染織文化財の技法・材料に関する研究会「ワークショップ 友禅染 ―材料・道具・技術―」

【開催趣旨】

日程:平成27年10月16日(金)、17日(土)

会場:文化学園大学

本研究会では、近世以降の代表的な染色技法である友禅染を通して、近世より受け継がれた材料(青花紙や友禅糊、天然染料など)と近代以降の合成材料(合成青花、ゴム糊、合成染料)を比較します。材料の変化と道具、技術の関わりについて焦点をあて、実際の作業を通じて技法を理解したうえで、後世へ受け継ぐべき技術とその保護について考察します。

詳細はこちらをご覧ください。

*スケジュールは状況により一部調整されることがあります。

work10-2

講義

work10-1

参加者による実技

IMG_0724

完成品

 

 

公開事業

PAGETOP
Copyright © 東京文化財研究所 無形文化遺産部 All Rights Reserved.