東京文化財研究所 < データベース・資料 < 黒田の筆触に迫る -作品のタッチから見えるもの-
黒田記念館 < 黒田清輝の作品について
戻る
田園の夏 1914年 カンヴァス・油彩 35.5×27.5cm
近景となっている手前の草むらは絵の具を盛り上げ、遠景の山は比較的薄塗りで仕上げています。遠近感を表すために筆触が大切な要素のひとつとなっています。