第36回公開学術講座

第36回公開学術講座

「中世の寺院と芸能」

平成17年度は寺院芸能をとりあげました。日本の芸能のなかには、寺院ではぐくまれた歌や舞がたくさんあります。中世の寺院に暮らす僧侶達は、天皇や法皇の御幸、貴族の来訪を饗応するために、また法要を勤めた後の娯楽として、流行している歌や舞を舞い、独自の歌舞劇を考案しては演じていました。その催しを「延年(えんねん)」と呼んでいます。現在でも岩手県平泉の毛越寺(もおつじ)や中尊寺、栃木県日光の輪王寺(りんのうじ)では、古式を残していますが、その様子を紹介し、中世の天台宗寺院で僧侶が唱えていた声明や歌謡を復元しました。実演は国立劇場や海外公演でも活躍中の七声会(海老原廣伸ほか)、雅楽による伴奏は「伶楽舎」の方々にお願いしました。

プログラム

講演Ⅰ 寺院芸能と能( 高桑いづみ)
講演Ⅱ  中世天台声明とその周辺―声明・雅楽の古楽譜による旋律の復元― (近藤静乃)

実演
声明「伽陀」(天台声明:海老原廣伸ほか(「七声会」))
朗詠「東岸」(雅楽:角田眞美・中村かほる・三浦礼美(「伶楽舎」))

公開事業

PAGETOP
Copyright © 東京文化財研究所 無形文化遺産部 All Rights Reserved.