東京文化財研究所 < データベース・資料 < 黒田の筆触に迫る -作品のタッチから見えるもの-
黒田記念館 < 黒田清輝の作品について
戻る
花野下絵 1907年 カンヴァス・油彩 33.5×46.0cm
大画面にするための下絵で、表面は盛り上がりが少なく、比較的平滑です。対象の質感に迫ることよりも、人物の姿勢がつくる形の組み合わせや背景との色の調和などに留意されています。人体の陽の当たった部分に白を含んだ肌色が上塗りされています。