な限界があり、職人は男子と決まっていたから、長男善三郎の出生は、小川家の博多織職三代目がその時点で決定していた。従って幼少時より父親の側で年令相応の手伝いをして博多織に馴染んで成長した。

 大正2(1913)年、小学校を卒業と同時に、福岡市内の原竹織工場に住み込み弟子として入門、6ケ年間の修業を勤めあげ、年季あけとなる。同時(大正8年)に、市内の阿部織工場に、職人として入社する。この工場主の阿部萬次郎は、当時の博多織業界随一の技術と評価され、その作品は高貴筋への献上品となっていた。この工場主に見込まれて、特訓が行われ、その指導のもとに小川善三郎の本格的な献上博多織の研究と技法の習練が行われ、卓越した手腕の基礎が築かれた。大正14(1925)年阿部萬次郎工場を退職。昭和2(1927)年、松居博多織工場に入社、昭和26(1951)年退社し、昭和27(1952)年より独立して自営業となる。

  • 昭和35(1960)年 東京高島屋での百選会で優選賞。
  • 昭和37(1962)年 福岡市主催の求評会で、この年から三年連続特別賞。
  • 昭和43(1968)年 10月、福岡県無形文化財博多織保存者に認定。
  • 昭和45(1970)年 福岡県教育功労者として表彰。
  • 昭和46(1971)年4月23日 重要無形文化財博多織保持者に認定。
  • 昭和48(1973)11月 勲四等旭日小綬章を受章。

八木正 (彫) 昭和58年1月18日没

 板をつなぎあわせた独自の立体作品を発表していた八木正は、1月18日急性白血病のため死去した。享年26。昭和31(1956)年7月10日、陶芸家八木一夫と織物作家高木敏子の二男として京都市東山区に生まれる。同50年京都市立日吉ケ丘高校普通科を卒業。同54年京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業し、同大美術専攻科に進学。同56年同科を修了する。大学在学中の同53年京都府彫刻展に出品。翌年より毎年個展を開く。はじめは木彫作品を制作したが、のちに生地の板をつなぎあわせた立体へと移行し、やがて着色した板と生地の板を並列させたり、板の表面に凹凸をもたせたりするようになった。「人がものと等価であるようなあり方」を作品化することを追求していた。京都芸術短期大学、インターナショナル・デザイン学校などで講師をつとめる。同58年、東京伊奈ギャラリー、京都芸術短期大学ギャラリー楽で遺作展が開かれた。


倉田文作 (学) 昭和58年1月23日没

 奈良国立博物館長、文化財保護審議会専門委員倉田文作は、1月23日肝腫瘍のため、奈良市の博物館長宿舎で死去、享年64。大正7(1918)年4月17日、画家、倉田重吉(白洋・春陽会創設者)の次男として千葉県安房郡に生まれた。長野県立上田中学校を経て昭和15年青山学院文学部英文科卒業、ついで同17年早稲田大学文学部文学科を卒業の後、同19年東洋美術国際研究会嘱託となる。同20年文部省社会教育局嘱託、22年国立博物館に入り、調査課嘱託を経て、23年文部技官、25年文化財保護委員会事務局美術工芸課彫刻部勤務となる。以後、同34年彫刻部主査、39年文化財調査官、41年事務局美術工芸課長を歴任、44年東京国立博物館学芸部長に転じる。同47年文化庁文化財保護部文化財鑑査官、50年奈良国立博物館長に就任、51年からは文化財保護審議会専門委員に任じた。この間、全国にわたる文化財調査をもとに、専門とする日本彫刻史の研究に多大な成果をあげ、国宝・重要文化財の指定を数多く手掛けた。また、修理保存、展示公開などに豊富な経験を有し、文化財行政の指導助言に当たり、生涯を通じ常にその第一線にあった。国立国際美術館評議員会評議員、国立歴史民俗博物館展示企画委員、国際交流基金運営審議会委員、奈良県及び和歌山県文化財保護審議会委員、日本放送協会近畿地方放送番組審議会委員、日本展示学会評議員会評議員、日本伝統工芸展鑑査委員など、多くの役職をもつ。国内のみならず海外においても、東洋美術品の調査研究はもとより、日米文化教育交流会議専門委員、ユネスコ・ローマ文化財保存修復研究国際センター理事兼財務委員を勤め、その他多くの国際会議に出席し、日本美術の啓蒙、普及、文化財の保護に貢献し、文化財の国際交流での功績も知られるところである。同56年博物館法施行30周年を記念して博物館振興の功績により文部大臣より表彰を受け、同58年従四位に叙せられ勲二等瑞宝章を受章した。

主要著作目録

著書・編著

長野県文化財図録(美術工芸篇)長野県教育委員会昭和30年2月
観世音寺重要文化財仏像修理報告書福岡県教育委員会昭和35年3月
仏像の像内と納入品併せて木彫像の構造論救世熱海美術館昭和40年1月
仏像のみかた(技法と表現)第一法規昭和40年7月
原色日本の美術第5巻密教寺院と貞観彫刻小学館昭和42年6月
奈良六大寺大観第2巻法隆寺2(彫刻)岩波書店昭和43年4月
奈良六大寺大観第8巻興福寺2(彫刻)岩波書店昭和44年7月
日本の美術44 貞観彫刻至文堂昭和45年1月
奈良六大寺大観第4巻法隆寺4(彫刻・書蹟)岩波書店昭和46年5月
ブック・オブ・ブックス 貞観彫刻小学館昭和46年8月
物別展「平安時代の彫刻」(東博特別展記念図録)東京国立博物館昭和47年3月
日本の美術86 像内納入品至文堂昭和48年7月
奈良の寺第16巻 法華堂と戒壇院の塑像岩波書店昭和48年11月
文化財講座「日本の美術」6 彫刻(平安)第一法規昭和51年10月
大和古寺大観第7巻海住山寺・浄瑠璃寺・岩船寺岩波書店昭和53年8月
日本の美術151 二王像至文堂昭和53年12月
在外日本の至宝8 彫刻毎日新聞社昭和55年7月
法華経の美術 共編佼成出版社昭和56年9月
奈良六大寺大観全14巻編集委員岩波書店昭和41〜46年

論文

信州の新資料信濃昭和24年6月
銅造釈迦如来像(御物48体仏の内)ミュージアム昭和26年6月
信濃の清水寺ミュージアム昭和32年5月
東寺の諸像図録『東寺』朝日新聞社昭和33年5月
東寺の八幡三神について大和文華昭和33年6月
中尊寺の諸像図録『中尊寺』朝日新聞社昭和34年11月
集古館木造普賢菩薩像について三彩昭和35年6月
風神・雷神像(妙法院)国華昭和36年1月
奈良来迎寺の善導大師像ミュージアム昭和36年1月
観世音寺の彫刻国華昭和36年8月
慈尊院弥勒仏坐像仏教芸術昭和37年12月
当麻寺本堂発見の板光背、台座残片について当麻曼荼羅図譜文化財保護委員会昭和38年3月
宝生家能面ミュージアム昭和38年7月
園城寺新羅明神像古美術昭和38年10月
熊野本宮家津御子大神像古美術昭和38年10月
甲州善光寺の弥陀三尊信濃昭和39年3月
善光寺如来考国華昭和39年5月
高野山の不動明王像仏教芸術昭和40年3月
東寺の仏像図録『大師のみてら』東寺文化財保存会昭和40年10月
法隆寺阿弥陀如来坐像(金堂)観音菩薩立像1、2奈良六大寺大観法隆寺2 岩波書店昭和43年
仏像彫刻の構造と技法(その1)奈良六大寺大観法隆寺2 岩波書店昭和43年4月
東大寺盧舎那仏坐像奈良六大寺大観東大寺1 岩波書店昭和43年8月
平安時代の金銅仏ミュージアム昭和44年2月
興福寺北円堂四天王立像奈良六大寺大観興福寺1 岩波書店昭和44年7月
興福寺板彫十二神将像奈良六大寺大観興福寺1 岩波書店昭和44年7月
美濃の白山、高賀山の虚空蔵信仰ミュージアム昭和45年4月
興福寺北円堂弥勒仏坐像奈良六大寺大観興福寺2 岩波書店昭和45年12月
興福寺世親・無著立像奈良六大寺大観興福寺2 岩波書店昭和45年12月
鎌倉初頭の興福寺再興と鎌倉彫刻奈良六大寺大観興福寺2 岩波書店昭和45年12月
仏像彫刻の構造と技法(その3)奈良六大寺大観興福寺2附録8 岩波書店昭和45年12月
文化財の模写、構造月刊文化財昭和46年4月
法隆寺観音菩薩立像(百済観音)奈良六大寺大観法隆寺2 岩波書店昭和46年5月
法隆寺聖徳太子及侍者像(聖霊院)奈良六大寺大観法隆寺2 岩波書店昭和46年5月
平等院鳳凰堂本尊像の光背ミュージアム昭和46年6月
播磨浄土寺の弥陀三尊像仏教芸術昭和46年6月
会津勝常寺の薬師三尊像ミュージアム昭和46年9月
叡尊をめぐる仏師たち奈良六大寺大観西大寺 岩波書店昭和48年5月
文化財の国際交流(ユネスコ専門家会議報告)文化庁月報昭和51年6月
鶴林寺太子堂の来迎壁について文化庁月報昭和51年7月
像内納入品について重要文化財別巻1附録 毎日新聞社昭和53年1月
カルコン・交流美術における美術品のケアに関する会議文化庁月報昭和53年1月
鎌倉・室町時代の美術 光村印刷昭和53年2月
博物館、美術館のコレクション文化庁月報昭和53年3月
河内の国宝仏像仏教芸術昭和53年8月
稲沢の美術『稲沢市史』研究編2昭和54年1月
第10回カルコン報告文化庁月報昭和55年9月
最近のイクロムの活動古文化財の科学25号昭和55年12月
若狭の文化若狭の古寺美術昭和56年6月
ジャパンハウス・ギャラリーの法隆寺展文化庁月報昭和56年10月
イクロムの現状と近い将来文化庁月報昭和57年7月

伊藤廉 (洋) 昭和58年1月24日没

 東京芸術大学名誉教授、愛知県立芸術大学客員教授の洋画家伊藤廉は、1月24日午後0時3分、肺炎のため名古屋市の国立名古屋病院で死去した。享年84。明治31(1898)年10月7日、愛知県名古屋市に生まれる。本名廉。大正6年愛知県立第一中学校を卒業し明治大学文学部に入学するがすぐに中退。同9年東京美術学校西洋画科に入学する。同科在学中の同12年第10回二科展に「室内」で初入選。同14年同校を卒業する。昭和2年から5年まで滞欧し、帰国の年第17回二科展に滞欧作15点を特別出品して二科賞を受けるが、同年同会を退き、翌6年林武らと独立美術協会を結成。同会には創立会員として力作を発表し続けるが同12年第7回展の出品を最後に脱会。同18年第18回国画会展から同会に会員として参加する。また、同33年からは国際具象派展にも出品。初期には人物画を多く画いたが、1930年代初頭から静物画に転じ、物の存在について追求を始め、戦後の同26年に胸を患ってのち一層その思索的傾向を強めた。無花果や密柑などを落ち着いた色調で描き、独自の静謐な画風を示す。同21年東京芸術大学講師に就任して以来美術教育にも尽くし、同29年に同大教授、同36年には同美術学部長となり、同41年停年退官して同大名誉教授となる。同年からは愛知県立芸術大学美術学部長をつとめ、同47年停年退職し同客員教授となる。また、同33年より第2、3、6−8、11回安井賞選考委員をつとめた。『セザンヌ覚書』『絵の話』ほか多数の著書があり、同56年には『伊藤廉画集』が刊行されている。没後「伊藤廉記念賞」が設定された。

団体展出品歴

  • 1923 第10回二科展 「室内」
  • 1924 第11回二科展 「楽器のある静物」「卓上静物」
  • 1925 第12回二科展 出品せず
  • 1926 第13回二科展 「少年」「腕組める裸婦」「花などの静物」「裸婦習作」
  • 1927 第14回二科展 「裸婦」「画室のモデル」「静物」「蔓性薔薇など」
  • 1928、29 出品せず(滞欧)
  • 1930 第17回二科展 特別出品「フオトイユにねむる女」「M・B・Cの肖像」「緑色のジレ」「フオトイユに休む女」「窓による女」「肖像」(3点)「静物食卓」「窓に近く」「レ・フラテリエ」「ある労働者の肖像」「パンフレをよむ女」「ヨッパラヒ」
  • 1931 第1回独立展 「新聞をよむ女」「肖像」「風景海」「裸体習作」「労働者区料理店」「頭」「窓による」「ナポリの浮浪者」「水浴構図」「半身」
  • 1932 第2回独立展 「手紙をかくブルトンヌ」「海(エトルタ)」「夏」「ギター奏手」
  • 1933 第3回独立展 「岩山」(5点)「登山用具静物」
  • 1934 第4回独立展 「虎」
  • 1935 第5回独立展 「雨霽(熊野川)」「静物」
  • 1936 第6回独立展 「群猿」
  • 1937 第7回独立展 「生蕃」
  • 1943 第18回国展 「雉子」
  • 1944 第19回国展 「柘榴静物図」
  • 1946 第20回国展 「佛頭不動明王鬼面百点の内」
  • 1947 第21回国展 「赤い卓」「雨上り」
  • 1947 第22回国展 「八角瓶と柘榴」「雨上る」
  • 1948 第23回国展 「硝子器」「桃と水差し」「鳩と水差し」
  • 1949 第24回国展 「牛と静物」「牛のゐる風景」「窓辺静物」
  • 1950−55 出品せず
  • 1956 第30回国展 「無花果一顆」
  • 1957 第31回国展 「無花果五ツ」
  • 1958 第32回国展 「蜜柑」
  • 1959 第33回国展 「蜜柑五箇」
  • 1960 第34回国展 「葉上無花果」
  • 1961 第35回国展 出品せず
  • 1962 第36回国展 「西洋梨」「柚子」
  • 1963 第37回国展 「レモン」「円卓レモン」
  • 1964 第38回国展 「洋梨」
  • 1965 第39回国展 「静物」
  • 1966 第40回国展 「レモンとイチジク」
  • 1967から出品せず73年11月退会。


高橋道八 (工・陶) 昭和58年1月26日没

 京焼の名門道八焼の陶工第7世高橋道八は、1月26日午後8時33分、老衰のため京都市東山区の自宅で死去した。享年72。明治44(1911)年、6世高橋道八の息子として京都に生まれ、昭和11年第7世を継いだ。宝暦末に伊勢亀山藩主高橋八郎太夫の次男道八により始められた道八焼の伝統を守り、茶器を中心に制作し黒釉を得意とした。


緑川廣太郎 (洋) 昭和58年1月30日没

 独立美術協会会員の洋画家緑川廣太郎は1月30日午後5時、急性肺炎のため東京都世田谷区の玉川病院で死去した。享年78。明治37(1904)年3月18日、母親の療養先であった横浜市に生まれる。父、緑川南甫は東京柳橋で紺屋を営む染色家。柳橋で育ち、私立明治中学校を中退。大正9年より本郷洋画研究所に学ぶ。のち小島善太郎の門をたたき師事する。昭和8年第3回独立展に「風景」で初入選し、以後同展に出品を続ける。同15年第10回展に「黄土」を出品して独立賞を受け、同17年同会々友、同24年同会員となる。戦前は官展にも参加し、同18年第6回文展に「朝」を、翌年戦時特別展に「漁夫」を出品して二年連続特選となる。同38年日本国際美術展に招待出品。同41年第34回独立展に「祈る」「祈る人」を出品して児島賞を受ける。同44年から翌年にかけシルクロードを訪れ以降たびたび同地に取材してその風景を描き続けた。同52年紺綬褒賞を受けている。代表作には前期の受賞作のほか昭和30年代の「サーカス」「水門」、東京芸術大学資料館蔵「西城の月」、法政大学蔵「高砂族の人々」などシルクロード関係の作品がある。


山下寿郎 (建) 昭和58年2月2日没

 工学博士、日本建築士事務所協会連合会名誉会長の建築家山下寿郎は、2月2日午後2時45分、肺炎のため、東京都文京区の自宅で死去した。享年94。明治21(1888)年4月2日、山形県米沢市に生まれる。同45年東京帝国大学工科大学建築学科を卒業。同年三菱合資会社技師となり、芝浦製作所、三井合名会社の建築事務嘱託を経て昭和3年山下寿郎建築事務所を創立。同23年株式会社山下寿郎設計事務所に組織変更し同社長となり、同34年取締役会長となる。同49年同事務所を株式会社山下設計に再び組織変更し同最高顧問となり、同56年同名誉顧問となった。この間、大正6年アメリカ、カナダに渡り、同39、42年欧米を、同46年オーストラリアを、翌年アメリカを訪れる。また、東大工学部(1920〜48年)、秋田鉱山専門学校(1925〜27年)で講師として教鞭をとる。同26年一級建築士、同39年工学博士となる。通産省日本工業標準調査会委員、建設省中央建築士審議会委員、日本建築設計監理協会々長、日本建築士会連合会理事をつとめ、日本建築学会名誉会員となる。同47年勲三等旭日中綬章受章。代表作には宮城県民会館、両羽銀行千葉寮(以上1964年、日本科学防火協会優秀防火建築賞)、東北学院大学七北田学生寮(1967年、同賞)、仙台市庁舎(1967年、建築業協会賞)、日本初の超高層霞ケ関ビル(1969年、同賞及び日本建築学会賞)、岡山市庁舎(1970年、建築業協会賞)、高槻市庁舎(1972年、同賞)、NHK放送センター(1972年)などがある。また、『報酬加算式建築施工契約制度』(1966年、彰国社)を著している


武井武雄 (童画) 昭和58年2月7日没

 大正期に童画のジャンルを確立した童画家で児童文学者の武井武雄は、2月7日心筋こうそくのため東京都板橋区の自宅で死去した。享年88。明治27(1894)年6月25日長野県岡谷市に生まれ、長野県立諏訪中学校を経て大正8年東京美術学校西洋画科を卒業。1年間同校研究科に在籍し、この頃から児童文学雑誌「赤い鳥」に挿絵を描き始めて童画に専念、大正13年に「武井武雄童画展」を開催するに及んで「童画」の名称を定着させた。その後、昭和9年の絵日記「赤ノッポ青ノッポ」の新聞連載や「戦中気侭画帳」、「戦後気侭画帳」などの独特な絵と文で人気を集めた。また、昭和10年頃から紙質、装丁、印刷技術を全て自分で工夫したハガキ大の「刊本」製作に情熱を注ぎ、没年までに百三十種を刊行するに到った。代表作に童画集「廃園の草」「妖精伝奇」などがあるほか、郷土玩具の収集、研究家としても知られ著書に『日本郷土玩具』がある。戦前は日本童画家協会、戦後は日本童画会の創立にあたり、昭和34年紫綬褒章を受章した。


富取風堂 (日) 昭和58年2月12日没

 日本美術院監事の日本画家富取風堂は、2月12日急性気管支炎のため千葉市の国立千葉東病院で死去した。享年90。本名次郎。晩年は穏やかな花鳥画で知られた富取は、明治25(1892)年10月1日東京日本橋に生まれ、同38年歴史画を得意とした松本楓湖の安雅堂画塾へ入門する。同画塾は放任主義教育であったとされ、今村紫紅、速水御舟ら新傾向の作家を輩出したことで知られる。大正3年、楓湖門の先輩紫紅が結成した赤曜会に加わり、自らも目黒に居住する。同会は翌年3回の展覧会を開催し、急進的な日本画の研究会として注目されたが、大正5年紫紅の死をもって解散した。大正4年、再興院展第2回に「河口の朝」が初入選し、その後官展へも出品したが、同9年の院展第7回に入選した「鶏」で草土社風の厳しい細密描写による作風を示し、以後同展へ連続入選を果し、同13年日本美術院同人に推挙された。その後、昭和12年第24回院展出品作「葛西風景」あたりから、その作風は素朴な趣を見せ始める。戦後は、同33年財団法人となった日本美術院の評議員となり、同41年第51回院展に「母子の馬」で文部大臣賞を受賞、同44年には日本美術院監事となる。この間、同42年に千葉県文化功労者として表彰された。また、同51年からは横山大観記念館常務理事をつとめた。没後葬儀は日本美術院葬として執行され、同美術院理事長奥村土牛が葬儀委員長をつとめた。

再興院展出品目録

  • 大正4年 河口の朝
  • 大正9年 鶏
  • 大正10年 北国の冬
  • 大正11年 芍薬
  • 大正12年 漁村早春/山邑首夏
  • 大正13年 踊の師匠/唄の師匠(同人推挙)
  • 大正14年 枯梢小禽図
  • 大正15年 細流青蘆/石橋釣客/雛妓納涼図
  • 昭和2年 野菜図
  • 昭和3年 遊鯉(其一)(其二)
  • 昭和4年 さくら/柳
  • 昭和5年 芍薬
  • 昭和6年 朝光(葛飾二景の内浦安)/薄光(葛飾二景の内中川)
  • 昭和7年 軍鶏
  • 昭和8年 雪後争鳥
  • 昭和9年 もみぢづくし
  • 昭和10年 花蔭
  • 昭和11年 斜陽(夏すがた其一)/夜(夏すがた其二)
  • 昭和12年 葛西風景
  • 昭和13年 厩舎
  • 昭和14年 丘の畑
  • 昭和16年 午日/潮騒
  • 昭和17年 漁村の初夏
  • 昭和18年 秋の草
  • 昭和21年 朝顔/夕
  • 昭和22年 村荘晩春/暮雨/夕映
  • 昭和23年 沼畔残照
  • 昭和24年 仔馬
  • 昭和25年 漁港の朝
  • 昭和26年 夕顔
  • 昭和27年 洋蘭
  • 昭和28年 花
  • 昭和29年 花篭
  • 昭和30年 初秋
  • 昭和31年 群魚
  • 昭和32年 花
  • 昭和33年 秋彩/蟹
  • 昭和34年 残照
  • 昭和35年 夕
  • 昭和36年 駅路
  • 昭和37年 暮色
  • 昭和38年 雨の花
  • 昭和39年 親子猿
  • 昭和40年 河畔
  • 昭和41年 母子の馬(文部大臣賞)
  • 昭和42年 群魚/厩二題
  • 昭和43年 ばら園
  • 昭和44年 朝
  • 昭和45年 樹映
  • 昭和46年 麦秋
  • 昭和47年 初夏
  • 昭和48年 池畔
  • 昭和49年 秋の畑
  • 昭和50年 うすれ陽
  • 昭和51年 初夏
  • 昭和52年 残雪
  • 昭和53年 猿と葡萄
  • 昭和54年 緑雨


森田慶一 (建) 昭和58年2月13日没

 京都大学名誉教授、東海大学工学部教授の森田慶一は2月13日早朝死去した。享年97。明治28(1895)年4月18日三重県に生まれる。県立三重第一中学校、第三高等学校を経て、大正9年東京帝国大学工学部を卒業、同年、芸術革新運動を唱う分離派建築会に参加する。同10年内務大臣官房都市計画課に入り、翌年京都帝国大学助教授となり建築材料学、設計製図の指導にあたる。昭和3年「月刊建築学研究」に「ヴィトルヴィウスの10のカテゴリーに対するヨルレスの説」を発表し、ウィトル=ウィウスを紹介するとともに建築論の礎を築く。同9年工学博士となり京都帝国大学教授に昇格、同33年退官し名誉教授となるまで長く同大で後進の育成に尽くし、同38年から54年までは東海大学工学部教授として教鞭をとる。同49年日本建築学会大賞を受賞。『ウィトル=ウィウス建築書』の日本語訳、『西洋建築史概説』『建築論』他の著書があり、京都大学の農学部正門と楽友会館の設計を手がけている。


高橋進 (洋) 昭和58年2月21日没

 行動美術協会会員の洋画家高橋進は、2月21日午前4時35分、急性心不全のため、東京都町田市の伊藤病院で死去した。享年72。明治43(1910)年7月29日、韓国の大邸市に生まれる。本名金昌徳。昭和5年大阪中之島洋画研究所に入り小出卓二らに師事。同10年「ふたり」で第22回二科展に初入選し、同展および全関西美術展に出品を続ける。同22年第2回行動展に「立てる子供」「井戸端」「樹下」を初出品して友山荘賞を受け、翌年同会会員となり、以後同展に出品を続ける。「アジアの悲しみのようなテーマを描きたい」と語り、働く人々、戦争などの社会問題に苦しむ人々を主題として、線を生かした柔かい色調の画面をつくり上げる。同42年第22回行動展出品作「切れたテープ」は創立賞を受賞、太陽展などにも出品していたが、同48年病に倒れ、第28回行動展に「432」「ふたり」を出品したのを最後に長期療養生活を送っていた。


狭間二郎 (洋) 昭和58年2月21日没

 独立美術協会会員の洋画家狭間二郎は2月21日午後9時30分、急性肺炎のため神奈川県相模原市の相愛病院で死去した。享年81。明治36(1903)年1月29日宮城県栗原郡に生まれる。本名菅原芳助。大正8年宮城県築館中学校を卒業し早稲田大学第二高等学院に入学。同校在学中、川端画学校へ通う。昭和5年早稲田大学文学部英文科を卒業。翌年河北新聞社記者となる。同9年東北展に油絵「鯔」、木版画「鷽」を出品し初入選。同12年「風景」で独立展に初入選し、以後同展に出品を続ける。同13年より林武に、15年より野口弥太郎に師事。同17年第12回独立展に「東北の野」「林間」を出品し前者で独立賞を受賞。翌年兵役につき樺太、中支に赴く。同21年復員し郷里一迫で制作を再開し、同23年独立美術協会会員となる。同25年仙台独立グループを結成し、同28年河北美術展委員、同30年同展顧問となり、同39年には東北独立展を開くなど仙台を中心とする洋画の発展に寄与する。同41年病を得、右半身不随、言語障害となったが左手に絵筆を持って制作を続ける。同46年上京。翌年以降独立展に出品していないが、制作は続けた。代表作に第11回独立展出品作「東北(A)」、同第21回展出品作「砂丘」などがある。


加守田章二 (工・陶) 昭和58年2月26日没

 益子焼に近代的に造形をとり入れ注目された陶芸家加守田章二は、2月26日肺炎のため栃木県河内郡の自治医大付属病院で死去した。享年49。昭和8(1933)年4月16日大阪府岸和田市に生まれ、府立岸和田高校在学中から油絵に興味を抱き、卒業後上京して本格的に油絵を学ぶ志をもったがこれを断念し、同27年京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学、教授富本憲吉、助教授近藤悠三の指導を受ける。在学中の同30年の夏、茨城県日立市の大甕窯へ実習へ赴き、この時はじめて益子を訪れ作陶者が個々に窯を持っていることに強く心を惹かれた。同年、新匠会に「鳥文灰釉皿」が入選し佳作賞を受ける。翌31年京都市美大を卒業、学長長崎太郎と富本の勧めで日立市の日立製作所大甕陶苑の技術員となったが、同33年にはこれを辞し、日立製作所の派遣研究生となって益子に移り、塚本製陶所で作陶の研究を始める。翌年、日立製作所を退社し自立、当初は石灰釉、飴釉、灰釉を手がけ、益子の民芸調とは異質の文様、意匠、器形が不評を買ったりしたが、浜田庄司には注目された。同36年日本伝統工芸展に初入選、以後同展には連続入選し、同39年日本工芸会正会員に推挙される。同40年日本伝統工芸展出品の灰釉平鉢が注目され、翌年日本陶磁協会賞を受賞。同42年、東京日本橋高島屋で個展を開催、この時から同38年以来の須恵器風灰釉が本焼土器風のものに変り作風は第二期と呼ぶべき本格的な創作の段階に入った。また、同年第10回高村光太郎賞を受賞し、暮れには東北地方を旅行して岩手県遠野の地形、風土に魅せられ、翌43年の個展(ギャラリー・手、日本橋高島屋)からは遠野の土による面取りの形体の作品を発表する。同43年日本工芸会正会員を辞退して無所属となり、翌44年6月からは遠野市青笹町糠前字踊鹿に窯場と住居を設け弟子と二人での制作に没頭する。その後、制作発表は主に年2・3回開催した個展でなされ、激しい制作意欲にかられながらその作風はほとんど半年毎に変貌を見せた。即ち、同45年の日本橋高島屋での個展における波状曲線文様の器形から、翌年の彩陶波文、さらに同47年の現代陶芸選抜展(日本橋三越)で示した灰緑色の地に施された白の不定形文様を経て、翌48年の個展(日本橋高島屋)では中国・殷の銅器を思わせる重厚な器形に白い色面による不定形な波頭状文様を示すといった展開である。この間、同49年に昭和48年度芸術選奨文部大臣賞を受ける。同54年には東京・久留米に画家の家を購入し陶房とし、同年遠野からは引き揚げた。同55年からは白血病により体力の消耗甚しく、翌年からは専ら入院生活による療養を余儀なくされたが、体調のよい時にはなお、釉付け、窯焼きも行っていた。没後、『加守田章二作品集』(昭和59年)が弥生画廊から刊行された。


小林秀雄 (評) 昭和58年3月1日没

 日本芸術院会員、文化勲章受章者の小林秀雄は、3月1日じん不全による尿毒症と呼吸循環不全のため東京・信濃町の慶応病院で死去した。享年80。わが国における近代批評の確立者とされ、美術論でも多大の影響を与えた小林は、明治35(1902)年4月11日東京市神田区に生まれ、昭和3年東京帝国大学文学部仏蘭西文学科を卒業。翌4年、「改造」の懸賞評論に「様々なる意匠」を応募し二席に入選、すでに成熟した確固たる自己の文体と批評の方法を示した。同8年、川端康成らと「文学界」を創刊し文学批評とともに時事的発言も行ったが、やがて戦況が深まるにつれ日本の古典に沈潜し、また陶器と向いあう沈黙の世界に閉じ込もり、「無常といふ事」(同17年)、「西行」(同年)、「実朝」(同18年)、などの作品を生んだ。戦後の仕事は、「モオツァルト」(同21年)、『近代絵画』(同33年刊)など、音楽、美術論を著した時期、『考えるヒント』(同39年刊)に代表される歴史、思想的エッセーを執筆した時期、そして、同40年から「新潮」に連載し同52年に刊行された『本居宣長』の時代に三分して捉えられている。美術論に関しては、その本格的な出発となった『ゴッホの手紙』(同27年刊、第4回読売文学賞)で示されているように、「意匠」をつき抜けた「天才の内面」を掘りあてることに関心を集中させ、孤独で強靭な作家の姿を浮彫りにした。『近代絵画』(同33年刊、第11回野間文芸賞)においても、画家列伝形式でモネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、ルノワール、ドガからピカソをとりあげ、これを近代芸術精神史というべき域へ昂めている。その他、戦前の陶磁器に関するエッセーをはじめ、美術を論じた執筆は数多い。また、晩年はルオーの作品を愛していたという。同34年日本芸術院会員となり、同44年文化勲章を受章。

美術関係文献目録(『新訂 小林秀雄全集』新潮社刊−昭和53・54年−所収)

  • 第3巻
    • 故古賀春江氏の水彩画展「文学界」昭和8年11月
  • 第9巻
    • 骨董 初出紙未詳。昭和23年9月の執筆か。
    • 眞贋 「中央公論」 昭和26年1月号。
    • 埴輪 『日本の彫刻1上古時代』、美術出版社刊、昭和27年6月。
    • 古鐸 「朝日新聞」 昭和36年1月4日号。
    • 徳利と盃 「藝術新潮」 昭和37年2月号。〈藝術隨想〉と題する連載の第1回。
    • 壷 「藝術新潮」 昭和37年3月号。〈藝術隨想〉の第2回。
    • 鐸 「藝術新潮」 昭和37年4月号。〈藝術隨想〉の第3回。
    • 高麗劍 「藝術新潮」 昭和38年2月号。〈藝術隨想〉の第4回。
    • 染付皿 「藝術新潮」 昭和38年3月号。〈藝術隨想〉の第5回。
    • 信樂大壷 『信樂大壷』、東京中日新聞社刊、昭和40年3月。原題「壷」。〈まへがき〉として執筆された。
  • 第10巻
    • ゴッホの手紙 「藝術新潮」 昭和26年1月〜27年2月
    • ゴッホの墓 「朝日新聞」 昭和30年3月26日号。
    • ゴッホの病氣 「藝術新潮」 昭和33年11月号。
    • ゴッホの繪 『オランダ・フランドル美術』(世界美術大系19)、講談社刊、昭和37年4月。
    • ゴッホの手紙 『ファン・ゴッホ書簡全集』内容見本 みすず書房 昭和38年10月
    • 光悦と宗達 『國華百粹』第四輯。毎日新聞社刊、昭和22年10月。原題「和歌卷(團伊能氏藏)」。
    • 梅原龍三郎 「文體」復刊号、昭和22年12月。文末「附記」はこのエッセイが『梅原龍三郎北京作品集』(石原求龍堂刊、昭和19年11月)の解説のために執筆されたものであることを伝えている。
    • 鐵齋1 「時事新報」 昭和23年4月30日−同5月2日号。原題「鐵齋」。
    • 鐵齋2 「文學界」 昭和24年3月号。原題「鐵齋の富士」。
    • 雪舟 「藝術新潮」 昭和25年3月号。
    • 高野山にて 「夕刊新大阪」 昭和25年9月26日号。
    • 偶像崇拜 「新潮」 昭和25年11月号。原題「繪」。
    • 鐵齋3 『現代日本美術全集』第一巻、座右宝刊行会編、角川書店刊、昭和30年1月。原題「富岡鐵齋」。
    • 鐵齋の扇面 「文藝」増刊号(美術讀本)、昭和30年11月。
    • 鐵齋4 『鐵齋』、筑摩書房刊、昭和32年2月。原題「鐵齋」。
    • 梅原龍三郎展をみて 「讀賣新聞」 昭和35年5月7日号夕刊。
  • 第11巻
    • 近代絵画 「新潮」 昭和29年3月−30年12月号 「藝術新潮」 昭和31年1月−33年2月号。単行本は昭和33年人文書院より刊行。同年普及版を新潮社より刊行。
    • ピカソの陶器 「朝日新聞」 昭和26年3月13日号。
    • マチス展を見る 「讀賣新聞」 昭和26年4月23日号。
    • セザンヌの自畫像 「中央公論」 昭和27年1月号。
    • ほんもの・にせもの展 「讀賣新聞」 昭和31年3月28日号。
    • 私の空想美術館 「文藝春秋」 昭和33年6月号−同八月号。
    • マルロオの「美術館」 「藝術新潮」 昭和33年8月号。
    • 「近代藝術の先駆者」序 『近代藝術の先駆者』、講談社刊、昭和39年1月。同書は『20世紀を動かした人々』全16巻の第7巻。
  • 別巻1
    • 中川さんの絵と文 『中川一政文集』内容見本、筑摩書房、昭和50年5月。
    • 土牛素描 「奥村土牛素描展目録」 昭和52年5月
    • ルオーの版画 『ルオー全版画』内容見本、岩波書店、昭和54年3月
    • ルオーの事 「ルオー展目録」 昭和54年5月、「芸術新潮」 昭和54年6月号に再録


米良道博 (洋) 昭和58年3月16日没

 一陽会創立会員の洋画家米良道博は、3月16日脳こうそくのため大阪府羽曳野市の城山病院で死去した。享年79。号道伯。明治36(1903)年11月10日和歌山県東牟婁郡に生まれ、大正12年和歌山師範学校を卒業、昭和2年大阪へ出て信濃橋洋画研究所に学び、小出楢重、鍋井克之らに指導を受ける。同4年第16回二科展に初入選し以後同展に出品、同14年第26回展に「結髪」「夏の夕」を出品し特待となり、同16年の第28回展に「街道市」を出品し二科会会友に推挙さる。戦後、同22年の二科展から復帰し翌年二科会会員となる。同30年に二科会を退会し、鈴木信太郎、野間仁根、高岡徳太郎ら同志と一陽会を結成、同年の第1回展に「壷のある静物」を出品する。以後、同展に出品するとともに、同35年からは全関西美術展の審査に携わった。また、同50年には那智山青岸渡寺三重の塔の壁画を完成した。初期一陽展への出品には「室内裸婦」(3回)、「窓と裸女」(4回)などの裸体表現や、「富嶽日輪」(9回)などの富士の連作がある。


近藤豊 (工・陶) 昭和58年3月17日没

 京都市立芸術大学教授の陶芸家近藤豊は、3月17日京都市山科の自宅で縊死した。死亡推定時刻は同日午前10時ころ。制作上の悩みが原因かとみられている。昭和7(1932)年12月9日、京都市東山区に陶芸家近藤悠三の長男として生まれる。同30年京都市立芸術大学陶磁器科を卒業、同32年同専攻科を修了する。富本憲吉、藤本能道、および父に師事。同36年同大助手となる。同37年米国インディアナ大学講師として渡米し、翌年欧米各地を視察して帰国。同46年京都市立芸大助教授、のち同教授となる。新匠会展富本賞、京都秀作展新人賞のほか現代朝日陶芸展、米国デポー陶芸展でも受賞。同42年日本陶磁協会賞、同53年「粉華三島鉢」で日本伝統工芸展奨励賞を受賞している。アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなどでも作品を発表し、国際的にも活躍していた。新匠会会員、日本工芸会会員。墨流し、飛鉋、印花、灰釉などを得意としたが、近年は信楽土と赤土を合わせた土の素地に刻印し、黒化粧土をかけた華三島の作品を多く制作し、古典的技術と作風の中に幾何学的文様による現代感覚をもりこんだ作風を示した。


龍一之介 (洋) 昭和58年3月24日没

 新芸術協会会長の洋画家龍一之介は3月24日午前7時35分、肝臓ガンのため東京都新宿区の国立病院医療センターで死去した。享年70。大正2(1913)年2月25日福岡県三池郡に生まれる。本名一。福岡市住吉小学校を卒業し、同15年父と共に上京。武蔵商業に入るが中退。太平洋美術学校で絵を学び、昭和10年第22回光風会展に「静物」で初入選。翌年第13回白日会展に「新宿風景」で初入選、また第4回旺玄社展にも初入選し同展には第8回展まで出品を続ける。この間、同13年から牧野虎雄に師事。同15年より戦地に赴き、18年帰国し中島飛行機荻窪写真部長となる。同21年同志と新生派美術協会を創立、同23年には同会を発展解消して現代美術協会を創立する。同25年渡仏し抽象画を研究。同40年新芸術協会を創立し、同50年同会長となる。同53年には同会員と共にフランス、ル・サロン展に出品し翌年同会員となった。自由な画風で知られ、代表作には「トレドへの道」「雲の桜島」などがある。没後同59年9月ギャルリ・アルカンシエルで回顧展が開かれた。


常盤大空 (日) 昭和58年4月14日没

 日本美術院同人の日本画家常盤大空は、4月14日脳軟化症のため東京都杉並区の前田病院で死去した。享年70。大正2(1913)年10月20日福島県東白川郡に醤油醸造業の家に生まれ、同7年県立石川中学校卒業後上京、川端画学校日本画科に入り、主に岡村葵園の指導を受け同12年に卒業する。昭和15年再興院展第25回に「木の間の秋」が初入選、同18年にも「さいかちの虫」で入選するが戦時下のためいったん帰郷し教職につき、翌年応召する。戦後も教職に復帰したが、同25年画業に専念するため再上京、同25年の第37回院展に「麦秋」が入選、この頃から堅山南風に師事し以後院展への出品を続ける。同35年第45回院展出品作「古代頌」は、終生のライト・モチーフの出発を示唆したもので、翌年第46回展に「伝承」で奨励賞を初受賞。同37年第47回展には中国殷時代の青銅器をモチーフとした「殷賦考」を出品、古代祭器の抽象的な文様を独自に再構成する表現を示し日本美術院賞を受賞する。同38年第48回展には「西域碑」でモチーフを中国から西域シルクロードへと拡大し、翌年の第49回展に「長安の人」で二度目の日本美術院賞を受賞、その後も連続受賞を重ね同42年日本美術院同人に推挙される。以後も独自のモンタージュ手法による白描風の表現を展開、題材も中央アジアからオリエント世界へと拡大された。同49年第59回展に「怒号(蒙古襲来)」で文部大臣賞を受賞する。

再興院展出品目録

  • 昭和15年 木の間の秋
  • 昭和18年 さいかちの虫
  • 昭和27年 麦秋
  • 昭和28年 岩礁
  • 昭和29年 磐梯
  • 昭和30年 甲子谿
  • 昭和33年 陵原
  • 昭和35年 古代頌(左・右)
  • 昭和36年 伝承 奨励賞(白寿賞)
  • 昭和37年 殷賦考 日本美術院賞(大観賞)
  • 昭和38年 西域碑 奨励賞(白寿賞・G賞)
  • 昭和39年 長安の人 日本美術院賞(大観賞)
  • 昭和40年 流砂想々 奨励賞(白寿賞・G賞)
  • 昭和41年 讃正倉院 奨励賞(白寿賞・G賞)
  • 昭和42年 華厳 奨励賞(白寿賞・G賞)/同人推挙
  • 昭和43年 天馬将来叙
  • 昭和44年 胡歌
  • 昭和45年 黒飆(カラブラン)
  • 昭和46年 ’72東京
  • 昭和47年 赤い芥子(サマルカンド叙事詩)
  • 昭和48年 天山を越えて(シルクロード抄)
  • 昭和49年 怒号(蒙古襲来) 文部大臣賞
  • 昭和50年 カイバル峠(アレキサンダー大王印度遠征)
  • 昭和51年 果て遠き琵琶歌
  • 昭和52年 壮大なる白日の詩(ペルセポリス)
  • 昭和53年 逃避
  • 昭和55年 西方浄土変相讃賦


青木滋芳 (工・染) 昭和58年4月17日没

 染色工芸家、日展評議員、現代工芸作家協会顧問の青木滋芳は、4月17日午後2時35分、肝臓がんのため、千葉市亥鼻の千葉大付属病院で死去した。享年68。大正3(1914)年5月25日東京市四谷に生まれ、昭和13(1938)年3月東京美術学校工芸科図案部卒業。昭和27(1952)年の第8回日展出品作「染色二曲屏風キャベツと蓮根」が特選となり、翌昭和28(1953)年の第9回日展から無鑑査出品となる。昭和34(1959)年第2回新日展で審査員、昭和35(1960)年第3回新日展で日展会員となった。昭和37(1962)年の日本現代工芸美術家協会創立に参画、以後同会においても活躍、日展系の工芸作家として知られる。作品中東京芸大所蔵となっているものは第1回日本現代工芸美術展(昭和37年)出品作の染色二曲衝立「縞のある多角形」、第6回新日展(昭和38年)出品作の染色二曲屏風「翔」、改組第11回日展(昭和54年)出品作の「PARED DE LADRILLO(アルゼンチン風景)」。第8回現代工芸展(昭和44年)出品作「古刹」は千葉県立美術館蔵品となった。

 昭和52(1976)年に千葉県教育功労者(芸術文化)、昭和57(1982)年に紺綬褒章を受章する。


田中一松 (学) 昭和58年4月19日没

 元東京国立文化財研究所長、文化財保護審議会委員田中一松は、4月19日午前6時30分、老衰のため、東京都杉並区の駒崎病院で死去。享年87。明治28(1895)年12月23日、山形県鶴岡市に生まる。山形県鶴岡中学校(当時庄内中学校)、第一高等学校第一部文科を経て、大正7(1918)年9月東京帝国大学文学部に入学、同12年3月美学美術史学科を卒業、同13年12月東京帝室博物館美術課嘱託(同15年12月まで)、同15年12月古社寺保存計画調査嘱託、昭和10年3月国宝保存に関する調査嘱託、翌11年10月重要美術品等調査委員会臨時委員、同20年10月社会教育局国宝保存に関する調査嘱託、同22年5月国立博物館の事務嘱託、同年8月文部技官任官、国立博物館勤務、同25年9月文化財保護委員会保存部美術工芸課勤務、同年12月文化財専門審議会専門委員(同41年2月まで)、同27年10月東京国立文化財研究所美術部長、翌28年11月東京国立文化財研究所長、同33年7月欧州巡回日本古美術展派遣団長として渡欧、帰途インドの美術遺跡、博物館を視察(同34年3月まで)、同40年3月東京国立文化財研究所長退官、同年4月国華社主幹(同52年8月まで)、同41年2月文化財保護委員会委員(同43年6月まで)、同42年勲三等旭日中綬章受章、同43年6月文化財保護審議会委員(同51年6月まで)、同47年8月高松塚古墳総合学術調査会副会長(同48年4月まで)、同48年4月浮世絵に関する国際シンポジューム出席及び東洋美術品コレクション調査等のためアメリカ合衆国に出張(5月12日まで)、その間、5月アメリカ合衆国フリア美術館よりフリア・メダルを受賞、同49年11月勲二等瑞宝章受章、同52年8月国華社編集顧問、その間、女子美術専門学校、日本大学、東北大学、早稲田大学、金沢美術工芸大学、東京大学等の講師および、日本中国文化交流協会、トキワ松学園、中央美術学園、栃木県立美術館、根津美術館、畠山記念館、出光美術館、頴川美術館、山種美術館、致道美術館、博物館明治村、本間美術館等の役員を勤めた。同58年4月19日死去に際し従四位に叙せられた。以上の経歴が示すように、終始一貫してわが国文化財保護の行政に従事し、主として絵画作品の実査研究を行った。その研究領域は広範にわたり、仏教美術をはじめ、倭絵、絵巻物、水墨画、宋元画、宗達・光琳派、南画にまで及んでいる。そして、その学識は多くの研究者を養成、指導し、その学恩に浴すものは少くない。研究業績としては、大正9年以来、種々の学界誌や書籍に発表されているが、その主要な論文は昭和33年の還暦記念出版『日本絵画史の展望』(美術出版社)、同41年の古希記念出版『日本絵画論集』(中央公論美術出版)、没後同60年及び61年に出版される『田中一松絵画史論集』上・下(同上)に収録されている。また、編集ないし監修の主な全集には『日本絵巻物集成』(1929〜32年)、『宋元名画集』正続(1928〜32・38年)、『東山水墨画集』(1934〜36年)、『日本絵巻物集成』改訂版(1942〜44年)、『続日本絵巻物集成』(1942〜45年)、『池大雅画譜』(1956〜59年)、『日本絵巻物全集』(1958〜69年)、『日本美術全史』上下(1959・60年)、『水墨美術大系』(1973〜76年)、『新修日本絵巻物全集』(1975〜80年)などがあり、そのほか、早くから雑誌「国華」の編集に関与して、昭和40年より同50年にいたる間には主幹として多くの新出作品の紹介につとめた。また、詩文や和歌をよくし、書画を巧みにした文人であった。


中原淳一 (挿絵) 昭和58年4月19日没

 服飾雑誌「それいゆ」「ひまわり」の挿絵で知られ、服飾美術家として活躍した中原淳一は、4月19日午後2時25分、脳こうそくのため、千葉県館山市の館山病院で死去した。享年70。大正2(1913)年2月16日、香川県に生まれ、間もなく徳島に移り住む。小学校2年生で父と死別。少年期から、文学、戯曲を耽読し、また、画家を志す。日本美術学校在学中の昭和7(1932)年2月、自作のフランス人形約30点を展示した個展を銀座松屋で開き、好評を得る。この個展の特集が雑誌「少女の友」に掲載されたのがきっかけとなって、同誌の挿絵、表紙を描くようになる。同誌には、吉屋信子、川端康成などが寄稿していた。中原の描く、黒目がちでうるんだような大きな瞳を持つ感傷的な少女像は「昭和の夢二」として一世を風靡する。同15年5月同社を退き、海軍に応召し、終戦後間もなく帰国。戦後の婦人たちに夢を与える雑誌をめざしてひまわり社を設立し、季刊誌「それいゆ」を創刊。同22年1月に月刊少女雑誌「ひまわり」の出版を始める。これらに発表された服飾、室内装飾、髪型などのデザインは、戦後の自由な空気の中で、次々と新しい流行を生み出した。同26年4月から1年半パリに留学。帰国後、「ひまわり」を廃刊し、「ジュニアそれいゆ」を創刊する。同34年8月、過労から来る心臓発作にみまわれ、2年間の入院と約10年にわたる療養生活を余儀なくされる。同45年、隔月雑誌「女の部屋」を創刊して再起を期したが、再び病に倒れ、1年で廃刊。そののちは、館山市で療養生活を続けていた。雑誌の他に、『愉しく、新しく』(昭和28年)、『あなたがもっと美しくなるために』などの単行本も著し、視覚芸術にとどまらず、美しく生活するための総合的なアイデアを提起して、独自の足跡を残した。


朝井閑右衛門 (洋) 昭和58年4月23日没

 洋画家朝井閑右衛門は、4月23日心不全のため鎌倉市の恵風園胃腸病院で死去した。享年82。油彩の厚塗りで強烈な個性を発揮し、野人画家でもあった朝井は、明治34(1901)年1月24日大阪市南区に生まれ幼名を實といった。大正9年父の死去により家督を相続し、同年、陶芸家河野公平とともに上京、本郷洋画研究所に学び、この頃から転々と友人間を流浪する生活となる。同15年第13回二科展に「廃園に於て」が初入選、昭和5年第17回二科展にも「少女K」が入選するが、同9年には第21回光風会展と第15回帝展に共に入選し、以後戦前は光風会展(同12年会員)、官展へ出品した。同11年文展鑑査展に500号の大作「丘の上」を出品し文部大臣賞を受賞。同13年には上海軍報道部の委嘱を受け上海戦線記念絵画制作のため中村研一、小磯良平、向井潤吉らと同地に赴き、同20年にも上海を訪ね同地で終戦を迎えた。戦後は同22年に井手宜通、川端実、須太剋太らと新樹会を結成し第1回展に「雨の日」などを出品、同展には同51年の第30回展後解散に至るまで、精力的に出品を続けた。一方、戦後の日展には同25年に審査員となるが出品せず、同年光風会からも離れた。日本国際美術展、現代日本美術展にはともに第1回から出品し、同37年には鳥海青児、海老原喜之助、岡鹿之助らとこの年に組織された国際形象展の同人となり、第1回展から出品した。晩年に至るまでその制作意欲は衰えず奔放な厚塗りに独自の生彩を盛った。しかし、戦前戦後を通じ常に画壇の第一線で活躍しながら画集もなく、また本格的な個展も開催することがなく、特異な生涯を貫いた。

略年譜

  • 1901(明治34年)
    • 1月24日、大阪府大阪市南区に、父浅井繁熊母ヒサの長男として生まれる。幼名實。
  • 1913(大正2年)12歳
    • 3月、恵美第一尋常高等小学校尋常科を卒業。
  • 1920(大正9年)19歳
    • 1月、広島市に於て、父の死去(享年44)に伴い家督を相続。この前後から家には寄り付かず、交流していた陶芸家河野公平と後に上京、東京府北豊島郡日暮里町(現在の荒川区)の叔父方、木村家に寄寓して本郷洋画研究所に学び、この頃から、友人の間を転々とする流浪の生活となる。
  • 1925(大正14年)24歳
    • この頃、西宮市の清水保雄宅に半年ほど逗留した後再び上京し、東京市下谷区集明館の二階を借り、アトリエに当てる。
  • 1926(大正15年)25歳
    • 9月、第13回二科に『廃園に於て』が初入選。この時、二科の出品票は、東京府豊多摩郡。
  • 1928(昭和3年)27歳
    • この頃、神奈川県足柄下郡桃源寺の借家に住み、また早川沿いの山麓に貸別荘を借り、アトリエに当て制作する。ここで牧野信一、川崎長太郎、福田正夫、牧雅雄等を知る。
  • 1930(昭和5年)29歳
    • 9月、第17回二科展に『少女K』が入選。
  • 1932(昭和7年)31歳
    • この頃、平岡権八郎の知遇を受け同家のアトリエに寄宿するようになる。
  • 1934(昭和9年)33歳
    • 2月、第21回光風会展に『素描する人』が入選。
    • 10月、第15回帝展に『目刺のある静物』が入選。
  • 1935(昭和10年)34歳
    • 2月、第22回光風会展に『若き弁護士の像』が入選。
    • 10月、第二部会第1回展覧会に『考古学者と其家族』が入選し、文化賞特選。
  • 1936(昭和11年)35歳
    • 4月、第23回光風会展に『画家像』『ロリルの踊り』が入選し、光風会々友となる。この頃、板橋区の通称“練馬のアトリエ村”に住むようになる。
    • 10月、昭和11年文展・鑑査展に、500号の大作『丘の上』が入選し、文部大臣賞。
  • 1937(昭和12年)36歳
    • 2月、第24回光風会展に『ナルシース』『ギタリスト』『星を高ふピエロ』を出品し、光風会々員となる。
    • 同年の光風会展目録の住所は、再び下谷区谷中真砂(島)町1−2集明館内。
    • 10月、第1回新文展に『通州の救援』が入選。
  • 1938(昭和13年)37歳
    • 2月、第25回光風会展に『放浪者』『五月のエスキース』『唄ふ人』を出品(評議員)。同展出品目録の住所は、板橋区。
    • 5月、上海軍報道部の委嘱により上海戦線記念絵画(戦争記録画)を制作のため、中村研一、小磯良平、江藤純平、柏原覚太郎、向井潤吉、南政善、鈴木栄二郎、脇田和、長坂春雄等と上海に赴く。
    • 10月、第2回文展に『生還特務隊』が入選。この年、日本大学芸術科の講師となる。
  • 1939(昭和14年)38歳
    • 7月、第1回聖戦美術展に『楊家宅望楼上の松井最高指揮官』を出品(招待・無鑑査)。10月、第3回文展に『良民救助』が入選。
  • 1940(昭和15年)39歳
    • この年、大河内信敬、南善政と中国へ赴く。10月、紀元2600年奉祝美術展に『黎明へ』を出品。
  • 1941(昭和16年)40歳
    • 2月、第28回光風会展の審査員となるが同展は不出品。この年、永富花子(31歳)と結婚し、東京市大森区にあった永富家に大アトリエを構える。しかしこのアトリエは、やがて戦時の強制疎開により取り毀しとなる。
  • 1942(昭和17年)41歳
    • 6月1日、長女祐子が生まれる。
  • 1943(昭和18年)42歳
    • 10月、第6回文展(東京都美術館)に『春』(招待無鑑査・現在京都市美術館蔵)を出品。この年、上海に赴き、歯科医横田東一宅に寄宿する。
  • 1944(昭和19年)43歳
    • 5月13日、二女三喜が生まれる。11月に『豊取(誉ノ家族)』を出品。
  • 1945(昭和20年)44歳
    • この年春、上海に赴き、ブロードウェイマンション714号室に住む。ここで敗戦を迎へ、翌年の引揚げまでの間を施高塔路大陸新邨に滞在する。
  • 1946(昭和21年)45歳
    • この年春、上海から引揚げ、しばらくの間引揚寮に滞在した後、友人の間を転々とするようになるが、この頃、咽喉の疾患により横須賀の副島医院に入院し、手術回復後もしばらくの間は同院長の副島昇宅に滞在する。また秋から翌年春にかけて静岡県三島の杉本英一宅に逗留。
  • 1947(昭和22年)46歳
    • この年、横須賀市に二軒長屋を求め、1軒をアトリエに改造し1人で住むようになる。2月、第33回光風会展の審査員となるが同展は不出品。3月、井出宜通、川端実、須田剋太等と「新樹会」を結成。5月、新憲法実施並に東京都美術館開館20周年記念・現代美術綜合展に『小港』を出品。6月、第1回新樹会油絵展に『雨の日』など9点を出品。10月、第3回日展に『灯ともし頃』を出品(招待)。この年、文芸雑誌「文體」第1号に掲載の高見順著「わが胸の底のここには」に挿絵を描く。
  • 1948(昭和23年)47歳
    • 3月、第34回光風会展に『水車』『港』を出品(審査員)。5月、第2回美術団体連合展に『古呉の景』を出品。7月、第2回新樹会展に『ばら』『ガラス台鉢』などを出品。この年、「文體」第2号の高見順著「わが胸の底のここには」続稿と、同誌第3号の北原武夫著「背徳者」続編3に挿絵を描く。
  • 1949(昭和24年)48歳
    • 5月、第3回美術団体連合展に『静物』を出品。7月、第3回新樹会展に『秋画室』などを出品。
  • 1950(昭和25年)49歳
    • 5月、第4回美術団体連合展に『新開地』を出品。7月、第4回新樹会展に『電線風景(A)』『電線風景(B)』『静物』を出品。この年、第6回日展の審査員となるが出品せず、また光風会々員名簿から、この年かぎりで消えている。
  • 1951(昭和26年)50歳
    • 1月、第2回選抜秀作美術展に『新開地』(連合展)が選抜される。8月、第5回新樹会展に『電線風景(A)』『電線風景(B)』『電線風景(C)』『ガラス台鉢』『マジョリカ台鉢』『街頭』『プラットホーム』『マーケット横』を出品する。
  • 1952(昭和27年)51歳
    • 5月、第1回日本国際美術展に『マジョリカ台鉢』『やけ跡』『シャンパンとブロンズとテラコッタ』を出品。7月、第6回新樹会展に『シャンパン瓶』『ガラス台鉢(A)』『ガラス台鉢(B)』『電線風景(トンネル)』『電線風景(ガード)』『電線風景(A)』『電線風景(B)』を出品。
  • 1953(昭和28年)52歳
    • 5月、第2回日本国際美術展に『ガラス台鉢』を出品。8月、第7回新樹会展に『電線風景』『ガラス台鉢』『ガラス台鉢とテラコッタ』『蓬莱(A)』『蓬莱(B)』『蓬莱(C)』『蓬莱(D)』の7点と『ガラス台鉢とテラコッタ(エスキース)』を3点出品。
  • 1954(昭和29年)53歳
    • 5月、第1回現代日本美術展に『ドン・キホーテの没落』を出品。
    • 8月、第8回新樹会展に『人形使いの肖像』『ばら(A)』『ばら(B)』『ばら(C)』『ばら(D)』を出品。
  • 1955(昭和30年)54歳
    • 5月、第3回日本国際美術展に『奇しきヘロデ王の怒りとサロメ』(3部作)を出品。
    • 8月、第9回新樹会展に『ガラス台鉢(A)』『ガラス台鉢(B)』『ドン・キホーテの没落』『ばら(A)』『ばら(B)』『ばら(C)』『ばら(D)』『スカパンとクリスパン』を出品。
    • この年から昭和32年にかけて、東京都中央区鈴木医院の新築別棟(鈴木良純方)の2階をアトリエに提供されて制作する。なお田浦のアトリエには気の向くまま時々帰っていた。
  • 1956(昭和31年)55歳
    • 5月、第2回現代日本美術展に『ドン・キホーテ』を出品。
    • 8月、第10回新樹会展に『道化(恋)A』『道化(恋)B』『ばら(A)』『ばら(B)』『ばら(C)』『港(嵐)』『港(帰らぬ船)』を出品。
    • この年、「文芸」1月号、「文学界」3月号、「雲母」5月号、9月号、10月号などの表紙を描く。
  • 1957(昭和32年)56歳
    • 1月、第8回選抜秀作美術展に『道化(恋)B』(新樹会)が選抜される。
    • 5月、第4回日本国際美術展に『道化』を出品。
    • 7月、第11回新樹会展に『ばら(A)』『ばら(B)』『ばら(C)』『ばら(D)』『ばら(E)』『仁王(紅葉)』『道化』『ガラス鉢と人形』を出品。
    • この年、「週刊新潮」に掲載の高見順著「愛と死」「春本考」「生と性」「エロスの招宴」と、「文芸」2月号の「春の随筆全集」などに挿絵を描く。
  • 1958(昭和33年)57歳
    • 1月、第9回選抜秀作美術展に『ぱら』(新樹会)が選抜される。
    • 5月、第3回現代日本美術展に『バラの図』を出品。
    • 8月、第12回新樹会展に『新秋』『道化』などを出品。
    • この年、中山恒明著「随筆集・学園の骨片」の表紙、扉の装訂をする。
  • 1959(昭和34年)58歳
    • 5月、第5回日本国際美術展に『紅葉水車』を出品。
    • 8月、第13回新樹会展に『バラ』『ガラス台鉢』『花束』『ファルス(A)』(現在神奈川県立近代美術館蔵)『ファルス(B)』を出品。この年、「雲母」3月号の表紙を描く。
  • 1960(昭和35年)59歳
    • 1月、第11回選抜秀作美術展に『ファルス(A)』(新樹会)が選抜される。
    • 5月、第4回現代日本美術展に『電線風景(A)』『電線風景(B)』を出品。
    • 8月、第14回新樹会展に『詩人山本太郎像』『詩人三好達治像』『詩人草野心平像』『詩人山崎栄治像』『バラ(A)』『バラ(B)』『バラ(C)』『プール』『ガラス鉢』を出品。
  • 1961(昭和36年)60歳
    • 5月、第6回日本国際美術展に『廃園において』を出品。
    • 8月、第15回新樹会展に『バラ(A)』『バラ(B)』『バラ(C)』『バラ(D)』『バラ(E)』『バラ(F)』『ドン・キホーテとサンチョパンサ、シリーズ』『ドン・キホーテ(坂)A』『独身主義の人魚とキューピッド、シリーズ(D)』を出品。
  • 1962(昭和37年)61歳
    • 5月、第5回現代日本美術展に『出発』を出品。
    • この年春、「国際形象展」が組織され、鳥海青児、海老原喜之助、林武、森芳雄、野口彌太郎、荻須高徳、岡鹿之助、高畠達四郎、山口薫と共に同人となる。
    • 8月、第16回新樹会展に『バラ(信楽壷)』『若き萩原朔太郎』『バラ(夜明け前の)』『石と梅の実、室生犀星(われはうたへど)』『バラ(アイルランド壷)』を出品。
    • 10月、第1回国際形象展に『ガラス台鉢のある静物』『ある逃走者』『晴来る』『誘惑』を出品。
  • 1963(昭和38年)62歳
    • 1月、第14回選抜秀作美術展に『ある逃走者』(新樹会)が選抜される。
    • 5月、第7回日本国際美術展に『善雲と悪雲』を出品。
    • 8月、第17回新樹会展に『パン(A)』『パン(B)』『パン(C)』『パン(D)』『アトリエに於ける木内克』を出品。
    • 10月、第2回国際形象展(日本橋・三越)に『ドン・キホーテ』『仮面なしでは生きられない』を出品。
  • 1964(昭和39年)63歳
    • 1月、第15回記念・選抜秀作美術展に『仮面なしでは生きられない』(国際形象展)が選抜される。
    • 6月、第18回新樹会展に『序曲』『絵本(綱渡りの法の)』『パリスのさいばん』『台所(のら猫)』『パリスのさいばん』『仕事場(メキシコ犬のある)』『春(A)』『春(B)』を出品。
    • 7月、第1回太陽展(銀座・日動画廊)に『朝』『バラ』を出品。
    • 9月、第3回国際形象展に『光を求めて』『夜の旅(A)』『夜の旅(B)』『コールネシヤ』『ロバとサンチョ』『或るドン・キホーテの像』を出品。
    • この年、新潮現代文学14、高見順著『いやな感じ・死の淵より』の装画を描く。
  • 1965(昭和40年)64歳
    • 5月、第8回日本国際美術展に『行進曲(鬼の念仏と鼻くらべ)』を出品。
    • 7月、第2回太陽展に『愛の森』『バラ』を出品。
    • 8月、第19回新樹会展に『ギター弾(A)』『ギター弾(B)』『三人の道化』『サーカス人形』『黄昏』『薔薇』『犬とピエロ』を出品。
    • 9月下旬から10月初旬まで横須賀国立病院に、10月初旬から11月下旬には東京の厚生年金病院に入院する。
    • 10月、第4回国際形象展に『ピエロ』『ピエロの行進(ミラノの参加せる)』『高く大きく』『ピエロの行進A(アンダルシヤ)』『ピエロの行進B(アンダルシヤ)』『ついにスーザホルンを持ち出した彼ら』『最後の病床における高見順』『追憶の高見順』を出品。
  • 1966(昭和41年)65歳
    • 7月、第3回太陽展に『朝・逗子鐙摺ヨットハーバーA』『朝・逗子鐙摺ヨットハーバーB』『花』を出品。
    • 8月、第20回新樹会展に『栄誉人間と人形(A)』『栄誉人間と人形(B)』『中山教授之像』『バラ』を出品。
    • 9月、高見順展(新宿・伊勢丹、日本近代文学館・毎日新聞社主催)に『最後の病床における高見順』『追憶の高見順』を出品。
    • 10月、第5回国際形象展に『偉そうな服を着た道化(A)』『偉そうな服を着た道化(B)』『逃げる道化』『頑固なろばと道化』『ろばと道化(A)』『ろばと道化(B)』『ろばと道化(C)』『二人の道化(A)』『二人の道化(B)』『二人の道化(C)』『二人の道化(D)』の11点を出品。
    • この年、20年に亙って住んだ“田浦のアトリエ”を引き払い、鎌倉市に土地家屋を求めて転居する。この家屋は興の趣くまま徐々に改築を重ね、昭和50年にアトリエはほぼ完成する。
  • 1967(昭和42年)66歳
    • 3月、朝井閑右衛門自選近代油絵十題展(大阪・大丸)に『バラ(マイセン壷)』他14点を出品。
    • 5月、第9回日本国際美術展に『道化の埋葬』を出品。
    • 7月、第4回太陽展に『ドン・キホーテ』を出品。
    • 8月、第21回新樹会展に『白雪姫(1)』『白雪姫(2)』『白雪姫(3)』『白雪姫(4)』『白雪姫(5)』『白雪姫(6)』『白雪姫(7)』『白雪姫(8)』『白雪姫(9)』『白雪姫(10)』『キューピッド』を出品。
    • 11月、第6回国際形象展に『ばら』『小鳥と遊ぶピエロ』『上陸』『口笛のロベルト』『東方への旅』『町廻り』『宵月(A)』『宵月(B)』『春(A)』『春(B)』を出品。
  • 1968(昭和43年)67歳
    • 4月、永年に亙って別居を続けていた妻花子と協議離婚をする。
    • 5月下旬、5日間ほど東京女子医大消化器病センターへ入院する。
    • 7月、第5回太陽展に『水泳競技事始(大正12年芝公園)』『ばら』を出品。
    • 8月、第22回新樹会展に『遠い旅(A)』『遠い旅(B)』『遠い旅(C]』『遠い旅(D)』『遠い旅(E)』『サーカスに来たドン・キホーテ(A)』『サーカスに来たドン・キホーテ(B)』『打合せ』『大虎を逃がすな』を出品。
    • 10月、第7回国際形象展に『記念像制作(創生記)』『サーカス(A)』『サーカス(B)』『サーカス(C)』『サーカス(D)』『サーカス(E)』『サーカス(F)』『サーカス(G)』『サーカス(H)』『夕月(A)』『夕月(B)』『夕月(C)』『夕月(D)』『夕月(E)』の14点を出品。
    • 11月19日、戸籍氏名の「浅井實」を雅号の「朝井閑右衛門」に変更する。
  • 1969(昭和44年)68歳
    • 7月、第6回太陽展に『バラ』を出品。
    • 8月、第23回新樹会展に『ドン・キホーテ(A)』『ドン・キホーテ(B)』『ドン・キホーテ(C)』『ドン・キホーテ(D)』『ドン・キホーテ(E)』『ドン・キホーテ(F)』『ドン・キホーテ(G)』『ドン・キホーテ(H)』『ドン・キホーテ(I)』『ドン・キホーテ(J)』『ドン・キホーテ(K)』『ドン・キホーテ(L)』『ドン・キホーテ(M)』の13点を出品。
    • 10月、第8回国際形象展に『シラノ・ド・ベルジュラック(A)』『シラノ・ド・ベルジュラック(B)』『シラノ・ド・ベルジュラック(C)』『独身主義の人魚(A)(エロスに狙われる)』『独身主義の人魚(B)(エロスに狙われる)』『独身主義の人魚(C)(エロスに狙われる)』『人形図(A)』『人形図(B)』『人形図(C)』を出品。
  • 1970(昭和45年)69歳
    • 7月、第7回太陽展に『東方への道』を出品。
    • 8月、第24回新樹会展に『祭礼サーカス(1)』『祭礼サーカス(2)』『祭礼サーカス(3)』『祭礼サーカス(4)』『祭礼サーカス(5)』『祭礼サーカス(6)』『祭礼サーカス(7)』『ハナズナマック(1)』『ハナズナマック(2)』『祭礼花祭』を出品。
    • 10月、第9回国際形象展に『旅へ行く人(A)』『旅へ行く人(B)』『春』『偉大なる慈悲の物象』『春』を出品。
  • 1971(昭和46年)70歳
    • 7月、第8回太陽展に『ドン・キホーテ』を出品。
    • 8月、第25回新樹会展に『海辺の子供(A)』『海辺の子供(B)』『海辺の子供(C)』『海辺の子供(D)』『海辺の子供(E)』『バラ(紅ギヤマン瓶)』『薔薇之図(法華手楽人文壷)』を出品。
    • 9月中旬から10月初旬にかけ神奈川県の湯河原胃腸病院に入院する。
    • 9月、第10回国際形象展に『海辺の遊び』を出品。
  • 1972(昭和47年)71歳
    • 2月、「戦後日本美術の展開−具象表現の変貌」展(東京国立近代美術館)に『仮面なしでは生きられない』(1963)が出品される。
    • 6月、第9回太陽展に『ロミオとジュリエット』を出品。
    • 8月、第26回新樹会展に『練習』『悪霊と道化』『道化への道』『砂糖壷のある静物』を出品。
    • 9月、第11回国際形象展に『道化家族』『フラッテリー三兄弟』『3人の道化』を出品。
  • 1973(昭和48年)72歳
    • 7月、第10回太陽展に『森の奥』を出品。
    • 8月、第27回新樹会展に『作品(A)』『作品(B)』『作品(C)』『作品(D)』『作品(E)』『作品(F)』『ガラス台鉢』『奇蹟(甦る行路病者)』と他に『夕月』10点を出品。
  • 1974(昭和49年)73歳
    • 6月、第11回太陽展に『雪の上の祭り』を出品。
    • 8月、第28回新樹会展に『バラ(明法華壷)』『フリュートを吹く菊盛者』『フラッテリーニ』『高僧絵ノ内(A)』『高僧絵ノ内(B)』を出品。
  • 1975(昭和50年)74歳
    • 6月、第12回太陽展に『海辺の部屋(ハヤマ)』(現在ひろしま美術館蔵)『宵月』を出品。
    • 8月、第29回新樹会展に『デモンストレーション(A)』『デモンストレーション(B)』『人形(A)』『人形(B)』『人形(C)』『人形(D)』『人形(E)』『人形(F)』『バラ(法華手壷)』を出品。
    • 9月、第14回国際形象展に『ファンタジア(C)』『ファンタジア(R)』『ファンタジア(七福神の内)』『鶴亀』『とら』を出品。
  • 1976(昭和51年)75歳
    • 4月初旬から同中旬にかけて鎌倉市稲村ガ崎の恵風園胃腸病院に入院する。
    • 6月、第13回太陽展に『フランス人形』を出品。
    • 8月、第30回新樹会展(最終回)に『バラ』『絵本のある静物』『ガラス台鉢(1)』『ガラス台鉢(2)』『ガラス台鉢(3)』『ガラス台鉢(4)』『ガラス台鉢(5)』『遁走者』『FOUの像(ある生活の記録)』『ばら』『フランス人形』『薔薇(法華手楽壷)』『電線風景(1)』『電線風景(2)』『大いなる慈哀者のけい争』の15点と、旧作の“詩人の像シリーズ”から『草野心平像』『山本太郎像』『三好達治像』『萩原朔太郎像』『晩年の室生犀星』『病苦より天上へ高見順像』、また“学者の像シリーズ”から『ヨットの上の中山恒明教授』と新作の『脇村義太郎先生の像』の計23点を出品。昭和22年から続いた「新樹会」は、この年をもって解散する。
    • 9月、第15回国際形象展に『ピカソ人形の居る静物』『バラ(法華壷)』『バラ』を出品。
  • 1977(昭和52年)76歳
    • 6月、第14回太陽展に『誘惑』を出品。
    • 9月、第16回国際形象展に『祭(1)』『祭(2・おきつね)』『祭(3・鶴岡)』の3部作を出品。
  • 1978(昭和53年)77歳
    • 6月、第15回太陽展に『薔薇』を出品。
    • この年9月、自宅の風呂場で転倒しその際右脚を捻挫する。右脚は一時回復したものの再び転倒して痛め、その後は歩行に支障をきたすようになる。
  • 1979(昭和54年)78歳
    • 4月、日本秀作美術展に『牡丹』(第10回潮音会)が出品される。
    • 6月、第16回太陽展に『薔薇(法華壷)』を出品。
  • 1980(昭和55年)79歳
    • 6月、第17回太陽展に『薔薇図』を出品。
    • 9月、第19回国際形象展に『バラ』を出品。
    • この年、神奈川県立近代美術館の運営委員を委嘱される。
  • 1981(昭和56年)80歳
    • 6月、第18回太陽展に『薔薇』を出品。
    • 10月、第20回国際形象展に『薔薇之図』『薔薇』『薔薇』を出品。
    • この年、草野心平詩集「第百階級」限定19部の表紙肉筆19葉を描く。
  • 1982(昭和57年)81歳
    • 6月、第19回太陽展に『バラ』を出品。
    • この年、小品の加筆程度で、制作は殆んど行なわず「病苦百八十七日・気分快適と言う日無し」であったと言う。
  • 1983(昭和58年)82歳
    • 2月末、死の予感を訴える。狭心症の発作は頻度を増すが、3月末から『薔薇』10号の加筆に取り掛り、10回余りで仕上げ、絶筆(第20回太陽展出品)となる。翌4月19日、稲村ガ崎、恵風園胃腸病院に入院する。4月23日午後7時35分死去する。遺言により葬儀は行なわず、6月10日、鎌倉の極楽寺に埋葬される。

(本年譜は、『朝井閑右衛門追想−草野心平、匠秀夫編、昭和59年、日動出版−収載の大塚信雄、門倉芳枝編「朝井閑右衛門略年譜」の一部を削除し作成したものである。)


中村善策 (洋) 昭和58年4月27日没

 日展参事、一水会運営委員の洋画家中村善策は、4月27日脳血栓のため東京都千代田区の東京警察病院で死去した。享年81。本名善作。一貫して風景画を描き、明快で澄んだ色調と軽快な筆触で独自の画風を築いた中村は、明治34(1901)年12月29日北海道小樽市に建築請負業中村駒吉の四男として生まれた。大正5年から海運会社に就職の側ら小樽洋画研究所に学び、同7年に神戸在勤中は神戸YMCA外国語学校英語科にも学ぶ。同13年上京し川端画学校へ通い、同年第5回中央美術展に初入選。翌14年、第12回二科展に「風景」が初入選、また、同年道展の創立会員となり、以後二科展、中央美術展、道展に制作発表を行い、昭和6年には新美術家協会に加わり同展にも出品を続ける。同11年第23回二科展に「白い燈台」「獨航船」を出品し二科特待賞を受けたが、翌12年安井曽太郎、石井柏亭らによって創立された一水会第1回展に「けむり」、「山と渓流」他を出品し一水会会員に推され、以後同展に出品するとともに、安井に大きな感化を受けた。同16年第4回新文展に「豊穣」を無鑑査出品、同18年の第6回文展では審査員をつとめる。同20年4月空襲により二科時代の作品全てを焼失した。戦後は、一水会展、日展に出品したのをはじめ、美術団体連合展、日本国際美術展、現代日本美術展にもそれぞれ第1回展から出品する。同42年第10回日展に「石狩湾の丘の邑」で文部大臣賞を受賞、翌43年の第11回日展出品作「張碓のカムイコタン」で日本芸術院賞を受けた。晩年に至るまで現場での制作を身上とし、出生地である北海道や信州地方の景色を多く描いた。この間、同33年日展評議員、同44年同理事、同48年同常務理事となり、同52年からは参与、同55年からは参事をつとめ、同53年には勲四等旭日小綬章を受章した。北海道美術協会名誉会員、大谷短大美術科教授でもあった。戦後の作品には「リンゴの花」(同27年、第1回日本国際美術展)、「Port Kobe」(同29年、第1回現代日本美術展)、「信濃」(同36年、第4回日展)、「海裳の花咲く」(同38年、第7回国際展)、「秋の散歩道」(同46年、第3回日展)、「新雪の頃」(同52年、第39回一水会展)などがある。


山口長男 (洋) 昭和58年4月27日没

 わが国抽象絵画の開拓者の一人である洋画家、武蔵野美術学園長の山口長男は、4月27日脳こうそくのため東京小平市の昭和病院で死去した。享年80。戦前から非具象的表現を行い、戦後も一貫して独自の抽象表現を展開した山口は、明治35(1902)年11月23日現在の韓国ソウル市に生まれた。父太平衛は鹿児島県出身である。中学時代から絵画に親しみ、大正10年上京後本郷洋画研究所へ通い、翌11年には川端画学校にも通学し、同年東京美術学校西洋画科に入学する。美校では3年から和田英作の教室に学んだ。昭和2年同校を卒業、同期生である猪熊弦一郎、牛島憲之、岡田謙三、荻須高徳らと上杜会を結成する。また、同年帰国中の佐伯祐三を訪ね、9月に荻須とともに渡仏。パリでの最初の一年間は佐伯の制作態度に大きな刺激を受け、同3年から5年までの間はしばしば彫刻家ザッキンのアトリエへ通い、その影響を示した立体派風の作品「室内」「二人像」(昭和5)等を制作する。同6年1月帰国し、同年の第18回二科展に「二人像」「彫像」が入選。同8年、第20回展を期に前衛的な作品が集められた二科展第九室に「卓上A」「卓上B」が陳列される。この頃までに独自の抽象表現に達しており、同11年の第22回二科展出品作「態」「臥」で特待。同13年二科会会友に推挙され、同年、吉原治良、桂ユキ子らと九室会を結成し翌年第1回展を開催する。戦後は同20年に再建された二科会の会員となり、同37年まで出品する。同29年第1回現代日本美術展に「作品(かたち)」を出品し安井曽太郎とともに優秀賞を受賞、その後も現代展及び日本国際美術展に出品を続け、戦後の抽象絵画開花期に強い発言力を持つに至った。また、同28年に村井正誠らと日本アブストラクト・アート・クラブを結成、翌年同会員として第18回アメリカ抽象美術展に出品したのをはじめ、サンパウロ、ヴェネツィアの両ビエンナーレ展、グッゲンハイム賞美術展などの国際展のほとんどに出品し、海外からも高く評価された。同37年には、昭和36年度芸術選奨文部大臣賞を受ける。この間、同29年から武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)教授となり同49年までつとめた。限られた色しか用いず形を厳しく追求した山口独自の抽象表現は、戦後の同28年頃から黒の地色に黄土、赤茶色一色のみで象形文字風の形を描き始めることから出発し、ついで同30−32年にかけては垂直、水平によるかたちの組合せ(「構成」同30年)の時期を経て、同33年からは格子状のかたちがより広い色面の矩形のかたちの組合せに発展(「形の組合せ」同33年)し、次第にこのかたちが黒地のなかに大きくなり「象」(同36年)のような作品へとの展開を見せた。さらに同45年以後は、黄土色や赤茶色のかたちは画面の枠を越えた広がりを見せ、「紋」(同47年)などの作品を生んだ。同55年には、東京国立近代美術館で「山口長男・堀内正和展」が開催された。

略年譜

  • 1902年
    • 11月23日、京城府に山口太平衛の長男として生れる。父太平衛は鹿児島県川内平佐の出身。
  • 1915年
    • 3月、京城公立日出尋常小学校を卒業する。
    • 4月、京城中学校に入学する。
    • 秋、有島武、生馬父子、京城に立寄る。有島武と父太平衛とは同郷の出で、昵懇の間柄であった。
  • 1918年
    • このころ、3歳年上の中村昇のスケッチ・ハイキングに同行し、水彩画を試みる。
  • 1919年
    • 母かめ没。
  • 1921年
    • 4月、上京し、本郷春木町の親戚が経営する下宿から本郷洋画研究所に通う。ここで横手貞美、大橋了介と知り合う。
  • 1922年
    • 1月、東京美術学校へ入る準備のため、川端画学校にも通う。4月、東京美術学校西洋画科に入学する。1年のときは長原孝太郎による石膏デッサン、2年で小林万吾による人体デッサンの指導を受け、3年から和田英作の教室に入った。
  • 1923年
    • 信濃町の親戚宅に移る。
    • 夏、京城に帰省して夏期休暇を過す。
    • 秋、笹塚に下宿を変える。「風景(笹塚付近)」はこのころの作品。
  • 1924年
    • 夏ころ、池袋の姉の家に移る。
  • 1925年
    • 7月、同級と朝日連峰を歩き、続いて中西利雄らの後を追って南アルプスに行き、甲斐駒ケ岳、仙丈岳などに登る。
  • 1926年
    • 9月、第13回二科展に特別陳列された佐伯祐三の第一次渡仏作19点を見て感動する。
  • 1927年
    • 3月、東京美術学校西洋画科卒業。同期生に、猪熊弦一郎、牛島憲之、岡田謙三、荻須高徳、小磯良平らがおり、彼らと上杜会を結成する。4月以降7月以前、荻須高徳と佐伯祐三を下落合のアトリエに訪ねる。
    • 9月20日、同行の荻須高徳とともに横浜からアトス2号に上船する。偶然、横手貞美と同室になり、また神戸から大橋了介が乗り込んでくる。11月初旬、パリ着。数日後ブールヴァール・デュ・モンパルナスのアトリエに佐伯祐三を訪ねる。この月、おそらく27日に藤田嗣治の誕生日のパーティに招かれる。
  • 1928年
    • 2月、佐伯祐三、荻須高徳、横手貞美、大橋了介と、ヴィリエ・シュル・モランとサンジェルマン・シュル・モランに写生旅行をする。春、パリ市の西南の外れにあるポルト・サンクルーに移る。
    • 6月23日、佐伯祐三がパリ郊外のセーヌ県立エブラール精神病院に入院する。佐伯入院後、その看護の疲労で発熱して10日間静養し、離床後、椎名其二に案内され、中仏ドルドーニュに旅行する。ローマ時代の遺跡や洞窟内の動物壁画や線彫を見る。
    • 8月16日、佐伯祐三没。
    • この頃、先輩の西村叡の紹介で彫刻家のオシップ・ザッキンと知り合い、その後帰国のためパリを離れるまで、ほとんど毎週のように土曜日の午後の面会日にザッキンのアトリエに通う。秋、椎名其二夫人の紹介で、横手貞美、大橋了介の三人でヴェトイユの空別荘を1年契約で借りる。石彫を試みたのは、ヴェトイユにおいてである。
  • 1930年
    • 11月末、一時帰国のつもりで、フランスを発つ。
  • 1931年
    • 1月、横浜に着いた後、20日程を東京の姉の家で過し京城に帰る。油絵20点。石彫6、7点を持ち帰る。
    • 3月22日、横手貞美が病没。
    • 5月、横手貞美の霊を弔うため長崎に行き、遺作展の作品選定を手伝い、また『故横手貞美滞欧遺作集』(山口長男撰、横手貞護・横手貞致編)に「横手君を想ひて」を寄稿する。
    • 9月、有島生馬に口添えを依頼して作品10点を送り、そのうち「二人像」と「彫像」が第18回二科展に入選。
  • 1932年
    • 9月、第19回二科展に「風景」を出品する。
  • 1933年
    • 9月、第20回二科展に「卓上A」「卓上B」を出品し、この年から前衛的な作品が集められた第9室に陳列される。
  • 1934年
    • 9月、第21回二科展に「庭」「卓」を出品、第9室に陳列される。
    • 12月10日、父太平衛没
  • 1935年
    • 9月、第22回二科展に「池」を出品し、第9室に陳列される。
    • この年、在朝鮮の二科展出品者の展覧会のために京城に来た東郷青児と初めて会う。東郷青児は山口家の2階に1カ月滞在する。
  • 1936年
    • 9月、第23回二科展に「熊」「臥」を出品し、特待となる。この時上京して初めて二科展を見る。
  • 1937年
    • 5月、第10回上杜会展(東京府美術館)に「庭」を出品。
    • 9月、第24回二科展に「三人」「群」「杜」を出品。
    • 12月、山本発次郎氏所蔵佐伯祐三遺作展に際して、『美之図』第13巻第4号に「追懐」を寄稿。
  • 1938年
    • 9月、第25回二科展に「象A」「象D」「象E」を出品し、会友に推挙される。
    • 10月5日、峰岸義一、吉原治良、山本敬輔、広幡憲、高橋迪章、桂ユキ子とともに発起人となり、東郷青児、藤田嗣治を顧問として九室会を結成し、その創立総会を新宿中村屋で開く。
  • 1939年
    • 5月、九室会第1回展(日本橋・白木屋)に「作品A」「作品B」を出品する。また『九室』第1号に「感想」を寄稿する。
    • 9月、第26回二科展に「作品A」「作品B」を出品。
    • 9月20日から24日まで、油絵15点による山口長男近作展を銀座の青樹社で開く。
  • 1940年
    • 3月、九室会第2回展(銀座・三越)に「作品1」「作品2」を出品。同月、上杜会第13回展(東京府美術館)に「作品」を出品。
    • 8月、第27回二科展に「白い円」「緑の環」を出品。
    • 10月、紀元二千六百年奉祝美術展覧会(前期)に「双輪」を出品。
  • 1941年
    • 戦時情勢が緊迫してきたため、京城から作品を送るのが困難となり、二科展出品を中止する。
  • 1942年
    • 札幌市出身の野村きよと結婚する。
  • 1945年
    • 6月30日、召集され、第20師団79連隊に配属され、1カ月程訓練を受けて釜山西方の漁村三千浦に配備され砲座を築く作業に従ううち終戦を迎える。
    • 10月、二科会再結成され、新会員に挙げられる。
  • 1946年
    • 1月8日、妻子をつれ京城を発ち日本に引き上げる。1カ月余り熊本市呉服町の親戚に仮寓した後、2月末上京して姉婿の港区芝車町75の丹宗敬陽方に落着く。この年から3年間二科会の事務を担当する。
    • 9月、第31回二科展に「線A」「線B」「線C」を出品。
  • 1947年
    • 6月、第1回美術団体連合展(毎日新聞社主催、東京都美術館)に「象(A)」「象(B)」を出品。
    • 9月、第32回二科展に「A」「B」「C」「D」を出品し第1回会員努力賞を岡田謙三とともに受賞。
    • 同月、日本アヴァンギャルド美術家クラブが創設され、入会する。
    • 11月、「岡田謙三の作品を観る」を『みづゑ』第505号に寄稿。
  • 1948年
    • 5月、第2回美術団体連合展に「空A」「空B」を出品。
    • 9月、第33回二科展に「作品A」「作品B」を出品。
  • 1949年
    • 4月、二科春季展(日本橋・三越)に「楕円」を出品。
    • 5月、第3回美術団体連合展に「双ツ」を出品。
    • 9月、第34回二科展に「三ツノ円A」「三ツノ円B」を出品。
    • この年、杉並区上高井戸1−186の知人の家に移る。
  • 1950年
    • 4月、「想うこと」を『アトリエ』第279号に寄稿。
    • 5月、第4回美術団体連合展に「象(かたち)」を出品。
    • 9月、第35回二科展に「A」「B」を出品。
  • 1951年
    • 5月、第5回美術団体連合展に「作品」を出品。
  • 1952年
    • 3月、二科春季展に「作品」を出品。
    • 9月、第37回二科展に「作品」「作品」を出品。
    • 12月、国立近代美術館が開館し、その第1回展覧会「日本における近代絵画の回顧と展望」に「かたち」(1950年)を出品。
    • この年から合板(ベニヤ板)を使い始める。
  • 1953年
    • 5月、春季二科展に「作品A」「作品B」を出品。
    • 6月、恩地孝四郎、村井正誠、吉原治良、滝口修造らと日本アブストラクト・アート・クラブを創設する。
    • 9月、第38回二科展に「作品A」「作品B」を出品。
    • 12月、国立近代美術館の「抽象と幻想」展に「象(かたち)」を出品。
    • この年暮に北多摩郡小平町大沼新田343藤岡別荘内(現、小平市美園町343)へ移る。
  • 1954年
    • 3月、ニューヨークでの第18回アメリカ抽象美術展(Riverside Museum,New York)に日本アブストラクト・アート・クラブの会員として出品。
    • 4月1日、武蔵野美術学校教授となる。同月、春季二科展に「作品A」「作品B」を出品。
    • 5月、第1回現代日本美術展(毎日新聞社主催、東京都美術館)に「作品(かたち)」「作品(かたち)」を出品し、安井曾太郎とともに優秀賞を受賞する。
    • 9月、第39回二科展に「五つの線」「二つの形」「二つの組合せ」を出品。
  • 1955年
    • 1月、「プリミティーフから近代造形へ」を『美術手帖』第90号に寄稿する。同月、1954年度選抜第6回秀作美術展(朝日新聞社主催、日本橋・三越)に「作品(かたち)」を出品。
    • 2月、国立近代美術館の「19人の作家−戦後の絵画、彫刻−」展に「かたち」(1949年)「かたち」(1951年)「二つ」(1953年)「作品A」(1954年)「かたち」(1954年)を出品。また第3回サンパウロ・ビエンナーレ展(7月開催)の日本の代表作家の一人に選ばれ、上記展覧会と併催された「サンパウロ・ビエンナーレ展出品作品展示」に「二つの組合せ」(1954年)「構成」(1955年以下同じ)「五つの線」「赤い線」「黄色いかたち」を出品。
    • 2月19日、国立近代美術館の土曜講演で「絵についての私の考え」と題して講演。
    • 4月、国立近代美術館の日米抽象美術展に「構成A」「構成B」を出品。
    • 5月、第3回日本国際美術展(毎日新聞社主催、東京都美術館)に「構成(赤)」「構成(黄)」を出品。
    • 9月、第40回二科展に「黄色い組立」「四角い構成」を出品。
  • 1956年
    • 3月、第28回ヴェネツィア・ビエンナーレ展(6月開催)の出品作家に選ばれ、国立近代美術館での国内展示に「作品B」(1954年、以下同じ)「二つの組合せ」「かたち」「かたち」「二つのかたち」を出品。
    • 5月、第2回現代日本美術展に「平易な四角」「歪んだ四角」を出品。
    • 9月、第41回二科展に「囲繞」「散開」「曲折」「象形」を出品。
    • 11月、世界・今日の美術展(朝日新聞社主催、日本橋・高島屋)に「作品」「(組立て)」を出品。
  • 1957年
    • 5月、第4回日本国際美術展に「抽象」を出品。
    • 9月、第42回二科展に「赤い角」「黄色い角」を出品。
  • 1958年
    • 1月、1957年度選抜第9回秀作美術展に「黄色い角」を出品。
    • 1月、ヨーロッパ巡回日本現代絵画展(外務省、国立近代美術館、毎日新聞社主催)の出品作家に選ばれ、日本橋高島屋での国内展示に「丸と線」(「B(組形)」1957年)を出品。
    • 5月、第3回現代日本美術展に「作品赤」「作品黄」を出品。なおこのときグラン・プリ作家(山口長男、安井曾太郎、脇田和、岡鹿之助、福沢一郎)の特別陳列が行われ、「かたち」(1948年)「かたち」(1949年)「かたち」(1950年)「かたち」(1954年、受賞作)「五つの線」(1954年)「交錯」(1954年)「丸と四角」(1955年)「歪んだ四角」(1956年)「黄色いかたち」(1957年)「丸と四角」(1957年)を出品。
    • 6月、第2回グッゲンハイム賞美術展(ニューヨーク・グッゲンハイム美術館)に「作品・黄」を出品。同月、国立近代美術館の「抽象絵画の展開」展に「池」(1936年)「庭A」(1936年)を出品。
    • 9月、第43回二科展に「形の組合せ」「二つの枡目」「二つの交又」「立形」を出品し、会員努力賞を受賞。
    • 同月、オーストラリア、ニュージーランド巡回日本現代美術展(外務省、国立近代美術館、毎日新聞社主催)の出品作家に選ばれ、国立近代美術館での国内展示に「丸と線」(「B(組形)」1957年)を出品。
  • 1959年
    • 1月、国立近代美術館の「戦後の秀作」展に「かたち」(1953年)を出品。
    • 5月、世界の中の抽象イタリア・日本美術展(朝日新聞社主催、日本橋・白木屋)に「双つの山」を出品。同月、第5回日本国際美術展に「四角い目」を出品。
    • 6月、「色いろの告白私は何故茶色を使うか」を『芸術新潮』第10巻第6号に寄稿。
    • 9月、第44回二科展に「堰形」「門形」「衝立」を出品。
  • 1960年
    • 1月、1959年度選抜第11回秀作美術展に「四角い目」を出品。
    • 5月、第4回現代日本美術展に「凝形」「展形」を出品。
    • 9月、第45回二科展に「丘形」「地形」「野形」を出品。
  • 1961年
    • 1月、1960年度選抜第12回秀作美術展に「展形」を出品。
    • 5月、第6回日本国際美術展に「象」を出品。
    • 9月、第46回二科展に「遠心」「翔態」を出品。
    • 12月、戦後初めての個展を南画廊で開き、「転」「座」「置」「立」「重」「層」「構」「匍」などを出品。
  • 1962年
    • 1月、1961年度選抜第13回秀作美術展に「遠心」を出品。
    • 2月、国立近代美術館の「近代日本美術代表作品シリーズ4現代絵画の展望」(会場、日本橋・三越)に「転」(1961年)を出品。
    • 4月、昭和36年度芸術選奨文部大臣賞を受賞。
    • 5月、第5回現代日本美術展に「幅」「量」を出品。
    • 6月、国立近代美術館の「近代日本の造形−油絵と彫刻」展に「転」(1961年)を出品。
    • 8月、唐津市役所のため陶板壁画「遊」を制作し、それを玄関ホールに飾る新庁舎が落成する。
    • 9月、第47回二科展に「坦」「扉」を出品。
    • 10月、1回日本アブストラクト・アート展(兜屋画廊)に出品。同月、第1回サイゴン国際美術展に2点出品。
  • 1963年
    • 1月、1962年度選抜第14回秀作美術展に「置」を出品。
    • 3月、第7回サンパウロ・ビエンナーレ展(9月に開催)の出品作家に選ばれ、ブリヂストン美術館での国内展示会に「拡がった形」「幅」(1962年)「扉」(1962年)「方」(1963年以下同じ)「拡」「累」「充」「溢」「影」「浮」「聳」「伏」を出品。同月、ニューヨーク日本橋画廊で個展を開く。
    • 4月、国立近代美術館京都分館の「現代絵画の動向」展に「転」(1961年)を出品。5月、第7回日本国際美術展に『屏形」を出品。
    • 6月5日、「私のかたち」を読売新聞夕刊に寄稿。
    • 9月、この年から二科展出品を中止し、後に二科会から退会する。
    • 12月、神奈川県立近代美術館の「昭和初期洋画展」に「人」(1930年)「室内(B)」(1932年)「庭(A)」(1936年)を出品。
  • 1964年
    • 1月、第15回記念選抜秀作美術展に「作品(かたち)」(1954年)を出品。
    • 5月、第6回現代日本美術展に「漠」「築」を出品。
    • 10月、国立近代美術館の「オリンピック東京大会芸術展示近代日本の名作」に「象」(1961年)を出品。
  • 1965年
    • 2月、チューリッヒ市立美術館における「現代日本の絵画」展に「作品(かたち)」(1954年)を出品。
    • 4月、ニューヨーク近代美術館のウィリアム・リーバーマンとドロシー・ミラーが組織した「新しい日本の絵画と彫刻(The New Japanese Painting and Sculpture)」展に「遠心」(1962年)を出品。
    • 5月、第8回日本国際美術展に「連」を出品。
    • 7月、国立近代美術館の「近代日本の油絵−所蔵作品による」展に「象」(1961年)を出品。
    • 9月、国立近代美術館京都分館の「前衛絵画の先駆者たち」展に「二人像」(1930年)「人」(1930年)「庭」(1936年)「池」(1936年)「空」(1939年)を出品。
    • 11月、個展を南画廊に開き、「劃」「割」「聚」「寄」などを出品。
  • 1966年
    • 5月、第7回現代日本美術展に「帳」「翼」を出品。
    • 6月、神奈川県立近代美術館15周年記念の「近代日本洋画の150年展」に「庭」(1936年)「平面」(1958年)を出品。
  • 1967年
    • 5月、第9回日本国際美術展に「対」を出品。
    • 12月、「彫刻の詩人…オシップ・ザッキンのこと」を『三彩』第223号に寄稿。
  • 1968年
    • 1月、東京国立近代美術館の「近代日本の油絵」展に「転」(1961年)、「象」(1961年)を出品。
    • 5月、第8回現代日本美術展に「劃(黄)」「劃(赤)」を出品。
    • 6月、瀬戸慶久の訪問を受けて「私の思うこと」を語り、これが武蔵野美術大学発行の『武蔵野美術』第66号に掲載される。
    • 7月、武蔵野美術大学美術資料図書館で「山口長男教授作品展」が開かれ、「人」(1930年)「二人像」(1930年)「室内(B)」(1932年)「庭(A)」(1936年)「池」(1936年)「5つの塊」(1940年)「かたち」(1954年)「赤い線」(1955年)「散開」(1956年)「堰形」(1959年)「丘形」(1960年)「立」(1961年)「浮」(1963年)「複」(1965年、以下同じ)「互」「垂」「景」「方」の油絵18点と墨の素描11点、陶磁の絵付6点を出品。
    • 9月、東京国立近代美術館の「東西美術交流展」に「転」(1961年)を出品。
    • 同月、立正佼成会団参会館地階ロビーのタイルの壁画制作を依頼される。同会館は翌年9月に竣工する。
    • 10月、日動画廊発行の『繪』第56号に佐伯祐三についての「追憶」を寄稿。
    • 12月、個展を南画廊で開き、「弧」(面−四角)「垂(赤)」「長方形−横」「竝」「軌」「紋形」「脈」などを出品。
  • 1969年
    • 2月、「あしあと」を『芸術新潮』第230号に寄稿。
    • 5月、第9回現代日本美術展の「現代美術20年の代表作」に「かたち」(1954年)を出品。
  • 1970年
    • 3月、大阪万国博美術展に「脈」(1968年)を出品。
    • 6月、個展を鹿児島市の山形屋で開く。同月、「佐伯と四人の画学生」を『芸術新潮』第246号に寄稿。
    • 7月、麻生三郎・大沢昌助・山口長男展(ギャラリーセゾン)。
  • 1971年
    • 4月、東京国立近代美術館の「近代日本美術における1930年」に「二人像」「作品」を出品。
    • 同月、神奈川県立近代美術館の「戦後美術のクロニクル展」に「平面」(1958年)を出品。
    • 5月、第10回現代日本美術展の「抽象−構造としての自然」の部に「黒」「黄」「赤」を出品。
    • 9月、兵庫県立近代美術館での「開館1周年記念・毎日新聞創刊100年記念今日の100人展」に「座」(1961年)を出品。
  • 1972年
    • 3月、ミラノでの「日本の現代美術(Arte Contemporanea del Giappone 1972)」展に「軌」(1968年)を出品。
    • 12月、個展を南画廊で開き、「紋」「黄」「赤」「漠」「画」「覆」「開」などを出品。
  • 1973年
    • 2月、乾由明との対談「ディアローグ」が『みづゑ』第816号に掲載される。
    • 3月、麻生三郎・大沢昌助・柳原義達・山口長男四人展(ギャラリーセゾン)。
    • 5月、現代日本美術展−現代美術20年の展望(毎日新聞社主催、東京都美術館)に「黄色い組立」(1955年)と「垂」(1965年)を出品。
    • この年、シドニーのニュー・サウス・ウエールズ美術館(Art Gallery of New South Wales,Sydney)での「表面の美術−現代日本美術の展望(The Art of Surface−A Survey of Contemporary Japanese Art)」に出品。
  • 1974年
    • 3月、武蔵野美術大学教授を定年退職する。
    • 5月、デュッセルドルフ市立美術館(Stadtische Kunsthalle,Dusseldorf)での「日本 伝統と現代(Japan Tradition und Gegenwart)」に「分」(1966年)「弧」(1968年)「和」(1972年)を出品。
    • 同月、麻生三郎・大沢昌助・柳原義達・山口長男展(ギャラリーセゾン)。
    • 9月、デンマークのルイジアナ美術館(Louisiana Museet,Humlebaek)でのJapan pa Louisianaに「置」(1961年)「方」(1965年)「垂」(1965年)「分」(1966年)「弧」(1968年)「軌」(1968年)「和」(1972年)を出品。同月、山口長男、津高和一二人展(大阪、ギャラリー本田)。
    • 10月、『美術ジャーナル』復刊24号の座談会「絵画に於ける新しさ 画家はそれをどう考えるべきか」に、津高和一、乾由明、本田泰士、村田好夫とともに出席する。
    • 11月、スエーデンのエーテボリ美術館(Goteborgs Konstmuseum med Konsthallen)のJapan i Bildに「置」「方」「分」「弧」「軌」「和」を出品。この展覧会は翌年1月から3月までHenie−Onstad Kunstsenterでも開催される。
  • 1975年
    • 6月、麻生三郎・大沢昌助・柳原義達・山口長男四人展(ギャラリーセゾン)。
    • 10月兵庫県立近代美術館の「開館5周年記念近代100年名画展」に「置」(1961年)を出品。
    • 11月、個展を南画廊で開き、「合」「宇」「疏」「注」「座」「撤」「偏」「塁」「接」「遮」「文」「明」「示」「侍」「伴」「軌」の16点を出品。
    • 12月、「楽しい個展」(大阪ギャラリー芦屋)に陶板画、小品の油彩、水彩、スケッチを出品。
  • 1976年
    • 4月、個展を大阪のカサハラ画廊で開く。
    • 5月、東京都美術館の「戦前の前衛展」に「庭・B」(1934年)「White Painting」(1940年)「二人像」(1930年)を出品。
    • 6月、上杜会五十周年展(日動サロン)に「過」「貌」を出品。また同展覧会図録に「上杜会を省みる」を寄稿。
  • 1977年
    • 2月、岡山県総合文化会館の「第15回名作展−日本の抽象絵画−」に「景」(1965年)を出品。
    • 5月11日、「作家のことば(ものに学ぶ)」を『新美術新聞』に寄稿。
    • 6月、東京セントラル美術館の「現代美術のパイオニア展」に「庭A」を出品。
    • 10月、「あれこれの想い出」〈卒業生が語る「芸大コレクション」〉を『芸術新潮』第334号に寄稿。
    • 同月、栃木県立美術館の「日本の現代美術展−国内美術と国際美術と−」に「赤」(1971年)「宇」(1975年)を出品。
  • 1978年
    • 8月、「佐伯さんと私たち」を東京国立近代美術館ニュース『現代の眼』第285号に寄稿。
    • 10月、個展をスズカワ画廊で開く。11月、「楽しい個展」(ギャラリー芦屋)。
  • 1979年
    • 5月、第1回非具象の世界展(佐谷画廊)に出品。
    • 同月、個展を盛岡市のMORIOKA 第一画廊で開き、「丸と線」(1957年)「置」(1961年)「寄」(1965年)「方」(1965年)「分」(1966年)「軌」(1968年)「竝」(1968年)「和」(1972年)「地」(1973年)「点」(1974年)「宇」(1975年、以下同じ)「注」「匍」「文」「遮」「過」「明」「偏」の18点を出品。
    • 6月、個展を世田谷区成城の緑蔭小舎で開く。
    • 7月、山口長男と7人の新人展(ギャラリー・ジェイコ)に出品。
    • 9月、東京都美術館の「近代日本美術の歩み展」に「かたち」(1954年)を出品。
    • 10月、神奈川県立近代美術館の「巨匠展シリーズ3現代美術・戦後展」に「平面」(1958年)「垂」(1965年)を出品。
    • 11月、福岡市美術館開館記念の「近代アジアの美術−インド・中国・日本−」展に「転」(1961年)を出品。
    • 同月、植木茂・山口長男二人展(ギャラリートーシン)が開かれ、「竝」「軌」「弧」(以上1968年)「宇」「疏」「注」「匍」「偏」(以上1979年)の油絵8点の他水彩6点を出品。
  • 1980年
    • 4月、東京国立近代美術館と朝日新聞社の共催により「山口長男・堀内正和展」が開催される。
    • 9月、北九州市立美術館で「山口長男展」開催。
  • 1981
    • 10月、個展をギャラリー芦屋で開く。
  • 1982
    • 6月、小品展を緑蔭小舎で開く。11月、個展をギャラリー芦屋で開く。
  • 1983
    • 4月27日、東京小平市の昭和病院で没。
  • 本年譜は、浅野徹編「山口長男略年譜」(「山口長男・堀内正和展」図録、東京国立近代美術館、1980年)を転載したもので、一部を添削した。


新村長閑子 (工・漆) 昭和58年5月14日没

 日本工芸会正会員で東京芸術大学教授をつとめた漆芸家新村長閑子は、5月14日午後9時20分、急性心不全のため東京都杉並区の河北総合病院で死去した。享年75。明治40(1907)年8月15日石川県金沢市に生まれる。本名撰吉。東京美術学校漆工科本科在学中の昭和8年、第14回帝展に「彩漆啼鳴★箱」で初入選。同年同科を卒業して福島県立会津工業学校教諭となる。同13年石川県工芸指導所漆工科長、同25年静岡県工芸指導所長となり、同28年東京芸術大学美術学部助教授に就任する。この間、帝、文、日展、日本伝統工芸展などに出品。同35年第7回日本伝統工芸展では「漆皮台盤」で受賞している。同47年東京芸大教授となり同50年退官、その後も旧教官として指導にあたった。同39年より日本工芸会理事をつとめる。漆皮を制作し、古典的で典雅な作品を多く生んだ。代表作には、受賞作のほか、同39年大阪四天王寺の依頼により制作した「漆皮宝相華文経箱」等がある。


桜井勇次郎 (工・染織) 昭和58年6月1日没

 国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)で、久留米絣技術保持者会会長桜井勇二郎は、6月1日午前3時、心筋こうそくのため、福岡県筑後市の自宅で死去した。享年88。明治27(1894)年11月15日、福岡県筑後市で生まれた。明治42(1909)年、14歳で家業の久留米絣に携り、以後終生それに従事した。得意とした技術は、絣模様をあらわすための“手くびり”で、久留米絣が昭和32年4月25日に国の重要無形文化財に指定された折、その技術保持者の1人に選ばれた。昭和51年以降、久留米絣技術保持者会会長。


板坂辰治 (工・鋳金) 昭和58年7月2日没

 金沢美術工芸大学名誉教授、石川県美術文化協会理事の彫金家板坂辰治は、7月2日午前11時49分、脳挫傷のため、金沢市の金沢大学付属病院で死去した。享年67。大正5(1916)年1月18日石川県金沢市に生まれる。昭和13年東京美術学校工芸科彫金部を卒業。同年大阪造幣局に入り、同21年10月同局を退く。同年第2回日展に青銅製「馬」置物で初入選。同22年2月より金沢美術工芸専門学校講師をつとめ、同24年同助教授、同40年金沢美術工芸大学教授となる。日展のほか現代工芸美術展にも出品。同31年第12回日展では丈の高い円筒を大胆に削ぎ、鋭角的な大きい把手をつけた斬新な「花器」で特選に選ばれた。主に青銅を素材とし、幾何学的な形をいくつか組み合わせ、骨太な造型感賞をうかがわせる壷などを多く制作している。


松田忠一 (洋) 昭和58年7月31日没

 一水会常任委員の洋画家松田忠一は、7月31日午前4時45分、脳出血のため大阪市の自宅で死去した。享年89。明治27(1894)年4月19日、島根県出雲市に生まれ、大正7年東京美術学校図画師範科を卒業する。同14年より2年間フランスに留学、昭和6年にもフランスに渡り1年間滞在。翌7年帰国して「騎士と二人の女」「馬と女」を第19回二科展に出品し初入選する。翌年から石仏や仏像を描いた作品を同第23回展まで出品。同11年に有島生馬、石井柏亭らによって創立された一水会に第1回展から出品し、同22年同会会員となる。同29年同第16回展に「阿修羅」「伎芸天」を出品して会員優賞を受賞し、同35年同会委員となり、同55年まで出品を続けている。日展にも出品しており、同29年第10回展では「阿修羅」で特選。同31年第12回展では「三月堂内陣」で岡田賞を受け、翌年より無鑑査、同41年には審査員をつとめた。一貫して京都、奈良の古仏をモチーフとし、背景に神像や飛天を描きこんで仏世界を表わしている。水墨画、書もかき、大湖とも号した。


鎌倉芳太郎 (工・染) 昭和58年8月3日没

 国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)で、沖縄の紅型・藍型等型絵染の研究・伝承者である鎌倉芳太郎は、8月3日午後5時50分、急性心不全のため、東京都中野区の自宅で死去した。享年84。

略年譜

  • 明治31(1898)年10月19日、香川県木田郡に父鎌倉宇一、母ワイの長男として生まれた。
  • 大正7(1918)年3月、香川県師範学校本科第一部を卒業。在学中、竹内栖鳳門下の日本画家穴吹香村に写生の法を学んだ。
  • 大正10(1921)年3月、東京美術学校図画師範科を卒業。4月、文部省より沖縄県に出向を命ぜられ、沖縄県女子師範学教諭兼沖縄県立第一高等女学校教諭となる。琉球芸術の研究に没頭し、資料の収集・撮影を積む。
  • 大正12(1923)年4月、東京美術学校研究科(美術史研究室)に入学。琉球研究資料を正木直彦校長に提出、同校長の紹介で東京帝国大学の伊東忠太教授の指導を受け、研究を続ける。
  • 大正13(1924)年4月、伊東忠太博士と共同研究の名義で、財団法人啓明会より琉球芸術調査事業のため補助を受ける。同月東京美術学校助手(美術史研究室勤務)として、沖縄県に出張。首里市の援助により尚候爵家、その他首里、那覇の名家の所蔵品を調査、撮影する。
  • 大正14(1925)年3月、東京美術学校美術史研究室に帰校。9月同校で、財団法人啓明会主催の琉球芸術展覧会並びに講演会が開催され、「琉球美術工芸に就きて」と題し講演を行った。
  • 大正15(1926)年4月、沖縄本島を中心として、奄美大島、宮古島、八重山諸島を調査する。
  • 昭和2(1927)年9月、八重山より台湾に渡って調査旅行をし、上海を経て帰国、東京美術学校に帰校する。同月正木直彦校長担当の「東洋絵画史」のため、有給助手となる。
  • 昭和3(1928)年9月、財団法人啓明会創立10周年記念事業として、東京美術学校に於て展覧会及び講演会を開催、染織工芸資料3000点余を陳列し、「琉球染織に就きて」と題して講演する。
  • 昭和5(1930)年1月、山内静江と結婚、4月、東京美術学校講師となり「風俗史」の講義を担当。
  • 昭和12(1937)年1月、沖縄県に赴き、首里城、浦添城、昭屋城趾等の発掘調査を行う。10月、伊東忠太博士と共著で「南海古陶瓷」を宝雲社より刊行。
  • 昭和19(1944)年6月、東京美術学校退職(当時の官職は助教授)。
  • 昭和20(1945)年3月、自宅が戦災に遇い、蔵書・資料焼失。但し琉球関係資料は東京美術学校文庫に保管のため焼失を免れ、これが琉球染織の本格的研究の契機となった。
  • 昭和33(1958)年9月、第5回日本伝統工芸展に「琉球紅型中山風景文長着」出品入選。以後毎回出品入選する。
  • 昭和34(1959)年5月、「古琉球型紙」5冊を京都書院より刊行。
  • 昭和36(1961)年、社団法人日本工芸会の正会員となる。
  • 昭和37(1962)年5月、日本工芸会理事(2ケ年)に就任、昭和39年に再選。
  • 昭和39(1964)年9月、第11回日本伝統工芸展出品作「藍朧型印金芦文『★』紬地長着」が日本工芸会々長賞(奨励賞)を受ける。11月「越後糸型染」3冊、京都書院より刊行。
  • 昭和42(1967)年12月、「古琉球紅型」(色彩論)を京都書院より刊行。
  • 昭和44(1969)年6月、京都書院より「古琉球紅型」(技法論)を刊行。
  • 昭和47(1972)年2月、首里の琉球政府博物館に於て「五十年前の沖縄」の写真展を開く。4月、勲四等瑞宝章を受ける。9月、第19回日本伝統工芸展に「型絵染竹林文上布地長着」を出品、日本工芸会総裁賞を受ける。
  • 昭和48(1973)年4月、重要無形文化財技術保持者(型絵染)の個人認定を受ける。同月第9回人間国宝展に「型絵染霞文上代紬長着」を出品、以後、毎回出品する。7月「琉球王家伝来衣裳」(講談社刊行)を編集し、これに「琉球の染織工」を執筆する。
  • 昭和50(1975)年3月、京都国立近代美術館編「沖縄の工芸」(講談社刊行)に「沖縄の工芸の歴史と特質」、「沖縄の染織について」を執筆。
  • 昭和51(1976)年2月、「セレベス沖縄発掘古陶瓷」(『南海古陶瓷』の再版)を国書刊行会より刊行。4月「鎌倉芳太郎作品並びに琉球紅型資料展」を渋谷・西武百貨店にて開催。
  • 昭和57(1982)年10月、太平洋戦争で失われた沖縄の文化財のかつての姿を再現、集大成した著書「沖縄文化の遺宝」(岩波書店刊)を刊行した。
  • 昭和58(1983)年8月3日急性心不全のため死去。


川瀬竹春 (工・陶) 昭和58年8月9日没

 赤絵染付をよくした陶芸家川瀬竹春は8月9日午前8時10分、肺炎のため神奈川県平塚市高根台病院で死去した。享年89。明治27(1894)年4月27日岐阜県福束村に生まれる。本名五作。同40年愛知県瀬戸で陶芸の修業を始め同43年京都に移り初代三浦竹泉に師事。大正8年独立。中国陶磁赤絵染付祥端を主に研究し、昭和15年中国に赴く。同24年から神奈川県大磯の城山窯で制作。岐阜県大垣でも研究を進める。同30年国の無形文化財として記録作家に推される。同41年紫綬褒章、同45年勲四等瑞宝章を受章。また同44年には大垣市重要無形文化財に認定され、同50年同市より功労章を受けた。祥瑞特有の織物風の地に華やかな色彩を施した赤絵、金欄手を得意とし、中国の技法を用いながら淡然とした日本的趣をたたえた作風を示す。宮内庁への上納もたびたび行なっている。


廣瀬不可止 (彫) 昭和58年8月15日没

 二科会員の彫刻家廣瀬不可止は8月15日午前6時11分、食道ガンのため福岡市の福岡大学病院で死去した。享年79。明治36(1903)年12月4日、福岡県三井郡に生まれる。同43年福岡市警固尋常小学校に入学し大正5年卒業。同12年県立福岡中学を4年で中退して上京する。看板屋や、昭和2年ころ安永良徳、サトウハチローなどによってつくられたラリルレロ玩具製作所などで働きながら絵を学ぶ。昭和6年頃帰郷し一時博多人形師に入門。この頃から独学で彫刻を始める。同8年第20回二科展に「女」で初入選、以降同展に出品を続け、同25年同会友、同28年同会員となる。福岡にあって制作し、同9年二科西人社を創立したほか、福岡文化連盟、九州文化協会、福岡美術協会など多くの地元団体に所蔵し、郷里の美術文化の発展に尽くした。戦前は「女の首」(1935年二科展)「農婦」(1943年同展)など具象的作品を制作したが、戦後抽象に転じ「対」(1952年二科展)「歴史」(1967年同展)などの主題を幾何学的形体によって表現している。1970年代以降は再び具象的作風に転じ、簡略化した人体像による「二人」(1973、75年二科展)「立」(1980、81年同展)などの作品を制作した。木、石膏、和紙など多様な素材を積極的に使用した点でも注目される。


小林文次 (学) 昭和58年8月28日没

 日本大学教授で建築史学を講じた小林文治は、8月28日直腸ガンのため死去した。享年65。大正7(1918)年4月19日に生まれ、昭和16年3月東京帝国大学工学部建築学科を卒業し、同大学院に進学する。同19年3月、同科を退学。平安時代の阿弥陀堂建築を主に研究したが、戦後の同24年日本大学助教授となり、西欧も含めた建築史を講ずる。同27年からフルブライト留学生として一年間オレゴン大学に学び、アメリカ建築についても造詣を深める。その後、5年にわたる古代メソポタミア建築の研究を著書『建築の誕生』に結実させ、同35年、工学博士の学位を受けるとともに、建築学会賞を受賞、翌年日本大学教授に昇任する。同40年頃から、アメリカの都市、建築保存に力を尽くす一方、江戸時代の螺旋建築を研究課題とし、国際的範囲での調査を進める。同24年から日本建築学会理事、同25年からはイコモス(国際記念物遺跡会議)理事をつとめた。著作には『アメリカ建築』『ヨーロッパ建築序説』(ニコラウス・ペヴスナー原著を訳出)、『日本建築図集』などがある。


三輪晁勢 (日) 昭和58年9月7日没

 日本芸術院会員の日本画家三輪晁勢は、9月7日午前11時46分、下咽頭ガンのため京都市上京区の京都第二赤十字病院で死去した。享年82。明治34(1901)年4月30日新潟県三島郡に生まれ、本名信郎。田村宗立や小山正太郎に洋画を学んだ父大次郎の影響を受け、大正3年に与板尋常小学校を卒業した後京都に出て絵を学ぶ。同10年京都市立美術工芸学校絵画科を卒業後、京都市立絵画専門学校に入学し、同校に在学していた堂本印象に師事した。同13年同校卒業、超世と号し、昭和2年第8回帝展に「東山」で初入選する。同6年第12回帝展「春丘」は特選を受賞、翌年号を晁勢と改め、同9年第15回帝展で「舟造る砂丘」が再度特選となる。師印象の画塾東丘社の中心的存在として、同13年以来の東丘展にも出品する。同14年華中鉄道の招聘により中支、南京、杭州などを視察し、同年師に随伴して朝鮮慶州の石窟や楽浪なども回る。同17年には海軍報道班員としてフィリピン、ジャワなど南方諸島を巡り「キャビテ軍港攻撃」などの戦争記録画を制作した。戦後、京都市展、関西総合美術展、日展などでたびたび審査員をつとめ、同35年日展評議員となる。この間、同34年に京都市文化使節として3ケ月間欧米11ケ国を訪問、単身メキシコにも足をのばし、また同41年には佐和隆研らと共にインドの仏蹟を視察、45年にもオーストラリア、ニュージーランド等を巡る。同36年第4回日展出品作「朱柱」により翌37年第18回日本芸術院賞を受賞、同44年日展理事、同52年参与、同55年顧問となり、また同49年京都市文化功労者、同50年郷里の新潟県与板町の名誉町民推賞、同54年には日本芸術院会員となり勲四等旭日小綬章を受章した。また堂本画塾の東丘社を引継ぎ主宰し、小説の挿絵や舞台装置、壁画なども手がけた。風景、花鳥と幅広い画題を扱い、華やかな色彩による装飾的な画風をよくし、代表作に上記のほか「有明」(1947年)「木屋町」(1956年)「高原初秋」(1968年)「杉」(1974年)「朝の雪」(1975年)「開花鳥語」(1979年大津市西教寺壁画)などがある。同56年銀座松屋ほかで三輪晁展開催。

略年譜

  • 1901 新潟県三島郡与板町に、父三輪大次郎、母★の長男として生れる。父は翁山と称する洋画家であった。
  • 1915 京都市立美術工芸学校予科入学。
  • 1917 京都市立美術工芸学校絵画科入学。
  • 1921 京都市立美術工芸学校卒業。京都市立絵画専門学校入学。堂本印象に師事する。
  • 1923 日本美術展覧会に「静物」出品。
  • 1924 京都市立絵画専門学校卒業。超世と号する。
  • 1927 第8回帝展に「東山」初入選。
  • 1928 堂本ミツと結婚する。
  • 1931 第12回帝展に「春丘」出品、特選となる。
  • 1932 第13回帝展に「祖谷の深秋」出品。雅号を晁勢と改める。
  • 1934 第15回帝展に「舟造る砂丘」出品、特選となる。大阪高島屋で個展開催。長男晁久誕生。
  • 1936 文展に「林檎実る」出品。大阪時事新報に掲載の中山慶一作「節から出る芽」のさし絵を担当する。二女桃子誕生。
  • 1937 梅軒画廊及び大阪大丸で個展開催。新文展に「海女」出品。
  • 1939 伊東深水、上村松篁、池田遥邨らとの南京、蘇州、鎮江、抗州を視察する。師印象と伴に朝鮮の慶州、平壌を視察する。週刊朝日掲載の土師清二作「恋の象限儀」のさし絵を担当する。
  • 1940 東京三越で個展開催。
  • 1941 天理事報に掲載の松村梢風作「大和の神楽歌」のさし絵を担当する。三女桂子誕生。
  • 1942 海軍報道班員としてフィリピン、セレベス、ジャワ、スマトラ、シンガポール、仏印を視察する。大阪、京都大丸で個展開催。週刊朝日掲載の沢写久孝作「皇国頌詞」のさし絵を担当する。長谷川伸作「米艦の日本士官」のさし絵を担当する。
  • 1944 戦時特別文展に「竜田の神風」出品。
  • 1946 京都新聞に掲載の舟橋聖一作「田之助紅」のさし絵を担当する。
  • 1947 第3回日展に「有明け」出品。読物時代に掲載の吉井勇作「京洛春講」のさし絵を担当する。
  • 1949 第5回日展に「ひまわり」を招待出品。名古屋松坂屋、京都ギャラリーで素描展を開催。
  • 1950 第6回日展に「白樺の森にて」を招待出品。
  • 1951 東京丸善、京都府ギャラリーで個展開催。第7回日展に「月光の道」出品。審査員に任命される。京都新聞連載の土師清二作「利久手まり」のさし絵を担当する。
  • 1952 第8回日展に「瑠璃溪」を招待出品。
  • 1953 東京丸善、京都大丸で個展を開催。第9回日展に「岩壁」を招待出品。サンデー毎日に掲載の海音寺潮五郎作「田舎みやげ」のさし絵を担当する。同じくサンデー毎日に掲載の白井喬二作「黒田姫」のさし絵を担当する。
  • 1954 第10回日展に「家」出品。
  • 1955 第11回日展に「丘の家」出品。毎日新聞に掲載の「日本のコント」のさし絵を担当する。サンデー毎日に掲載の立野信之作明治大帝」のさし絵を担当する。
  • 1957 第13回日展に「桂・松琴亭」出品。東京高島屋で個展開催。
  • 1958 社団法人第1回日展に「古庫」出品。大阪高島屋で個展開催。
  • 1959 5月から3ケ月間、京都市文化使節として、高山市長、千宗室と共に欧米11ケ国を訪問する。第2回日展に「古橋」出品。
  • 1960 第3回日展に「土」出品。東京白木屋、京都大丸で個展開催。
  • 1961 第4回日展に「朱柱」を出品。
  • 1962 「朱柱」(日展出品作)により第18回日本芸術院賞を受賞。第5回日展に「緑窓」出品。
  • 1963 第6回日展に「トキ」出品。
  • 1964 第7回日展に「白涛」出品。大阪大丸で個展開催。
  • 1965 第8回日展に「山湖」出品。
  • 1966 佐和隆研を団長に数名と伴に印度各地を視察旅行。
  • 1967 第10回日展に「白い道」出品。
  • 1968 第11回日展に「高原初秋」出品。外務省買上げとなる。
  • 1969 日展理事に任命される。第1回改組日展に「仲秋」出品。
  • 1970 オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、タヒチ等を旅行する。第2回日展に「仏法僧」出品。
  • 1971 第二期日展理事に任命される。第3回日展に「游」出品。
  • 1972 第4回日展に「マンゴーの女」出品。
  • 1973 新潟総合テレビ文化賞を受賞する。第5回日展に「水のほとり」出品。
  • 1974 日展理事に再任される。第6回日展に「チチの実」出品。京都市文化功労者の表彰を受ける。
  • 1975 生地、新潟県三鳥郡与板町の名誉町民第一号に推せんされる。第7回日展に「静かなるたに」出品。日展常任理事になる。
  • 1977 第9回日展に「朱いトキ」出品。京都府美術工芸功労者の表彰を受ける。
  • 1978 第10回日展に「紫陽花咲く」出品。
  • 1979 日本芸術院会員に推せんされる。勲四等旭日小綬章を受ける。第11回日展に「くるみの雨」出品。
  • 1980 日展顧問になる。第12回日展に「菖蒲」出品。
  • 1981 銀座松屋、大阪大丸、京都大丸で回顧展「華麗なる色彩の世界、三輪晁勢展」を開催する。

(特集「三輪晁勢の芸術」三彩403より)


久野修男 (洋) 昭和58年9月26日没

 二紀会評議員の洋画家久野修男は9月26日午前0時40分、すい臓ガンのため、福岡県石川郡のアトリエで死去した。享年66。大正6(1917)年2月13日、福島県石川郡に生まれる。太平洋美術学校で油画を学び、昭和15年第27回二科展に「雪国のいで湯」で初入選。同19年に戦前の同会が解散するまで出品を続ける一方、同17年大東亜戦争美術展、43年陸軍美術展にも出品。同22年二紀会が創立されるとこれに参加し、翌年第2回展に「炭焼」を出品して褒賞を受ける。白地に薄い黄緑色を施した下地をつくり、細く黒い輪郭線でひなびた門や塀などを描きつづけ、同25年二紀会同人となり、同31年第10回展には「校倉」「瓦窯」を出品して同人優賞を受けた。翌年同会委員となり、審査員をつとめる。同51年の外遊後、ほとんど緑系一色だった画面に朱色などの暖色が入り、色彩が豊麗となっている。同55年第34回展では「南仏風景」で鍋井賞を受賞した。郷里にアトリエを構え、清澄な独自の画風を築くとともに、同地の美術振興にも努め、同52年二紀会福島支部を創立してその支部長として活躍した。


高取静山 (工・陶) 昭和58年10月5日没

 高取焼宗家11代の女流陶芸家高取静山は、10月5日午後3時55分、脳出血のため大分県日田市の日田中央病院で死去した。享年75。明治40(1907)年11月28日、福岡県朝倉郡に生まれる。本名静。日本大学国文科を卒業。小野賢一郎に師事し、秀吉の朝鮮出兵の際黒田長政が連れ帰った陶工・八山を始祖とし明治維新によってとだえていた幸田藩御用窯高取焼を再興すべく、父富基と共に昭和13年個展を開くが、その会期中に父の急逝にあい一時休窯する。同32年再び窯を開き河村蜻山に師事。翌年遠州流宗家12代小堀宗慶に師事し、高取焼11代を襲う。始祖の故国である韓国との交流にも力を注ぎ、同48年ソウルで個展を開催、同53年には韓国の少年を陶工修業のために招いた。薄作りで、沈んだ渋みのある地に釉薬をかけ、釉なだれの面白さと色合いの妙を出す高取焼の伝統をいかし、茶入、水指、茶★など多くの茶器を制作した。日本陶磁協会員。著書に『炎は海を越えて』(平凡社)がある。


村松乙彦 (日) 昭和58年10月13日没

 日本美術家連盟監事、日展評議員の日本画家村松乙彦は、10月13日午前2時45分、腹膜炎のため東京都大田区の東邦大学医学部付属大森病院で死去した。享年71。大正元(1912)年9月26日愛知県北設楽郡に生まれる。静岡県立浜松第一中学校を卒業後、太平洋美術学校油絵科に学ぶが中退、日本美術学校日本画科を卒業する。児玉希望に師事し、昭和16年第4回新文展で「珊瑚礁の渚」が初入選、戦時中は海軍報道班員として活動した。戦後同21年第2回日展より出品し、同24年第5回日展「浮嶋の朝」同26年第7回日展「快晴」は共に特選を受賞する。翌年無鑑査、同28年より依嘱出品となり、同33年第1回新日展で委員、同35年審査員をつとめ、同37年日展会員となった。この後たびたび審査員をつとめたが、同41年より評議員となり、「月の庭」(1969年改組第1回日展)「しれとこ」(1973年5回日展)等を発表している。風景を背景に置いた穏健な人物画をよくした。同36年に1年間渡欧、また日本美術家連盟の監事をつとめた。


後藤学 (工・彫金) 昭和58年10月17日没

 日本工芸会理事の彫金作家後藤学は、10月17日午後6時28分、心筋こうそくのため高松市の香川県立中央病院で死去した。享年76。明治40(1907)年2月18日香川県高松市に生まれる。本名学一。大正14年より北原千鹿に師事し、東京美術学校金工科で清水南山、海野清に学ぶ。昭和6年第12回帝展に「銀花瓶」で初入選。同年東美校を卒業。翌7年より香川県立工芸学校金工部で教鞭をとる。同33年香川県立高松工芸高等学校長および同県漆芸研究所長となり、同42年同校長を退いてのちは上戸女子短期大学で講師をつとめた。この間、帝、文、日展に出品、入選をかさね、同32年からは日本伝統工芸展にも参加し同39年第11回展では彫金印箱「虫の音」で奨励賞を受けた。鉄や銅合金板を薄く打出した地に蹴彫り風の線彫り、透彫、布目象嵌などを用いて文様を施し、古典的で繊細な作風を示した。


大島辰雄 (評) 昭和58年10月19日没

 美術評論家でフランス文学の紹介と翻訳でも知られる大島辰雄は、10月19日心筋こうそくのため東京都目黒区の自宅で死去した。享年73。明治42(1909)年12月20日東京都港区に生まれ、東京外国語学校を中退。戦中は仏領インドネシアでアリアンス・フランセーズに勤務し、戦後はフランス図書に勤めた。フランス文学の紹介のほか、昭和30年代前後から主に西洋近・現代美術に関する執筆、翻訳活動を展開し、また、映画にも深い関心を示した。「芸術新潮」への執筆に「ピカソのデッサン帖」(125号)、「囚われの画家・シケイロス」(147号)、「ビュッフェの博物誌」(170号)、「タントラ・アートと現代美術」(267号)、「ビュッフェの地獄篇−私的覚書」(328号)などがあるほか、「陶工ミロ発生と始源の詩」(小原流挿花14−2)、「映画とシュールレアリスム」(同15−5)などがある。単行図書に『ダリ』(美術出版社)『ピカソ』(みすず書房)他。


渡辺洋治 (建) 昭和58年11月2日没

 渡辺建築事務所所長の建築家渡辺洋治は、11月2日午前9時18分、クモ膜下出血のため、東京都千代田区の日大駿河台病院で死去した。享年60。大正13(1924)年6月14日、新潟県直江津市に生れる。昭和16年同県立高田工業学校を卒業し、22年まで日本ステンレス株式会社に勤務、同19年より船舶兵として従軍する。同22年久米建築事務所へ移り、同30年より33年まで早稲田大学理工学部建築学科吉阪(隆正)研究室助手を務め、同33年渡辺建築事務所を開設する。この間同27年、一級建築士の資格を取得。同34年より没年まで早稲田大学講師を務めた。代表作には糸魚川市善導寺をはじめ常識破りの鉄の造形で国際的にも注目された東京新宿の第3スカイビル、龍の砦などがあり、最高裁判所庁舎設計コンペで第2位(優秀賞)、万国博覧会本部ビル設計コンペで第2位、北海道百年記念塔競技設計で佳作を受賞している。「反乱を試みる異色の建築家」と呼ばれた。


勝見勝 (学・評) 昭和58年11月10日没

 我国のデザイン評論の草分けでありグラフィックデザイン社編集長をつとめていた勝見勝は、11月10日午後3時ころ、東京都渋谷区の仕事場で死去しているのを発見された。享年74。死因は脳イッ血とみられる。明治42(1909)年7月18日、東京都港区に生まれる。昭和7年東京帝国大学文学部美学科を卒業し、同9年同大学院を修了する。同年横浜専門学校教授となり、同14年商工省産業工芸試験所所員を経、戦後は美術評論、著作を業としてアトリエ社顧問をつとめる。同25年ころからデザイン評論の分野で多彩な活動を展開し、「工芸ニュース」「商業デザイン全集」などの編集顧問、世界商業デザイン展顧問、日本デザイン学会設立委員をつとめ、同29年には桑沢デザイン研究所、同30年には造形教育センターの創立に参加する。同34年、季刊誌「グラフィックデザイン」を創刊。翌35年には日本で初めての世界デザイン会議の実現に尽力し、同39年の東京オリンピックではデザイン専門委員長としてその業績を国際的に認められ、以後日本万国博覧会、沖縄海洋博覧会、札幌・モントリオール冬期オリンピックなどのデザイン計画、絵文字による標識を手がけて、実践面でも活躍した。54年東京教育大学講師となり、以後東京大学、東京芸術大学などでも教鞭をとる。また著作も多く、『現代のデザイン』『子供の絵』『現代デザイン入門』などの編著書、『ポール・クレー』『インダストリアル・デザイン』(H・リード著)などの訳書がある。同42年毎日デザイン賞、同52年東京アートディレクターズクラブ功労賞、同53年日本インダストリアルデザイナー協会功労賞、同57年毎日デザイン賞特別賞、同58年国井喜多郎産業工芸賞特別賞を受賞している。


藤原啓 (工・陶) 昭和58年11月12日没

 伝統工芸、備前焼の人間国宝である陶芸作家藤原啓は、11月12日肝臓ガンのため岡山市の岡山大学医学部付属病院で死去した。享年84。本名敬二。古金重陶陽による古備前焼復興を受けて、備前焼に新風をもたらした藤原啓は、明治32(1899)年2月28日岡山県和気郡に農家の三男として生まれた。はじめ文学を志し、私立閑谷黌中退後、大正8年上京し博文館編集部に勤める。同15年までの博文館時代は、「文章世界」の編集に従事する側ら西條八十ら詩人との交友を深め、自らも二冊の詩集『夕の哀しみ』(大正11年)『壊滅の都市』(同13年)を刊行した。また、早稲田大学英文科の聴講生に入り坪内逍遥に教えを受け、藤島武二が指導する川端洋画研究所でデッサンを学んだりしたが、同12年に片山哲、河上丈太郎らとの交際が始まり、荒畑寒村にマルクス思想を学ぶに及んで社会主義運動に身を投じた。その後、日活映画脚本部、新潮社「婦人之国」編集、博文館「新青年」編集などに携わったが、昭和12年、文学・思想両面における自己の才能に悲嘆して強度の神経衰弱に陥り、静養のため帰郷した。翌13年、穂浪在住で正宗白鳥の弟正宗敦夫に勧められて作陶に手を染め、はじめ正宗の紹介による陶工三村梅景に基礎的な指導を受けた。同16年には金重陶陽を知り、その指導下に技術上の進展を見せ、金重にはその後ながく兄事する。戦後の同23年、国の指定による丸技作家の資格を得て自信を深め、以後本格的に作陶生活に入る。同28年、東京での初の個展を開催し、翌年には北大路魯山人の斡旋により東京・日本橋の高島屋で個展を開催した。同31年第3回日本伝統工芸に「備前平水指」を出品、以後同展への出品を続け、また同年日本工芸会正会員に推挙される。同32年、岡山県指定無形文化財「備前焼」保持者に認定され、翌33年日本工芸会理事となる。同33年プラハ国際陶芸展に「備前壷」で受賞。伝統工芸展をはじめ、現代国際陶芸展(国立近代美術館、朝日新聞社 同39年)、日本陶芸展(毎日新聞社、同46年第1回)などに出品した他、しばしば個展を開催した。また、同38年山陽新聞賞、岡山県文化賞、中国文化賞(中国新聞)、同48年三木記念賞(岡山県)をそれぞれ受賞、同45年には国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。同51年備前市初の名誉市民となり、同年郷里に財団法人藤原啓記念館が設立され、同56年には岡山県初の名誉県民の称号を受けた。同56年には朝日新聞社主催で「藤原啓のすべて展」が東京、大阪他で開催され、同年『藤原啓自選作品集』(朝日新聞社)を刊行する。陶陽が旧窯元の家に生まれ桃山時代の作風を目指したのに対し、より素朴な鎌倉時代の作風を追求し、文人的気質に根ざした豪放で重量感あふれる「無作為」の作陶に自己の領域を拓いた。長男雄も陶芸作家。


福本和夫 (学) 昭和58年11月16日没

 マルクス主義理論家で、昭和初年のプロレタリア美術運動にも大きな影響を及ぼした福本和夫は、11月16日肺炎のため神奈川県藤沢市の自宅で死去した。享年89。明治27(1894)年鳥取県東伯郡に生まれ、大正9年東京帝国大学法学部政治学科を卒業、同11年から文部省在外研究員として欧米に留学、ヨーロッパのロシア革命後の雰囲気の中でマルクス主義研究に専念し、同13年に帰国する。帰国後、マルクス主義の日本移植のために活発な執筆活動を展開し、特に当時支配的だった山川均の理論を痛烈に批判したいわゆる急進的な福本イズムは、日本プロレタリア文芸連盟(大正14年)から労農芸術家連盟、前衛芸術家連盟(ともに昭和2年)へと分裂をくり返すプロレタリア芸術運動の展開に大きな影響を与えた。一方、獄中にあった戦前の昭和16年、高見沢版北斎画の「凱風快晴」を差し入れてもらったことから北斎芸術及び浮世絵に関心を寄せるようになり、戦後、『北斎の芸術』(昭和22年北光書房)、『北斎と写楽』(同24年、日高書房)、『北斎と印象派、立体派の人々』(同30年、昭森社)、『北斎と近代絵画』(同43年、フジ出版社)等を発表するに至っている。また、戦後は戦前から着想した日本ルネサンス史論の執筆に力を注ぎ、同42年東西書房から上梓した。その他、フクロウ、捕鯨などの研究でも知られる。


大竹康市 (建) 昭和58年11月20日没

 象設計集団代表のひとりであった建築家大竹康市は11月20日、サッカー試合中にクモ膜下出血で倒れ急逝した。享年45。同年同月初め死去した建築家渡辺洋治は大竹の長兄にあたる。昭和13(1938)年5月2日宮城県仙台市に生まれる。同37年東北大学工学部建築学科を卒業し早稲田大学理工学部建築学科大学院に入学、吉阪隆正に師事する。同39年同科を修了した工学修士となり、U研究室に勤務する。同年一級建築士の資格を取得。同47年、富田玲子、樋口裕康らと株式会社象設計集団を設立し代表取締役に就任する。ル・コルビジェのモダニズムに第三世界の視点を加えた吉阪の思想を受け継ぎ、主に沖縄を舞台に前衛的な活動を展開、同47年象グループを結成する(同53年Team Zooと改称)。同51年今帰仁村公民館で芸術選奨文部大臣賞新人賞、同年沖縄県北部のムラづくりマチづくり計画で日本都市計画学会賞、名護市庁舎で同54年全国公開設計競技第一位、同56年日本建築学会賞を受賞する。また、同53年アメリカの10都市で開催された「日本建築の新しい波展」、同56年デンマークで開かれた「ポストモダニズム展」に出品。同46年から早稲田大学専門学校講師をつとめていた。建築だけでなく、環境を考慮した地域計画をも国内外で手がけ、幅広く活動する。中、高、大学でサッカー部キャプテンをつとめるほどのサッカー愛好家であった。


島多訥郎 (日) 昭和58年11月20日没

 日本美術院同人、元多摩美術大学教授の日本画家島多訥郎は、11月20日肺炎のため栃木県下都賀郡の自宅で死去した。享年85。本姓島田。明治32(1899)年6月24日栃木県鹿沼市に生まれ、はじめ文学を志望して早稲田大学文学部へ進むが大正8年中退し、郷倉千靭に師事して日本画を学ぶ。同13年日本美術院展第11回展に「杉」が初入選、昭和5年第17回展にも再入選し、同8年日本美術院院友となる。戦前は樹々を専らテーマとした。戦後も院展への出品を続け、同25年35回展に「鶏」、36回展に「残雪と山羊」、37回展に「河原」で連続奨励賞を受け、同28年第38回展に「月雪の山」で佳作、引き続き39回展に「爐火」、40回展に「石と魚」で奨励賞を受けた後、同32年第42回展では「森と兎」を出品し日本美術院賞、大観賞を受賞、同年日本美術院同人に推挙された。さらに、同44年院展第54回展で「海と溶け合う太陽」で文部大臣賞を受賞する。また、翌年の第55回展出品から島田を島多と変えた。明るい色彩と抽象的形体による作風は、院展内では異色なものであった。


青木進三朗 (学) 昭和58年11月21日没

 肉筆浮世絵の研究家青木進三朗は11月21日午前5時、脳出血のため東京都新宿区の伴病院で死去した。享年55。昭和3(1928)年1月5日徳島県麻植郡に生まれる。徳島県立麻植中学校を卒業し、同20年阿波銀行に入行、同30年から同45年まで同行各支店長を歴任する。この間同31年より浮世絵研究家金子孚水に師事し、浮世絵研究を始める。同45年同行を辞して上京、浮世絵研究、鑑定を業とし、同48年中国での北斎展、同年のアメリカ浮世絵世界大会、同51年フランスでの北斎展など、海外への浮世絵紹介にも力を尽くした。同49年アメリカ、フリア美術館に留学。初期風俗画と北斎・広重の研究をライフワークとした。著書に『浮世絵手鑑』『内筆浮世絵集成』『肉筆浮世絵美人画集成』などがある。


榎本雄斎 (学) 昭和58年11月22日没

 浮世絵研究家、日本浮世絵協会理事の榎本雄斎は、11月22日午前11時、急性心不全のため京都市下京区の自宅で死去した。享年72。明治44(1911)年1月1日、兵庫県に生まれる。本名文雄。新興キネマ監督部勤務を経て、吉川幸次郎、楢崎宗重に師事し浮世絵研究を始める。昭和44年、写楽は版元蔦屋重三郎であるとし、綿密な資料をあげて蔦屋の業績を顕彰した『写楽−まぼろしの天才』を出版して写楽研究に新局面を開き話題を集めた。長く京都に住み、関西方面の浮世絵研究に尽くすところがあった。


白井晟一 (建) 昭和58年11月22日没

 深い思索に裏付けられた独自の様式をうちたてた建築界の巨匠白井晟一は、11月22日午後11時、脳内血シュのため、京都市東山区の京都第一赤十字病院で死去した。享年78。明治38(1905)年2月5日京都市に生まれ、青山学院中学を経て京都高等工芸学校を卒業。22才でドイツへ留学し、ハイデルベルク大学、ベルリン大学で哲学、美術史を学ぶ。ハイデルベルク大ではヤスパースに師事。帰国後の昭和10年ころから建築設計を始め、独学。処女作河村邸をはじめ、歓喜荘などドイツ住宅の伝統をひく住宅建築を戦前には多く手がける。戦後は同36年第4回高村光太郎賞を受けた東京浅草の善照寺ほか群馬県松井田町役場、秋田県雄勝町役場など公共施設の建築設計をよくし、佐世保の親和銀行本店では西欧のロマネスク建築を思わせる安定した量感の中に高い精神性を盛りこみ、同43年日本建築学会賞、翌44年毎日芸術賞、同55年日本芸術院賞をうけた。この様式は、建築物の機能と周囲の景観に適応しつつ、単なる様式上の西欧の模倣や、機能のみを重視する方向を否定する形で展開し、若い建築家たちに強い刺激と影響を与えた。晩年の代表作には、同55年の東京都渋谷区松涛美術館、同56年の芹沢_介美術館がある。書もよくし、顧之昏元と号して『顧之居書帖』を出版している。


山口進 (版) 昭和58年11月25日没

 日本版画協会名誉会員で木版画界の長老であった山口進は、11月25日午前2時25分、急性肺炎のため、長野県伊那市の天竜河畔病院で死去した。享年86。明治30(1897)年1月25日、長野県上伊那郡に生まれ、大正5年長野中学を卒業。同9年より15年まで白馬会葵橋洋画研究所に学び、黒田清輝、中川紀元らに師事。日本美術学校にも通うが中退している。同12年日本創作版画展、日本漫画展に初入選。油絵を手がけ、帝展、光風会展、太平洋画会展にも出品する。同14年旧制第一高等学校訓務部事務職員となり、一高画会で絵を教える。昭和2年ロスアンゼルス国際版画展に出品。翌3年には「鯉幡作り」他の油絵で第6回春陽会展に初入選し、同12年まで同会に油絵の出品を続ける。同4年日本創作版画協会々員となり、同6年同会が日本版画協会となるにおよんで同会員となる。同8年『山口進版画集』を出版。同16年仏印巡回日本絵画展、同18年海軍省献納版画展に出品する。同20年、第一高等学校を退職して郷里の伊那谷に帰り、制作に専念する。信州の山岳を題材とした木版画で知られ、彫りぼかしと刷りぼかしを併用して、力強い構成力と柔らかさを合わせ持つ独自の作風を築いた。代表作には「木曾駒ケ岳馬の背」(1970年)などがあり、作品の多くは、町田市立博物館に収蔵されている。


藤川栄子 (洋) 昭和58年11月28日没

 女流洋画家の長老で二科会理事の藤川栄子は、11月28日午後2時2分、直腸ガンのため東京都港区の前田外科病院で死去した。享年83。明治33(1900)年10月25日、香川県高松市に生まれる。旧姓坪井。香川県立高松高等女学校を卒業し奈良女子高等師範学校文科に入るが大正9年中退。同12年早稲田大学文学部聴講生3年を修了する。同年二科会彫刻部の指導的存在にあった藤川勇造と結婚、藤川に絵を学ぶ。昭和2年第14回二科展に「サボのある静物」で初入選。以後同展に出品を続け、同11年第23回展では「三人の裸女」で特待賞をうけ同13年同会友、同22年同会員となる。同33年第43回展では「野」「のび」で、同35年第45回展では扇面流しを抽象的、現代的にとらえ直した「ちらす」「かける」で会員努力賞をうける。同45年第55回展では「紫の箱」で青児賞、同57年第67回展では画中に2枚の静物画を描いた「静物(未完)」で内閣総理大臣賞を受けた。また昭和のはじめには1930年協会展にも出品し同5年に1930年賞を受賞。同22年には三岸節子らと女流画家協会を創立している。サロン・ドートンヌ、サロン・コンパレゾンにも出品。戦前は裸婦を多く描き堅実な写実に定評があったが、次第に対象を幾何学的形体に分割してとらえるようになり、一時は抽象へと傾斜した。晩年は再び具象にもどり、酒脱な構図・色彩をみせた。


鳰川誠一 (洋) 昭和58年11月29日没

 独立美術協会会員の洋画家鳰川誠一は11月29日午後8時30分、肺ガンのため、東京都千代田区の三井記念病院で死去した。享年86。明治30(1897)年7月6日、千葉県茂原市に生まれ、修生中学校を卒業する。絵を独学し昭和8年第3回独立展に「果物篭ノアル静物」で初入選、以後同展に出品を続ける。また、白日会にも出品し、同11年第13回展では「花」「静物」でF氏賞を受け、翌年白日賞を受賞して同会会友となり、同17年第19回展まで出品を続ける。同17年第12回独立展に「残雪」を出品して独立賞を受賞。同23年同会会員となる。同47年国際形象展に招待出品し、同年ブリュッセル、アントワープで個展を開き、ヨーロッパ芸術展では朱賞を受賞して国際的にも活躍した。同51年第1回蒼樹会展で文部大臣賞受賞。同57年には「鳰川誠一展」が千葉県立美術館で開かれ、翌58年には「鳰川誠一水墨画展」がメキシコ国立美術館で開かれた。油彩、水彩、パステル、水墨など多種の技法、材料を自由に駆使し、多様な作風を示す。多くの代表作を含む作品が千葉県立美術館に所蔵されている。


菊地芳一郎 (美・関) 昭和58年11月30日没

 雑誌「美術グラフ」創刊・主宰者菊地芳一郎は11月30日、脳こうそくのため死去した。享年74。明治42(1909)年4月14日、栃木県鹿沼市に生まれる。大正12年3月高等小学校を卒業し、同14年小学校教員となるが、昭和6年退職する。同9年9月、美術誌「美術林」を創刊、同10年同誌を「時の美術」に改題し、同16年出版統制により廃刊するまで続刊する。同27年9月「美術グラフ」を創刊し、没するまで同誌を発行した。また、その主宰する時の美術社から美術関係の著作を世に送り続け、自らも『戦後15年の日本美術史』『戦後美術史の名作』『昭和史の日本画家』などの著書を出版。美術評論やジャーナリズムの方面で活躍した。


小村平八 (洋) 昭和58年12月23日没

 日本芸術家協会連合会理事長の洋画家小村平八は、12月23日午後5時10分、脳コウソクのため名古屋市の自宅で死去した。享年84。明治32(1899)年4月2日、愛知県一宮市に生まれ、大正8年愛知県第一師範学校本科を卒業。昭和4年文部省中・高等学校教育検定試験西洋画用器画科に合格。翌年武蔵野音楽学校ピアノ科を修了、声学も学ぶ。油絵は石川寅治に師事し、その主導になる示現会に出品。54年同会会員となる。日展、独立、創元、大湖、光風の各展にも出品。名古屋芸術大学で洋画講師をつとめたほか、愛知県私学協会文化部長、同県私学審議会委員などもつとめ、教育界にも貢献した。代表作には同27年第8回日展に出品し初入選となった「東山植物園温室内」などがある。


田畑喜八〔4代目〕 (工・染) 昭和58年12月27日没

  友禅染の四代田畑喜八(本名田畑起壱郎)は12月27日午後3時33分、じん不全のため、京都市中京区の丸太町病院で死去した。享年75。明治41(1908)年9月1日京都市中京区で、三代田畑喜八の長男として生まれた。京都市立絵画専門学校、同研究科を卒業。日本画を西山翠嶂に、染織全般を父三代田畑喜八に就いて修得した。第二次大戦中、京染技術保存有資格者として商工省より認証を受け、その会長の父を補佐した。昭和21年1月に、父より家督を譲り受けた。昭和29年文部省の委嘱で父と共に友禅染の技術・作品保存のため、その記録作品を作成した。 日本工芸会の設立発起人、日本染織作家協会設立発起人代表等、第二次大戦後の染織工芸会に盡力、貢献した。主要作品は、訪問着「白夜」(昭和54年秋期日本染織作家展文部大臣賞)、訪問着「春光」(同年春期同展)、訪問着「暁」(同年秋期同展)、訪問着「薫風」(昭和56年同展)など。著作に「小袖」(三一書房)、「色と文様」(光村推古書院)がある。


川上四郎 (童画) 昭和58年12月30日没

  童画会の長老川上四郎は、12月30日午後0時30分、心不全のため、新潟県南魚沼郡の自宅で死去した。享年94。明治22年(1889)11月16日、新潟県長岡市に生まれ、東京美術学校西洋画科本科で藤島武二に学ぶ。大正2年同科を卒業後、独協中学に奉職したが、同5年、コドモ社に入って童画家となり、同社の雑誌「童話」を舞台として活躍した。児童画の芸術的地位を高めるため、童画という名称を作り、日本童画家協会を結成、のち、日本童画会々員となる。講談社絵本童謡画集『アリババ』『アラジン』、小学館幼年文庫『良寛さま』ほか、多くの児童書に挿絵を描き、昭和12年、野間挿絵奨励賞を受賞する。精神性の強い牧歌的な農村風景、風物に定評があった。


物故記事indexへ