東京文化財研究所 < データベース・資料 < 黒田の筆触に迫る -作品のタッチから見えるもの-
黒田記念館 < 黒田清輝の作品について
戻る
つつじ 1921年 板・油彩 26.7×35.2cm
つつじの赤い花と葉、および白い花のつつじの葉を画面全体に点描で表してから、白い花を簡略ながらつつじとわかる形で描きこんでいることが、絵の具の重なりからわかります。白い花は陽の当たっている部分と影の部分の色を塗りわけ、空間の厚みを表しています。