第8回公開学術講座

第8回公開学術講座

「ニットー長時間レコード 昭和初期上方落語の口演記録」

東京文化財研究所無形文化遺産部では、旧芸能部時代の記録を順次取り上げて講座を行っています。第8回のテーマは「昭和初期上方落語の口演記録」でした。公開学術講座ではニットー長時間レコードの中から、上方落語の録音を復元再生した音声でお聞きいただきました。いままさに隆盛を誇る上方落語、その礎を築いた落語家たちが吹き込んだ、半ば忘れ去られていた口演記録でした。発売開始から数年で生産停止となったニットーの長時間レコードは、現在では普通に聴くことすら大変な難事となっています。今回はその録音を聞きながらいくつかのテーマについて考察を行い、多数のみなさまの御来場を見ることができました。

プログラム

1.東京文化財研究所収蔵「特殊再生装置を要する音盤」
飯島 満 (東京文化財研究所)

2.「ニットー長時間レコード」の再生
大西 秀紀 (京都市立芸術大学)

3.上方落語の特質と戦前の動向
中川 桂 (二松学舎大学)

4.ニットー長時間レコードに聴く昭和初期の上方落語
岡田 則夫 (大衆芸能研究家)

公開事業

PAGETOP
Copyright © 東京文化財研究所 無形文化遺産部 All Rights Reserved.