東京文化財研究所 < データベース・資料 < 黒田の筆触に迫る -作品のタッチから見えるもの-
黒田記念館 < 黒田清輝の作品について
戻る
野原の立木 1890年 カンヴァス・油彩 24.5×34.2cm
風景を手早くスケッチした小品ですが、野原に野の花がたくさん描かれています。黒田は花を好み、何気ない草原のスケッチにも点々と野の花が描かれて彩を添えています。