第31回公開学術講座

第31回公開学術講座

「翁の技法―舞う翁・語る翁―」

平成12年度は、10月31日、神楽坂の矢来能楽堂で開催しました。「民俗芸能に伝承する翁猿楽の特色」「能の翁:舞の異式演出」という講演に続いて、兵庫県上鴨川神社に伝わる「翁舞」と、金春流が現在春日神社の薪能で行っている「翁―十二月往来―」の比較上演を試みました。

プログラム

講演1:「民俗芸能に伝承する翁猿楽の特色」   中村茂子(芸能部民俗芸能室長)

講演2:「能の翁:舞の異式演出」  高桑いづみ(芸能部主任研究官)

実演1:兵庫県上鴨川神社翁舞より「冠者・父の尉」  上鴨川住吉神社保存会

実演2:能「翁 十二月往来」  金春安明ほか

zkoza31-01

上鴨川神社「翁舞」より「父尉」
長い語りのあと、簡潔な舞を舞います。

zkoza31-02

金春流「翁―十二月往来―」
三人の翁が12月の風物を掛け合いで謡った後、祝福の舞を舞います。

公開事業

PAGETOP
Copyright © 東京文化財研究所 無形文化遺産部 All Rights Reserved.