第11回無形民俗文化財研究協議会

第11回無形民俗文化財研究協議会

12月9日に第11回無形民俗文化財研究協議会が開催され、「無形文化遺産と防災―リスクマネジメントと復興サポート」をテーマに、4名の発表者と2名のコメンテーターによる報告・討議が行われました。
2011年の東日本大震災をはじめ、近年多発する自然災害により多くの無形文化遺産が被災し、消滅の危機に晒されています。地震や津波、異常気象による豪雨、土砂災害など、大きな災害はいまや全国どこでも起こり得ます。文化財に対する防災意識が高まりつつも、無形文化遺産に関してはほとんど取り上げられていないのが現状です。そこで本協議会では、災害から無形文化遺産を守るためにどのような備えが必要になるのか、また、被災してしまった後にどのようなサポートができるのかについて、課題や取り組みを共有し、協議を行いました。
第一の事例として岩手から東日本大震災における無形文化遺産の被災状況と復興過程について、第二の事例として愛媛から南海トラフ地震に関する地域災害史の調査や防災・減災体制のためのネットワークの構築についての発表がありました。続いて具体的な事例として、和歌山から仏像の盗難対策として行われた文化財の複製について、最後の事例には祭礼具の補修・復元のために必要な記録の取り方についての報告がありました。その後の総合討議では、阪神淡路大震災を経験した関西地域での取り組みについて、また海外の事例なども踏まえコメントがあり、それらをもとに、ネットワーク形成の必要性やリスクマネジメントに携わる行政的課題について議論されました。

プログラム

〔 総 合 司 会 〕飯島 満(東京文化財研究所 無形文化遺産部 部長)

開会挨拶 亀井 伸雄(東京文化財研究所 所長)

主旨説明 今石 みぎわ(東京文化財研究所 無形文化遺産部)

第一部 報告

  1. 「岩手県大船渡市から考える無形文化遺産の防災」
    東 資子(一関市教育委員会)
  2. 「四国の災害特性と無形文化遺産の防災」
    大本 敬久(愛媛県歴史文化博物館)
  3. 「文化遺産の複製と信仰環境の維持-防犯対策の事例から-」
    大河内 智之(和歌山県立博物館)
  4. 「祭礼具から考える無形文化遺産の保持」
    岡部 達也(宮本卯之助商店)

問題提起
久保田 裕道(東京文化財研究所 無形文化遺産部)

第二部  総合討議

〔コメンテーター〕
村上 裕道 ( 兵庫県教育委員会)
林 勲男  ( 国立民族学博物館)

〔コーディネーター〕
久保田 裕道・今石 みぎわ(東京文化財研究所 無形文化遺産部)

報告書

報告書をpdfファイルで御覧いただけます。第11回無形民俗文化財研究協議会「無形文化遺産と防災―リスクマネジメントと復興サポート」

公開事業

PAGETOP
Copyright © 東京文化財研究所 無形文化遺産部 All Rights Reserved.